山城國企画            

その後の週刊金曜日問題

週刊金曜日WEBの平成23年2月18日掲載記事について「西村斉は2月7日の公判において朝鮮人は人間ではない」と発言したと記事にした件についてですが私がそのような発言をしていないのは担当弁護士等、傍聴人の証言からも明らかですので人権侵犯で申告したのですが・・・

京都地方法務局人権擁護課の回答
報道された内容は公共の利害に関する事実に属するものであり人権侵犯救済手続きを開始しないという回答でした。

此方の意見としましては、当初から京都地方法務局人権擁護課は発言の真偽を立証する義務があるのは記事を掲載した週刊金曜日側にあるにもかかわらず、私に「発言していないのなら証拠を持って来い」というような理不尽なことを要求したので、人権擁護課長に記事を掲載した週刊金曜日に立証義務があるので、週刊金曜日に発言の真偽を立証するように要請していただきたいと要望したのですが京都地方法務局人権擁護課は当たり前の、私の要望さえも週刊金曜日に対して要請した形跡も無い。なので、筋違いですが私が公判記録を手に入れて確認してみたところ、私が「朝鮮人は人間ではない」ということを発言した記録はありませんでした。よって京都地方法務局人権擁護課に対して平等に人権侵犯の救済手続きを開始するように助言していただきたい。

●一向に事実を基に誠を解いても反日団体と仲良しの京都地方法務局人権擁護課が理不尽にも動かないので上記の要請文を法務省に提出し、オマケに京都地方法務局人権擁護課に街宣をかけて、やっと、人権侵犯救済調査を開始させたのですが京都地方法務局人権擁護課から書面が届きました。

京都地方法務局人権擁護課によると週刊金曜日が西村斉さんに行った行為は人権侵犯の疑いがあるので「人権侵犯救済調査を開始したのですが西村斉さんが本件問題で週刊金曜日を京都地検に告訴した告訴状が受理され捜査に入っているようです。よって、人権侵犯救済調査規則により調査を中止しなければならないと定められているので中止します」というような書面が届きました。

[PR]
by 99jounokai | 2011-12-02 21:42 | 反日週刊誌
<< 今年の人権月間に向け、やっと今... 昨日、正式に在特会京都支部長及... >>