「ほっ」と。キャンペーン

山城國企画            

カテゴリ:水曜デマ関連団体( 14 )

ナヌムの家の詐欺師恐喝屋が今月、日本を訪問・法務大臣、入管に情報提供

            情報提供

平成25年9月12日から9月30日まで元慰安婦の李玉善(イ・オクソン)、姜日出(カン・イルチュル)が日本の人権・女性団体の招きで、日本を訪問し、出鱈目な従軍慰安婦証言集会を開くと明らかにしています。(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130808-00000032-yonh-kr

この反日韓国人政治活動家による政治活動行動予告は「出入国管理及び難民認定法」第五条一項十四・「法務大臣において日本国の利益又は公安を害する行為を行うおそれがあると認めるに足りる相当の理由がある者」に該当すると思われ上陸拒否項目に該当します。

その根拠としては、嘘捏造の集会ですから、当然ながら心ある国民による慰安婦集会場前での抗議による騒乱も予測出来ます。
その上、歴史学で信憑性が確定されている、きちんとした一次資料を基に行動しているならともかく、嘘偽りの根拠を主張して日本政府に賠償金まで強要しているのですから、日本国に対して詐欺行為を働こうとしている犯罪予備軍であるのは明白です。当然ながら上記入管法の「日本国の利益を害する恐れ」にも該当します。

こういう反日政治活動家による日本国民に対する名誉毀損、我々の先祖に対しての死者冒涜行為集会を行う反日韓国人を入国させては主権国家日本としての対面が保てません。
又、間違いなく上記入管法にある「公安を害する行為を行うおそれがある」と予測出来る反日韓国人活動家の入国を許可すれば、入国審査官は少なくても国家公務員法第78条第1項、2項、3項に抵触し、全体の奉仕者としての適格性を欠くことになります。公安とは「物事を行う場合の正しい筋道」の意味合いもありますから「出鱈目な従軍慰安婦証言集会」は当然該当します。

以上事由から「従軍慰安婦証言集会」出席の為に反日韓国人政治活動家が来日するようであれば、断固として法治国家日本として、入管管理局は「出入国管理及び難民認定法」に沿って、日本国への上陸を拒否して戴くように宜しくお願いします。

法務大臣 谷垣禎一殿
法務省入国管理局殿

平成25年9月
10日

山城乃圀企画 西村斉

[PR]
by 99jounokai | 2013-09-10 12:50 | 水曜デマ関連団体

【出鱈目な従軍慰安婦証言集会の為に来日する嘘吐き韓国人政治活動家問題】入管、法務大臣に情報提供

               情報提供

平成25年5月17日から来月2日まで元慰安婦のキム・ボクドンさん(88)とキル・ウォンオクさん(86)が日本を訪問し、出鱈目な従軍慰安婦証言集会を開くと明らかにしています。(http://m.yna.co.kr/mob2/jp/contents_jp.jsp?cid=AJP20130515002600882&page=1&domain=6&ctype=A&site=0400000000

この反日韓国人政治活動家による政治活動行動予告は「出入国管理及び難民認定法」第五条一項十四・「法務大臣において日本国の利益又は公安を害する行為を行うおそれがあると認めるに足りる相当の理由がある者」に該当すると思われ上陸拒否項目に該当します。

その根拠としては、嘘捏造の集会ですから、当然ながら心ある国民による慰安婦集会場前での抗議も既に告知されていますので騒乱も予測出来ます。
その上、歴史学で信憑性が確定されている、きちんとした一次資料を基に行動しているならともかく、嘘偽りの根拠を主張して日本政府に賠償金まで強要しているのですから、日本国に対して詐欺行為を働こうとしている犯罪予備軍であるのは明白です。当然ながら上記入管法の「日本国の利益を害する恐れ」にも該当します。

こういう反日政治活動家による日本国民に対する名誉毀損、我々の先祖に対しての死者冒涜行為集会を行う反日韓国人を入国させては主権国家日本としての対面が保てません。
又、間違いなく上記入管法にある「公安を害する行為を行うおそれがある」と予測出来る反日韓国人活動家の入国を許可すれば、入国審査官は少なくても国家公務員法第78条第1項、2項、3項に抵触し、全体の奉仕者としての適格性を欠くことになります。公安とは「物事を行う場合の正しい筋道」の意味合いもありますから「出鱈目な従軍慰安婦証言集会」は当然該当します。

以上事由から「従軍慰安婦証言集会」出席の為に反日韓国人政治活動家が来日するようであれば、断固として法治国家日本として、入管管理局は「出入国管理及び難民認定法」に沿って、日本国への上陸を拒否して戴くように宜しくお願いします。

法務大臣 谷垣禎一殿

平成25年5月16日

山城乃圀企画 西村斉


[PR]
by 99jounokai | 2013-05-16 21:10 | 水曜デマ関連団体

【従軍慰安婦問題】日本共産党及び機関紙「赤旗」に要請書を送付

          要請書  

1 「慰安婦」問題 「新資料発見の可能性」紙議員に政府答弁書

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-05-11/2013051104_05_1.html
上記の記事にある、「従軍慰安婦」問題で日本軍による関与と強制性を示す証拠があることを指摘した日本共産党の紙智子参院議員の質問主意書の件なのですが、紙智子参院議員は、東京裁判(極東国際軍事裁判)の文書に証拠があると指摘し、中国人被害女性の証言や旧日本陸軍中尉の陳述書などで軍の直接関与と女性に対する強制や脅迫が記されていると主張されていますが、その資料を、平成25年5月27日までに、下記回答先に提示して下さい。

2日本共産党(市田共産党書記局長)は、日本の官憲による「従軍慰安婦強制連行」が存在したという信憑性証明の根拠を「金学順証言」であるとされていますが(http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-05-15/2013051501_04_0.html)最早、金学順証言は、歴史学でいう証拠資料価値としては、信憑性の無い下級資料で全否定が確定しています。「金学順証言」が出鱈目であるという根拠の要点は下記を御読み下さい。
御読みになった上で、平成25年5月27日までに下記回答先に見解を回答下さい。

「金学順」のことを最初に報道したのは朝日新聞です。朝日新聞の植村隆記者が、世界初のスクープとして報じました 。

一九九一年八月十一日付の朝日新聞(大阪版)は、金学順の名前はまだ出していませんが、「日中戦争や第二次大戦の際、『女子挺身隊』の名で戦場に連行され、日本軍人相手に売春行為を強いられた「朝鮮人従軍慰安婦」のうち、一人が 」名乗り出たと報じました。

しかし、記事には金学順が「身売り」だった事実が書かれていない。金学順が日本政府に宛てた訴状には「十四歳の時に四十円でキーセンに売られた」とはっきり書いてあります。

当時の、一九九一年八月十五日付韓国のハンギョレ新聞にも、「生活が苦しくなった母親によって十四歳の時に平壌にあるキーセンの検番に売られていった」とはっきり書いてあります。

植村記者は韓国語も出来るので、当然、こういう事実を知っていたはずなのに、 わざわざ書かなかったのです。

さらに提訴後の朝日新聞記事の見出しには、「従軍慰安婦にされた朝鮮女性、半世紀の『 恨』提訴へ」、「問われる人権感覚制度の枠超え真の補償を韓国人従軍慰安婦の提訴」と打ち、朝日新聞は「わずか 十七歳で慰安婦にさせられた」という大キャンペーンを展開しました。

最初の朝日新聞のスクープは、金学順が韓国で記者会見する三日前です。何故、こんなことが出来たかというと、植村記者は金学順も加わっている訴訟の原告組織「太平洋戦争犠牲者遺族会」のリーダー的存在である梁順任常任理事の娘の夫なのです。つまり、原告のリーダーが義理の母であったために、金学順の単独インタビューが取れたという事です。

要は、植村記者が自分の義母の裁判を有利にするために、意図的に「キーセンに身売りした」という事実を報じなかったという大犯罪から「従軍慰安婦」という問題が、未だに日本を貶めています。

その上、「梁順任」は詐欺で摘発されており、「梁順任」は遺族会や訴訟団など各種団体を組織して 会員を募集。その際 「慰安婦動員犠牲者でなくても 当時を生きた者なら 誰でも補償を受け取れる」 などと嘘を言っていました。

以上

「しんぶん赤旗」編集局殿
日本共産党殿

平成25年5月16日

山城乃圀企画 西村斉

回答先 yamashironokuni-kikaku@mail.goo.ne.jp

[PR]
by 99jounokai | 2013-05-16 13:53 | 水曜デマ関連団体

再度、日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワークに要望書を提出

                 要望書

日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク主催(http://www.ianfu-kansai-net.org/index.html)で5月25日(土)にドーンセンターにて、素晴しい器量をお持ちの自称従軍慰安婦の金福童ちゃん等を招いての「何度でも語る 歴史の事実はこれです」という日本政府に謝罪、賠償を求める従軍慰安婦問題集会を開催されるようですが、安倍首相、橋下大阪市長の「強制連行はなかった」という発言は間違っており「強制連行」は存在したという主張を日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワークは発信されてますが、「強制連行」が存在したと主張するならば証明できる第一次資料が必要です。これを提示して貰わないと逆に日本人の尊厳が毀損します。どうか、歴史学で信憑性が認定されている第一次資料を提示して頂いて、国レベルで解決が困難になっているならば、せめて民間レベルからでも事の正否を判定し、また民間レベルから日韓友好の為に災いごとに終止符を打ちましょう!
そして、自称従軍慰安婦ハルモニの言葉にある「この恨を死ぬまでにはらそうと私は思っています」という日本に対する恨みを持ちながら残り少ない日々を過ごされるのは、私としても身を切る思いです。お互いに地獄から抜け出す為にも、日本官憲による従軍慰安婦強制連行が存在したという歴史学で信憑性が認定されている第一次資料を提示して頂き、その資料が歴史学で事実だと認定されれば謝罪し賠償金として私達は過去100万円の賠償金を提示していましたが、今回は吊り上げて、どんなに汚いことをしても金を用立て私個人で一億円支払う予定です。
前回も同じ要望をしましたが梨の礫でしたので今回は必ず平成25年5月20日までに下記回答先に第一次資料を提示して下さい。
提示なき場合は、日本官憲による従軍慰安婦強制連行が存在しなかったと判断し、日本人に対する名誉毀損、英霊に対しての死者冒涜という事になります。これは人間としては行ってはならない悪行です。どうか、そうならない為にも誠意ある行動を希望します。

平成25年5月13日

山城乃圀企画 西村斉

回答先 yamashironokuni-kikaku@mail.goo.ne.jp

[PR]
by 99jounokai | 2013-05-13 23:41 | 水曜デマ関連団体

【京都府「『慰安婦』問題の早期解決を求める意見書」問題】自民党本部に情報提供

d0224293_18464780.jpg
私が公明党京都府議会議員団に提出した「『慰安婦』問題の早期解決を求める意見書」に関する質問書の回答が来たのですが、要点は、全て河野談話に基づいて行動しており最重要視しているとの回答。金学順の嘘、朝日新聞に捏造記事を書いた植村隆の行い、従軍慰安婦問題反日弁護士高木健一の発言も知った事では無く、全て河野談話に基づき最重要視しているので、それ以上関知しない。ソウル大学の韓国史学者として著名な安乗直教授の調査結果も、知った事では無く全て河野談話に基づき最重要視しているので、それ以上関知しない。第一次資料など存在しないが、日本人の名誉、先祖に対する名誉毀損、死者冒涜しようが、日本の未来を担う子供達にも、事実無根の歴史認識を継承させてしまっても、全て河野談話に基づき最重要視しているので、それ以上関知しない。「アジア女性基金」の使途も知らないし、使途不明金になっているのは公表通りですという回答でした。よって、河野談話白紙撤回を行えば、反日団体の運動も頓挫すると思われます。是非とも公約通り河野談話を白紙撤回して頂きますようお願いいたします。この情報提供についてどういう見解かを上記メール宛に4月19日までに回答下さい。
公明党に提出した此方の質問 http://iyakichi.exblog.jp/18440630/

[PR]
by 99jounokai | 2013-04-12 18:47 | 水曜デマ関連団体

【京都府「『慰安婦』問題の早期解決を求める意見書」問題】公明党京都府議会議員団から回答が来ました

d0224293_14281214.jpg
公明党京都府議会議員団に提出した「『慰安婦』問題の早期解決を求める意見書」に関する質問書の回答が丁重に書留で来ました。

要点は、全て河野談話に基づいて行動しており最重要視しているとの回答。

金学順の嘘、朝日新聞に捏造記事を書いた植村隆の行い、従軍慰安婦問題反日弁護士高木健一の発言も知った事では無く、全て河野談話に基づき最重要視しているので、それ以上関知しない。

ソウル大学の韓国史学者として著名な安乗直教授の調査結果も、知った事では無く全て河野談話に基づき最重要視しているので、それ以上関知しない。

第一次資料など存在しないが、日本人の名誉、先祖に対する名誉毀損、死者冒涜しようが、日本の未来を担う子供達にも、事実無根の歴史認識を継承させてしまっても、全て河野談話に基づき最重要視しているので、それ以上関知しない。

「アジア女性基金」の使途も知らないし、使途不明金になっているのは明らかである。

以上の回答でした。

此方の質問 http://iyakichi.exblog.jp/18440630/

[PR]
by 99jounokai | 2013-04-12 14:28 | 水曜デマ関連団体

【京都府議会慰安婦意見書採択問題】京都府議会議長に陳情書を提出

「『慰安婦』問題の早期解決を求める意見書」に関する陳情書


陳情の要旨

京都府議会が平成25年3月26日に可決した、日本国民の尊厳を毀損し、日本国民の先祖に対しての死者冒涜にも当たり、日本の未来を担う子供達にも、事実無根の歴史認識を継承させようと算段している「『慰安婦』問題の早期解決を求める意見書」を早期撤回するように求める。

陳情の理由

①意見書に記載されている「旧日本軍によって慰安婦とされた多くの女性」という言い分は最早、歴史学の第一次資料では否定されている。
そして、意見書内容が事実であると主張するならば、歴史学で信憑性が認められている第一次資料を基に作成するのが、府民全体の奉仕者である府議会議員としての責務であり、社会モラルである。

②意見書に記載されている「河野談話」という文言ですが、当時日本政府が実施した調査では、「日本軍が慰安婦の強制連行を行なっていた」とする書類資料は発見されなかった上、根拠とされている韓国人元慰安婦への聞き取り調査では、慰安婦の証言を記録するのみで、事実関係の検証は行われなかった上、聞き取り資料は非公開であるという事から歴史学で信憑性が認められている第一次資料に基づいていないので、重要視する根拠が全く無い。

③意見書に記載されている「アジア女性基金」という文言ですが、同基金運営資金として日本政府が投入した70億といわれている予算について、それらの使途が一切公表されていない事から、ありもしない従軍慰安婦をでっち上げて、世界に向けて戦前の日本を性奴隷国家とみなして日本の名誉を著しく傷つけ、反日団体の慰安婦ビジネスの温床となって国益をぶち壊してきた元凶に対して、これ以上、日本政府に、日本国民の税金で支払う謂れの無い賠償金を支払うように強要するのは道理に反します。(公表されているアジア女性基金償い事業費内訳は(1)国民等からの募金約7億による「償い金」(一人一律200万円、総額約5億7000万円)、(2)政府予算からの医療・福祉支援事業(総額約5億1000万円)

④意見書に記載されている「被害女性の声を聞き調査分析を進め」という文言ですが、「被害女性」として、現在もシンボル的存在の金学順の例を述べますと、「被害女性」のことを最初に報道したのは朝日新聞です。朝日新聞の植村隆記者が、世界初のスクープとして報じました 。

一九九一年八月十一日付の朝日新聞(大阪版)は、金学順の名前はまだ出していませんが、「日中戦争や第二次大戦の際、『女子挺身隊』の名で戦場に連行され、日本軍人相手に売春行為を強いられた「朝鮮人従軍慰安婦」のうち、一人が 」名乗り出たと報じました。

しかし、記事には金学順が「身売り」だった事実が書かれていない。金学順が日本政府に宛てた訴状には「十四歳の時に四十円でキーセンに売られた」とはっきり書いてあります。

当時の、一九九一年八月十五日付韓国のハンギョレ新聞にも、「生活が苦しくなった母親によって十四歳の時に平壌にあるキーセンの検番に売られていった」とはっきり書いてあります。

植村記者は韓国語も出来るので、当然、こういう事実を知っていたはずなのに、 わざわざ書かなかったのです。

さらに提訴後の朝日新聞記事の見出しには、「従軍慰安婦にされた朝鮮女性、半世紀の『 恨』提訴へ」、「問われる人権感覚制度の枠超え真の補償を韓国人従軍慰安婦の提訴」と打ち、朝日新聞は「わずか 十七歳で慰安婦にさせられた」という大キャンペーンを展開しました。

最初の朝日新聞のスクープは、金学順が韓国で記者会見する三日前です。何故、こんなことが出来たかというと、植村記者は金学順も加わっている訴訟の原告組織「太平洋戦争犠牲者遺族会」のリーダー的存在である梁順任常任理事の娘の夫なのです。つまり、原告のリーダーが義理の母であったために、金学順の単独インタビューが取れたという事です。

要は、植村記者が自分の義母の裁判を有利にするために、意図的に「キーセンに身売りした」という事実を報じなかったという大犯罪から「従軍慰安婦」という問題が、未だに日本を貶めている。

因みに、古くからの従軍慰安婦問題活動家で日本でも知られる梁順任は、日本統治時代の自称戦時動員被害者に対し、日本政府などから補償金を受け取ってやると言って弁護士費用などの名目で会費15億ウォン(約1億2千万円)を騙し取っていたとして、詐欺の疑いで摘発されている。被害者は3万人と言われている。
この事実が「従軍慰安婦」問題が、出鱈目であるという事を物語っている。

そして、日本の慰安婦問題研究者であり、北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会会長、東京基督教大学教授の西岡力さんの証言によると、従軍慰安婦信憑性調査の第一人者の秦郁彦さんが済州島に取材に行く前に、金学順の弁護士である高木健一にも電話をして、西岡さんが「金学順はキーセンに売られた人だと書いているじゃないか」と問い質すと、高木は「金学順は玉が悪かった」と言い、そして、「今、次のいいのを準備している」と言ったという事実から「被害女性」というのは捏造であるという事が、この言質及び歴史学で信憑性が認められている第一次資料からも明らかである。

因みに、本人の意志に反して日本軍人がオランダ人を慰安婦にした事例がありました。しかし、その日本軍人らはインドネシア駐留軍の上部から軍規違反で処罰され、慰安所は閉鎖になりました。処罰されたということは、日本官憲の組織として「強制 」していないと言う事です。しかも戦後、その日本軍人らはBC級戦犯として死刑等になっています。第一次資料では、不逞行為は、この一件のみで解決済です。

⑤韓国のソウル大学の韓国史学者として著名な安乗直教授(現名誉教授)がキャップとなって挺身隊研究会というプロジェクトができ、当時「慰安婦」として名乗り出ていた四十数人の人たちに本格的な聞き取り調査を行いました。

その後、安教授らは調査の結果を「証言集」として本にまとめますが、その中に こう書いています。

「調査を検討するにあたってとても難しかった点は、証言者の陳述が論理的に前と後ろが合わない場合がめずらしくなかったことだ。このような点は、すでに五十年近く前のことであって記憶の錯誤から来ることもありうるし、証言したくないことを省略したり適当にまぜこぜにしたりすることから来ることもありうるし 、またその時代の事情が我々の想像を超越するものかもしれないという点もあった。

この中でも調査者たちを大変困難にさせたのは、証言者が意図的に事実を歪曲していると感じられるケースだ。我々はこのような場合に備えて、調査者一人 一人が証言者に人間的に密接になることによってそのような困難を克服しようと努力し、大部分の場合に意図した通りの成果を上げはしたが、ある場合には調査を中断せざるを得ないケースもあった。このような場合は次の機会に再調査することを約束するしかなかった」

九二年、九三年に日本が謝罪している最中でも韓国の学者は、「意図的に事実を歪曲していると感じられるケース」があったと書いているのです。

これは四十人を対象にしている調査でしたが、本にまとめることができたのは十九人でしかなかった。半分以上の人は、はじいたのです。しかも、その中でも自分で「強制」だったと言っている人はたった四人です。四人のうち、一人は韓国の釜山で「強制」され、もう一人は日本の富山県で「強制」されたと言っている。 しかし、戦地でない所に軍の「慰安所」はありませんから、それだけでこの証言 は嘘です。

後の一人は、日本政府を相手どった裁判で訴状を出しているのですが、訴状では いずれもキーセンなどとして「身売り」されたと書いている。つまり、過去の証言と違うことを、言っているのです。この二人の証言者のうち、一人は金学順です。

平成25年3月28日

京都府議会議長

近藤永太郎様

陳情者

氏名 西村 斉 





                    
           
[PR]
by 99jounokai | 2013-03-29 14:50 | 水曜デマ関連団体

【京都府議会慰安婦意見書採択問題】公明党京都府議会議員団に要請書提出

                 要請書


公明党京都府議会議員団・諸岡美津殿

京都府議会が平成25年3月26日に可決した、「『慰安婦』問題の早期解決を求める意見書」に関わる事実関係について。

①意見書に記載されている「河野談話」という文言ですが、当時日本政府が実施した調査では、「日本軍が慰安婦の強制連行を行なっていた」とする書類資料は発見されなかった上、根拠とされている韓国人元慰安婦への聞き取り調査では、慰安婦の証言を記録するのみで、事実関係の検証は行われなかった上、聞き取り資料は非公開であるという事から歴史学で信憑性が認められている第一次資料に基づいていないので、重要視する根拠が全く無い。意見書に嘘偽りが無いと主張するならば歴史学で信憑性が認められている第一次資料を提示して下さい。

②意見書に記載されている「アジア女性基金」という文言ですが、同基金運営資金として日本政府が投入した70億といわれている予算について、それらの使途が一切公表されていない事から、ありもしない従軍慰安婦をでっち上げて、世界に向けて戦前の日本を性奴隷国家とみなして日本の名誉を著しく傷つけ、反日団体の慰安婦ビジネスの温床となって国益をぶち壊してきた元凶に対して、これ以上、日本政府に、日本国民の税金で支払う謂れの無い賠償金を支払うように強要するのは道理に反します。(公表されているアジア女性基金償い事業費内訳は(1)国民等からの募金約7億による「償い金」(一人一律200万円、総額約5億7000万円)、(2)政府予算からの医療・福祉支援事業(総額約5億1000万円)
意見書に嘘偽りが無いと主張するならば「アジア女性基金」の使途を教えて下さい。

③意見書に記載されている「被害女性の声を聞き調査分析を進め」という文言ですが、「被害女性」として、現在もシンボル的存在の金学順の例を述べますと、下記③の本文と④の通り、既に被害女性の声を聞き、調査分析も終了しており事実が明らかになっております。

所謂、「被害女性」のことを最初に報道したのは朝日新聞です。朝日新聞の植村隆記者が、世界初のスクープとして報じました 。

一九九一年八月十一日付の朝日新聞(大阪版)は、金学順の名前はまだ出していませんが、「日中戦争や第二次大戦の際、『女子挺身隊』の名で戦場に連行され、日本軍人相手に売春行為を強いられた「朝鮮人従軍慰安婦」のうち、一人が 」名乗り出たと報じました。

しかし、記事には金学順が「身売り」だった事実が書かれていない。金学順が日本政府に宛てた訴状には「十四歳の時に四十円でキーセンに売られた」とはっきり書いてあります。

当時の、一九九一年八月十五日付韓国のハンギョレ新聞にも、「生活が苦しくなった母親によって十四歳の時に平壌にあるキーセンの検番に売られていった」とはっきり書いてあります。

植村記者は韓国語も出来るので、当然、こういう事実を知っていたはずなのに、 わざわざ書かなかったのです。

さらに提訴後の朝日新聞記事の見出しには、「従軍慰安婦にされた朝鮮女性、半世紀の『 恨』提訴へ」、「問われる人権感覚制度の枠超え真の補償を韓国人従軍慰安婦の提訴」と打ち、朝日新聞は「わずか 十七歳で慰安婦にさせられた」という大キャンペーンを展開しました。

最初の朝日新聞のスクープは、金学順が韓国で記者会見する三日前です。何故、こんなことが出来たかというと、植村記者は金学順も加わっている訴訟の原告組織「太平洋戦争犠牲者遺族会」のリーダー的存在である梁順任常任理事の娘の夫なのです。つまり、原告のリーダーが義理の母であったために、金学順の単独インタビューが取れたという事です。

要は、植村記者が自分の義母の裁判を有利にするために、意図的に「キーセンに身売りした」という事実を報じなかったという大犯罪から「従軍慰安婦」という問題が、未だに日本を貶めている。

因みに、古くからの従軍慰安婦問題活動家で日本でも知られる梁順任は、日本統治時代の自称戦時動員被害者に対し、日本政府などから補償金を受け取ってやると言って弁護士費用などの名目で会費15億ウォン(約1億2千万円)を騙し取っていたとして、詐欺の疑いで摘発されている。被害者は3万人と言われている。
この事実が「従軍慰安婦」問題が、出鱈目であるという事を物語っている。

そして、日本の慰安婦問題研究者であり、北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会会長、東京基督教大学教授の西岡力さんの証言によると、従軍慰安婦信憑性調査の第一人者の秦郁彦さんが済州島に取材に行く前に、金学順の弁護士である高木健一にも電話をして、西岡さんが「金学順はキーセンに売られた人だと書いているじゃないか」と問い質すと、高木は「金学順は玉が悪かった」と言い、そして、「今、次のいいのを準備している」と言ったという事実から「被害女性」というのは捏造であるという事が、この言質及び歴史学で信憑性が認められている第一次資料からも明らかである。

因みに、本人の意志に反して日本軍人がオランダ人を慰安婦にした事例がありました。しかし、その日本軍人らはインドネシア駐留軍の上部から軍規違反で処罰され、慰安所は閉鎖になりました。処罰されたということは、日本官憲の組織として「強制 」していないと言う事です。しかも戦後、その日本軍人らはBC級戦犯として死刑等になっています。第一次資料では、不逞行為は、この一件のみで解決済です。
以上の事実を提示しても金学順等の「被害女性」といわれている人達が、日本官憲に強制され慰安婦にされたというならば、歴史学で信憑性が認められている第一次資料を提示して下さい。

④韓国のソウル大学の韓国史学者として著名な安乗直教授(現名誉教授)がキャップとなって挺身隊研究会というプロジェクトができ、当時「慰安婦」として名乗り出ていた四十数人の人たちに本格的な聞き取り調査を行いました。

その後、安教授らは調査の結果を「証言集」として本にまとめますが、その中に こう書いています。

「調査を検討するにあたってとても難しかった点は、証言者の陳述が論理的に前と後ろが合わない場合がめずらしくなかったことだ。このような点は、すでに五十年近く前のことであって記憶の錯誤から来ることもありうるし、証言したくないことを省略したり適当にまぜこぜにしたりすることから来ることもありうるし 、またその時代の事情が我々の想像を超越するものかもしれないという点もあった。

この中でも調査者たちを大変困難にさせたのは、証言者が意図的に事実を歪曲していると感じられるケースだ。我々はこのような場合に備えて、調査者一人 一人が証言者に人間的に密接になることによってそのような困難を克服しようと努力し、大部分の場合に意図した通りの成果を上げはしたが、ある場合には調査を中断せざるを得ないケースもあった。このような場合は次の機会に再調査することを約束するしかなかった」

九二年、九三年に日本が謝罪している最中でも韓国の学者は、「意図的に事実を歪曲していると感じられるケース」があったと書いているのです。

これは四十人を対象にしている調査でしたが、本にまとめることができたのは十九人でしかなかった。半分以上の人は、はじいたのです。しかも、その中でも自分で「強制」だったと言っている人はたった四人です。四人のうち、一人は韓国の釜山で「強制」され、もう一人は日本の富山県で「強制」されたと言っている。 しかし、戦地でない所に軍の「慰安所」はありませんから、それだけでこの証言 は嘘です。

後の一人は、日本政府を相手どった裁判で訴状を出しているのですが、訴状では いずれもキーセンなどとして「身売り」されたと書いている。つまり、過去の証言と違うことを、言っているのです。この二人の証言者のうち、一人は金学順です。

以上の事実を提示しても金学順等の「被害女性」といわれている人達が、日本官憲に強制され慰安婦にされたというならば、歴史学で信憑性が認められている第一次資料を提示して下さい。

⑤意見書によると、「名誉と尊厳を回復することは日本政府の残された責務」という事ですが、根拠の無い事が明らかな「『慰安婦』問題の早期解決を求める意見書」によって、日本人の名誉、先祖の名誉を毀損されている事実については、どう考えているのか?
明らかに、日本国民の尊厳を毀損し、日本国民の先祖に対しての死者冒涜にも当たります。

日本国民の尊厳を毀損し、日本国民の先祖に対しての死者冒涜に該当しないと言うならば、歴史学で信憑性が認められている第一次資料を提示して下さい。

⑥意見書によると、「旧日本軍による慰安婦問題の真相解明を更に進め人々の理解を深めるように歴史の事実と教訓の継承に取り組むことを求める」という事ですが、上記③④等によって既に真相解明は終了しています。
上記③④が出鱈目だと主張するのならば根拠を提示して下さい。

⑦意見書によると、「人々の理解を深めるように歴史の事実と教訓の継承に取り組むことを求める」という事ですが、日本の未来を担う子供達にも、事実無根の歴史認識を継承させるように取り組む事への罪悪感は無いのでしょうか?
無いならば、意見書が正当だと説得出来る歴史学で信憑性が認められている第一次資料を提示して下さい。

要請回答は、平成25年4月5日までにお願いします。


平成25年3月28日

要請者

氏名 西村 斉

要請回答先 yamashironokuni-kikaku@mail.goo.ne.jp

[PR]
by 99jounokai | 2013-03-29 14:25 | 水曜デマ関連団体

日朝協会京都府連から、お説教の様な回答が来ました。爆

★日朝協会京都府連からの回答は「従軍慰安婦問題」に関しての、歴史学で証拠価値のある上級資料及び日朝協会の主張している根拠となる資料は、日朝協会として責任が持てる資料がなく「役員の合意に基づいて運動している」ので提示する事は出来ず、「従軍慰安婦問題」は、日朝協会に頼らず「自分の力で調べて下さい」という事でした。(笑)
日本国から税金で賠償させようと算段しているのだから日本国民に対して立証説明義務が発生するだろうよ(笑)駄目だコリャ!!!!

そして「従軍慰安婦問題」は、まだ研究中らしいです。
ならば確定していない犯罪行為に何故に?「賠償しろ!」となるのか?理解できません(爆)

国連の資料て何だ???(笑)GHQなら「日本の官憲により朝鮮人女性を強制連行していない」という資料と、朝鮮人男性が朝鮮人女性を強制連行した資料なら山ほど有りますけどね。同時に日本人に対して行った極悪非道行為の「朝鮮進駐軍」事件も出てきますけどね(爆)

日本政府の資料となると「日本の官憲が朝鮮女性を強制連行して慰安婦にした」という資料は河野談話の時に日本全国あらゆる所をひっくり返しても出て来なかった(爆)

韓国政府の資料は存在せず、証言証拠のシンボル的存在の金学順も「寂しかって、嘘をついた」事が立証されていますから、結局「私の体が覚えています」のみです(爆)

そして「ライタイハン問題は」日・朝・韓の友好に関係ないので回答する必要が無いようです(爆)

やはり、朝鮮擁護団体とは「事実を基に道理、誠を説く建設的な論議」は無理みたいです(爆)

回答の最後の「今後協力共同できる問題があればご協力をお願いいたします」てどういう意味だ?
体よく女が男を追い払う時の別れ際の社交辞令か(爆)
 
●此方の質問

簡単な質問です。
①朝鮮女性が日本の官憲により強制連行され慰安婦にされたと主張するならば歴史学で証拠価値のある第一次、二次資料を私に教えて下さい。
②日朝協会が第一次、二次資料を提示できないのであれば、どのような人物が書いた著書、当時の新聞記事、その他の証拠資料を基に朝鮮女性が日本の官憲により強制連行され慰安婦にされたと主張されているのか?教えて下さい。
③ 韓国軍がベトナム戦争時にベトナム女性に世界最大レベルの人権蹂躙な屈辱を与え多数の混血児を生み出した責任はどうお考えでしょうか?この件は一次資料は 山ほど存在します。日朝協会が声高に戦後保障と主張するならば、まずは信憑性が全く無い従軍慰安婦問題よりも、200%真実のライタイハン問題を解決する のが世界平和に繋がり地球市民としての常識であると思いますが、見解を述べて下さい。
以上の質問の回答を平成24年1月20日までに必ず回答下さい。
回答先yamashironokuni-kikaku@mail.goo.ne.jp
山城乃國企画 副長 西村

上のような質問が届きました。

日朝協会京都府連として責任が持てる問題以外は、自分達で調べていただき、その責任者に質問してください。

私たちは、国連、日本政府、韓国政府などの資料を調べて、日本人の責任で解決しなければならない問題について研究し、日・朝・韓の友好を発展させるという立場で運動しています。

また、役員の合意に基づいて運動しています。

山城乃國企画について、よく知りませんので、とりあえず自分の力で研究テーマについてよく調査してください。

今後協力共同できる問題があればご協力をお願いいたします。 

[PR]
by 99jounokai | 2012-01-11 20:11 | 水曜デマ関連団体

日朝協会京都府連合会に簡単な質問をしました。

http://www.kyoto-minpo.net/archives/2012/01/10/post_8455-2.php
上記の記事について簡単な質問です。
①朝鮮女性が日本の官憲により強制連行され慰安婦にされたと主張するならば歴史学で証拠価値のある第一次、二次資料を私に教えて下さい。

②日朝協会が第一次、二次資料を提示できないのであれば、どのような人物が書いた著書、当時の新聞記事、その他の証拠資料を基に朝鮮女性が日本の官憲により強制連行され慰安婦にされたと主張されているのか?教えて下さい。

③韓国軍がベトナム戦争時にベトナム女性に世界最大レベルの人権蹂躙な屈辱を与え多数の混血児を生み出した責任はどうお考えでしょうか?この件は一次資料は山ほど存在します。日朝協会が声高に戦後保障と主張するならば、まずは信憑性が全く無い従軍慰安婦問題よりも、200%真実のライタイハン問題を解決するのが世界平和に繋がり地球市民としての常識であると思いますが、見解を述べて下さい。
以上の質問の回答を平成24年1月20日までに必ず回答下さい。
回答先yamashironokuni-kikaku@mail.goo.ne.jp
山城乃國企画 副長 西村斉

[PR]
by 99jounokai | 2012-01-10 15:59 | 水曜デマ関連団体