山城國企画            

【子宮頸がんワクチン接種問題】京都新聞COM営業部 「子宮頸がん予防キャンペーン」係に申し入れ

              申し入れ書


平成25年4月7日京都新聞朝刊によると、京都新聞社主催、京都府、京都市、京都商工会議所、京都府医師会、京都産婦人科医会、京都府看護協会後援で「京都「美」自分発揮フォーラム」(京都医療センター婦人科医長の高尾由美氏も参加)と言う子宮頸がんワクチン接種を推進するフォーラムを開催したとの事ですが下記の資料によると、今や、頻繁に子宮頸がんワクチン接種の危険性が叫ばれております。

この問題は京都新聞にも頻繁に啓発され、紙面では京都産婦人科医会理事の田村秀子氏や京都産婦人科医会の会長で医学博士の大島正義氏も推進しておられます。

あくまで、私はこの問題には全く素人の一国民ですが、各自治体で日本の未来を担う女子の子供に無料で子宮頸がんワクチン接種を推進している原状を垣間見た結果、下記資料等を目にしまして非常に危機感を抱いております。

ここまで危険性が発覚しワクチン接種後の被害(障害924例、死亡130例、回復不能5736例、他28661例の報告)も多発している現状を考えると、私も子供を持つ親として見過ごすわけには参りません。

よって以下、要点のみを情報提供しますので一考して頂きますようお願い申し上げます。

尚、下記情報提供した資料を一考して頂いても、子宮頸がんワクチン接種に下記のような危険性(障害924例、死亡130例、回復不能5736例、他28661例の報告)がないと言う見解でありましたら、解りやすい具体的な資料を提示して平成25年4月19日までに回答して頂きますように宜しくお願い致します。

全くの素人が意見して大変恐縮ですが国益に関る問題ですのでご勘弁ください。

★【情報提供資料】

●子宮頸がんワクチンについて、右記のサイトを翻訳すれば被害の統計一覧表があります。http://sanevax.org/
今年1月の時点で ワクチン後の障害924例、死亡130例、回復不能5736例、他28661例の報告があります。

●さとう内科循環器科医院が子宮頸がんワクチンの危険性をわかりやすくまとめています http://satouclk.jp/cat11/

●「ワクチン接種中止を」 子宮頸がんで民間団体http://sankei.jp.msn.com/life/news/130408/bdy13040820000003-n1.htm

●【子宮頸がんワクチン問題】別の中2生にも自治体などが不支給決定 http://sankei.jp.msn.com/region/news/130318/tky13031823270010-n1.htm

●全国被害者連絡会発足へ・子宮頸がんワクチン副反応の被害者らが初顔合わせ http://sankei.jp.msn.com/region/news/130317/tky13031723310005-n1.htm

●子宮頸がんワクチンの副反応 杉並の女子中学生、重い後遺症 http://sankei.jp.msn.com/region/news/130312/tky13031221480017-n1.htm 

●子宮頸がんワクチンの副作用~杉並区女子中学生の被害~http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=274329&g=123203

●子宮頚がん予防ワクチンは「民族根絶やしワクチン」です!として緊急アピールも行われています。
平成22年6月24日
日本の子供の未来を・守る会
代表  北田智子  
顧問弁護士 南出喜久治

 英国の製薬会社グラクソ・スミスクライン株式会社は、民主党の鳩山内閣が発足後まもなく、子宮頚がん予防ワクチン「サーバリックス」を平成21年10月16日に日本国内で製造販売承認を取得し、12月22日から日本で販売を開始しました。
 しかし、ワクチン接種に一人当たり約5万円程度費用がかかるため、接種が進んでいませんので、欧米諸国(約5年前より接種が始まっています。)のように公費でワクチン接種の費用の全額ないし一部を補助しようという運動が全国で起こっています。しかも、不思議なことに、これが承認される前から周到に先行販売的に活動が始まっているのです。強制的に接種させることまでも視野に入れてこの運動が展開されています。これを推進しているのは、「新日本婦人の会」(共産党系の団体)、創価学会・公明党、野田聖子を中心とする自民党婦人部、そして、鳩山政権発足後に、その陰で操っているのが民主党です。民主党と自民党の政策集(マニフェスト)でもこれを推奨しています。

 子宮頚がんとは、100パーセントHPV(ヒトパピローマウイルス)というウイルスの感染によって起こるとされています。ほとんど、性交渉によって人から人へと感染するものです。性交渉のない女性にはHPVはありません。
 がんは、基本的に定期健診で早期発見して治療すべきものです。子宮頚がんも同じことです。これも突然にできるものではありません。まずは異形成という前がん状態となり、5~10年かかって、徐々にできるもので、可変的な病変ですから50%は自然に直るものです。

 ところが、この子宮頚がん予防ワクチンは11歳~14歳の女性を中心に接種しようとするものです。まだ成熟する前のつぼみの状態の子供に、「子宮」の病気のワクチンを集団接種するというのは、どう考えても異常な行為です。

 しかも、このワクチンにはアジュバンド(免疫賦活剤または免疫増強剤)が添加されています。アジュバンドとはもともとペットの去勢・避妊薬として開発されたもので、これを人間に与えますと、一切妊娠ができなくなり、以降妊娠したくとも一切不妊治療ができなくなるものです。完全永久不妊症となるのです。

 少し前にパンデミックの大騒ぎをした(マスコミの過剰報道で、世界で日本だけが大騒ぎであったことが最近分かりました。日本は大量に買わされただけでした)新型インフルエンザワクチンにもこのアジュバンドが入っています。これも断種ワクチンであると指摘されてきましたが、マスコミもこれを全く隠蔽してきました。そして今度は、さらに強力な断種ワクチンとして女性に接種させるものとして開発されたのがこの子宮頚がん予防ワクチン(サーバリックス)なのです。
 つぼみの状態の若い女性にこのようなワクチンを集団接種することは、狂気の沙汰です。まるで、日本民族根絶やしの方策と言って過言ではありません。

 ワクチンでがんが予防できるならば、一見素晴らしいことのように思えます。しかし、決してそうではありません。万能な予防薬のような製薬会社の宣伝に乗らされているだけです。必要のない薬を売りつけたり、危険な薬を安全なものであると騙して治療に使ったりすることは、医療の目的を逸脱した、いわゆる「詐欺医療」なのです。これを政治家、官僚(厚生労働省)、製薬会社、医療機関がそれぞれの利権と謀略のために推進しているのです。三種混合ワクチン問題や薬害エイズ問題で、あれほど副作用とか薬害の危険性が指摘されてきたのに、今度の左翼政権は、確信犯的に、この断種ワクチンの危険性をひたすらに隠し通そうとするのです。

また、医学上、以下のような問題点もあります。
① 既にワクチン接種が数多く行われている海外で、接種を原因とする死亡例につき、何件も報告があります。
② ワクチンを接種してもデータ上、子宮頚がんになる可能性を全く否定できません。実は、製薬会社の説明書にもそのように載っています。つまり、サーバリックスには「劇薬」の表示がなされ、しかも、その添付文書には、「抗体価と長期間にわたる感染の予防効果及び子宮頚癌とその前駆病変の予防効果との相関性については現時点では明確でない。」として、副作用が大きく、病気予防の効果効能を保証できないとしているのです。
③ 学術論文では、若年女性で子宮頚がんと関連のある前がん病変を減らすデータはあっても、子宮頚がんにならない、というデータは全くありません。
④ 既感染の女性からウイルスを除去することはできません。それどころか、ワクチン接種で、既感染の女性にがんを発症させた例が海外で報告されています。
⑤ 5年程度抗体を保持する効果はありますが、それ以上は保障されていません。多大なリスクと費用を払いながら、この程度であります。

 米国では、上層階級はワクチンを一切接種しないのに、ワクチン接種を拒否した一般庶民の親が逮捕された事例があります。誰が考えてもおかしなことです。

乱れた性交渉でウイルスに感染しますので、このワクチン接種を進める際に、「これを接種すれば、誰と性交渉しても大丈夫」というような、行きすぎた性教育が小学生、中学生にされています。こんなことは、純潔教育をされるべき若年の女性の心を汚し、性道徳の乱れを助長する行為です。

 この子宮頚がん予防ワクチンの接種推進は、日本民族を根絶やしにしようとしている、外国の勢力の策動がその根本にあります。そして、共産党系の女性団体が推進していることからわかりますように、女性の性の解放、自由な性交渉を推進するジェンダーフリーや男女共同参画推進派の動きと連動したものです。

 また、このワクチンに関し、すべて助成しようとしますと全国で約1800億円以上かかります。どこの地方公共団体も財政難であえいでいる時に、このようなワクチンの助成をする余裕はどこにもありません。にもかかわらず、不思議なことに、全国の多くの議会で賛成多数で公費助成が可決され、実施されています。
 しかし、これを助成するということは、国や自治体がこの危険性に目をつぶって国民を危険にさらさせることを推奨し、果ては民族を根絶やしにして絶滅をさせようとする組織的犯罪を行うことになります。これに対しては命を賭けて阻止し、この謀略を断じて許してはなりません。

 日本人はだまされています。今、この一刻、一刻でも、次々と幼子がワクチンによつて潰され続けています。直ぐにでも目を覚ませてたちあがらなければなりません。
 この断種ワクチンには子宮頚がんの予防効果も保証されず、完全永久不妊となり、さらに死亡その他の副作用のある高額のワクチンを女児のみならず女性全員に接種してはなりません。
 日本民族の危機をもたらし、製薬会社の儲けに加担するだけの公費助成を阻止し、そして、このワクチンを含め、新型インフルエンザワクチンなどのアジュバンドで組成されたすべてのワクチンの薬事承認を取り消させて国内から一掃し、日本の子供とその未来を守りましょう。

※以上、緊急アピール文終わり

平成25年4月9日

申し入れ者 西村斉

回答先 yamashironokuni-kikaku@mail.goo.ne.jp


[PR]
by 99jounokai | 2013-04-09 17:22 | 京都新聞
<< 【京都府山田知事が進める留学生... 【京都府議会慰安婦意見書採択問... >>