山城國企画            

チーム関西解散?について

①僕自身は去年の2月22日竹島の日以降は自分の企画した活動以外は9割参加しておらず、殆ど人員を集める活動企画、活動手法を取っていないのでチーム関西が解散しても、僕の活動に何の支障もありませんので安心ください。

②今回のトラブル?の情報も詳細に僕の耳に入ったのは最近であり、他の人には興味が在っても興味を持つ案件は人それぞれで、その上、活動外のトラブルでもあり僕の頭の中にはそういう問題を頭の中に置く場所が無いので興味が無く、そういう理由から関知はしておりません。

③現場に来る人が増えだし、団体数も増えて来れば活動手法の違いから共闘する機会が無くなるのは自然の流れであり歓迎すべき事である。人には必ず得意分野があり、それを自分で発見し自分の得意分野を発揮してそれを生かすのが活動である。

④人員が必要な活動(デモ、重要悪法案阻止行動等)や、小異を捨て一致団結する必要がある活動の場合は誘いがあれば他団体にも協力は惜しまないし、此方も協力をお願いする。

⑤今後は、山城乃國企画 副長として、基本、去年の2月22日竹島の日以降の様に自分の企画した活動以外は参加はしない。
その際も、基本、告知はせず、人員が必要な場合は僕が適材適所で人選し参加を呼びかける形となります。今後、行政交渉等は、基本、カメラマンと僕の二人で行います。
尚、僕が企画した活動現場では完全統制体制を取ります。解りやすく言えばワンマン体制です。

⑥チーム関西カンパについては、裁判費用の事もありますので裁判のキリが付くまでは今迄通りの口座にお願いします。尚、山城乃國企画 西村斉へのカンパ口座は別途口座を開き、近日中にカンパ先口座を告知します。

以上、今迄、短い期間ではありましたがチーム関西を支援して下さった方々には厚く感謝申し上げます。

山城乃國企画 副長 西村斉

[PR]
by 99jounokai | 2012-03-27 21:44 | 活動手法
<< 宇土口(ウトロ)問題・宇治市が... 一円たりともウトロに税金投入す... >>