山城國企画            

週刊金曜日による捏造名誉毀損記事にまずは手始めに要望書を提出


http://www.kinyobi.co.jp/backnum/antenna/antenna_kiji.php?no=1782

在特会元幹部が法廷で暴言
「朝鮮人は人間でない」
(2011/2/18)
 二〇〇九年一二月、京都市の朝鮮初級学校を襲撃し、威力業務妨害罪や器物損壊罪等で逮捕・起訴された排外主義集団「在特会」(在日特権を許さない市民の会)の関西の元幹部が、二月七日に京都地裁で開かれた公判において、「朝鮮人は人間ではない」などと暴言を吐いた。
 この元幹部は、「在特会」の京都支部長などを歴任していた西村斉被告。同年一二月四日に他のメンバーと京都市南区の京都朝鮮第一初級学校に押しかけ、「北朝鮮のスパイ養成所」「日本から出て行け」などと拡声器で罵声を浴びせ、授業を妨害するなどした。
 西村被告は一〇年四月、徳島県教職員組合事務所内にも押しかけ、拡声器で「売国奴」「朝鮮の犬」などと怒鳴り、業務を妨害したとして逮捕。昨年一二月に、徳島地裁で有罪判決を受けている。
 二月七日の公判で西村被告は、朝鮮初級学校の襲撃事件について「愛国心と正義感に燃えてやった」などと犯行について居直り、さらに戦後初期の混乱期に「朝鮮人が日本人に危害を加えた」などとして、「朝鮮人は人間ではない」と被告席で述べた。
 これまで在特会は関西地方で、〇九年一一月に従軍『慰安婦』問題に取り組む宝塚市の大島淡紅子市議の事務所を襲撃するなどさまざまな暴力行為を繰り返している。だが、京都・徳島で起こした事件で西村被告ら主要幹部が逮捕されたため、以前よりも活動力が落ちているという見方もある。
成澤宗男・編集部


 上記、記事についてですが貴社は何処からの情報でこんな出鱈目な記事を全世界に発信されたのでしょうか?間違いなく云えるのは当日、裁判を傍聴して書いた記事ではないのは明らかである。西村氏は、公判で「朝鮮人は人間ではない」などという暴言は吐いておらず、裁判記録でも明らかである。この記事を見た西村氏の朝鮮人の友人から「斉は本当にそんな暴言を吐いたのか!」と私の所に猛抗議がありました。西村氏は裁判で「自分は朝鮮人の友人が全友人の4割近くいるのでその朝鮮人の友人の前でも発言出来る言葉しか発言しないようにしている」とハッキリと裁判で述べている。これは西村氏と朝鮮人の友人との信頼関係を害う許し難い捏造記事である。
 参考に述べますが西村氏は今まで「ゴキブリ」「ウンコ」「蛆虫」等の発言は一度も発しておりません。理由は上記の通りです。
 このメールは西村斉氏も了解しているメールです。又、西村氏からこの件に対して代理を委任されております。私の身分は街頭には参加しませんが西村氏、荒巻氏を支援している主に法的運動を展開している者です。
 よって、西村氏に対しての貴社による名誉毀損等に抵触する大問題でありますので名誉回復の為「週刊金曜日」での訂正文と謝罪文を希望する。
 
[PR]
by 99jounokai | 2011-03-01 02:17 | 反日週刊誌
<< 公園不法占有問題で朝鮮学校を支... 京都市に朝鮮新報に記載されてい... >>