山城國企画            

宇土口(ウトロ)問題・宇治市が此方との約束を破りウトロ支援朝鮮人に媚び誠意のない回答を寄越してきた!

●宇治市は3月7日面談時に下記質問を相手に伝えて相手の回答を貰ってくるように此方と約束したにもかかわらず、約束を破り回答とは云えない下記回答を返信してきた。

根拠のない恫喝で国民の税金を投入するにもかかわらず、最低限の要望も聞き入れないウトロ支援朝鮮人、宇治市は国民を舐め切っている!!




                平成24年3月30日 

 山城乃國企画 
副長 西村 斉 様
                       宇治市市長公室広報課市民相談係

 3月8日にお問い合わせの件につきまして、担当課から下記のとおり、回答がありましたのでお送りします。

                  記

                               平成24年3月30日

山城乃國企画 副長 西村 斉 様

                 宇治市総務部総務課


お問い合わせに対する回答について

平成24年3月8日にいただきましたメールにつきまして、下記のとおり回答いたします。

                   記
質問①宇土口不法占拠朝鮮人らを支援している「ウトロを守る会事務局・斉藤正樹」、「ウトロ町内会・巌明夫」「一般社団法人ウトロ町づくり協議会・金教一」らが歴史学で証拠価値の無い下級資料(第5次資料)及び捏造資料を基に主張している「従軍慰安婦問題」「強制連行問題」「朝鮮を近代化に導いた日本の功績を搾取に捏造し日本人の名誉を毀損した事実」その他、「年金の掛け金も払わず年金を要求する理不尽」「戦後、朝鮮進駐軍と名乗り日本人に行った非道極まりない悪行」等を日本国民、我々日本人の先祖に謝罪するならば、宇土口朝鮮人住民に対して生活保護と同等の最低限の住環境整備なら山城乃國企画としては認める方向なのである。
宇治市は3月7日面談時に此方と約束した通り、上記を相手に伝えて相手の回答を貰ってくるように要請する。
万が一、相手が此方の歴史認識に意義があると主張してきた場合は、今回の件は莫大な血税が投入される重要問題ですから、歴史学で証拠価値のある第一級、二級(第一次、二次)レベルの資料を此方に提示しするよう、相手に伝える事。
相手が何の回答もしない場合や、謝罪を拒否した場合は、莫大な税金を捻出するのと引き換えに此方に代わり宇治市として相手に上記の謝罪を要求するよう要請する。
尚、宇治市が、此方の歴史認識に意義がある場合は、上記の条件と同じく「ウトロ地区住環境改善検討協議会(宇治市)」にも、莫大な血税投入の重要問題ですので歴史学で証拠価値のある第一級、二級(第一次、二次)レベルの歴史資料を此方に提示するよう要請する。


質問①のいただきましたメールの内容については、本市としてお応えできる内容ではないと考えております。

質問②ウトロの住環境整備に関しては必ず、パブリックコメントを行うこと。

②について
ウトロの事業については、平成24年度に調査を行う予定となっております。パブリックコメントの有無については、お答えできる段階にないと考えているところです。

以上、よろしくお願いします。

[PR]
by 99jounokai | 2012-03-31 13:01 | 宇土口
<< 【正式決定】一円たりともウトロ... チーム関西解散?について >>