山城國企画            

カテゴリ:正論( 4 )

やっとキタ。。。。。

実は今まで「鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス」「鳴かぬなら鳴かせてみようホトトギス」でした。やっとキタ。大義名分が!!!!!

これからは、政治活動の。。。。ではなく大人の。。。。。です。(爆)

話し合い、示談には応じません。

やっと、待ちに待った。。。。ですから。

政治闘争でなく、もっと、もっと力ずくの暴力で来い!!(嬉)

手を出せば、ヒントは最低でも過剰防衛レベルでの結果「カタワ」です。(笑)

やっと、自分本来の行動が出来る大義名分を手に入れました!!!!

待った甲斐がありました!!!!

あ、そうそう、自分にどんな危害が加えられようとも警察等には鳴きついたり、告訴等は一切行いません。待ちに待ったホトトギスですからね。。
[PR]
by 99jounokai | 2011-10-18 20:00 | 正論

京都・徳島事件一審判決を受けての声明 (西村斉氏)

           声明文 

①我らを弱いものイジメをしているという風評被害を撒き散らしている者がいる。
しかし、戦後ずーと思いやりのある日本人は「女性、子供、老人、障害者」という言葉を出されると思考停止になり「女性、子供、老人、障害者」を前面に出して弱者を装い悪行をはたらく反日朝鮮人に意見すらも言えなくなっていた。
我々は「女性、子供、老人、障害者」のトリックというか弱者を利用した戦略にはまらずに「駄目なものは駄目!」という事を批判を恐れずにこのタブーを破っただけの事である。
ちなみに下記は京都朝鮮総連系団体の連絡先である。
以前から私は確認済みでしたが掛け金も払わず年金をよこせ!と言ってる「在日無年金問題の解決をめざす会・京都」を筆頭に驚く事に事務所、連絡先が全て85歳を超えた老人女性宅と老人ホームである。抗議される事が予想される悪行を繰り返しておきながら抗議されたら「老人弱い者イジメ」というカードを切る算段なのは明らかである 。これこそ、朝鮮総連、似非サヨクが我々に言う「安全な場所から吠えているだけ」である。
尚、朝鮮総連関係者と思われる人物が私の親元を訪ね父が心臓の大手術を控え入院中の盲を伝えたにもかかわらず名も名乗らずに「父親の入院先を教えろ!」と母親を脅したことや、4月19日には嫁の実家にまで押しかけ「斉は此処に居るのか?戸籍にそう記載されている」と言う様な訳の分らない言葉を吐き義母に圧力を掛けられたりもした。根拠は私の家族の戸籍謄本を仮処分申請や民事訴訟に必要もないのに不正に請求されそれが反日朝鮮人関係者に洩れたのだと考えられる。(根拠は戸籍謄本を請求したのは身内以外には朝鮮総連関係者のみだからである)仮に私の住所も知っているのに誰も来た事は無い。

朝鮮学校を支える会・京滋
末本雛子宅
日朝友好促進京都婦人会議
末本雛子宅
福島みずほ 勝手連・京都
末本雛子宅
京都コリアン生活センター「エルファ友の会」
末本雛子宅
在日無年金問題の解決をめざす会・京都
京都市南区東九条北松ノ木町12 エルファ内 

②裁判を終えての感想は腐った社会現状での裁判はこんなもんでしょう。

しかし、この京都朝鮮総連系問題は終わっていません。
朝鮮総連系組織を擁護した京都市教育委員会、国際化推進室、固定資産税課、京都新聞、反日週刊誌等に対して筋の通った法的根拠を基に責任追及を継続中です。今後は追加で共産党の議員にも責任追及が及ぶ事になるでしょう。
そして別件で不当に朝鮮総連を擁護した為に発生した我らの精神的苦痛についても筋の通った法的根拠を基に 公●●●会、●察室に対しての行動も視野に入れております。
結果はどうであれやるべき手段を全て駆使しケジメを付けます。

③判決文については検事までもが「原因は朝鮮学校にある」と判断しているのに裁判官はその事実を判決文に入れなかった。京都弁護士会に気を使っているのと自身の保身でしょう。それと朝鮮総連がどういう組織か?朝鮮学校の卒業生がどういう活動をしているか?という大事な要の議論からは逃げる裁判所に最早期待することは今後ありません。
しかし、当初名誉毀損罪での立件だったのですが裁判で検事が我々の発言の「戦後朝鮮人は日本人の土地を奪った」、「朝鮮学校はスパイ養成機関」、「朝鮮学校の生徒はスパイの子供」、「拉致実行犯の仲間等」の発言は事実で公共の利益になるので名誉毀損罪に該当しなかった事を実質的に証明した事実は裁判記録に残りました。要は朝鮮総連がどういう組織か?という話になると白黒付けなければならなくなるので検察が「日本の官憲による「強制連行問題、従軍慰安婦問題、朝鮮総連の前身の朝鮮進駐軍の悪行を議題にするのが嫌で避けたと判断しております。

④「戦術において敗北したものと認めなければならない!」という者もおりますが私は「問題提起」に重点を置き「確信的に」行動しただけの事です。
なので、今回も十分に想定内の結果であり何の後悔も反省もしておりません。
やっと、朝鮮総連が真剣に反日朝鮮人の生存を脅かす日本人に危機感を持ち我々を反日朝鮮人と抗争する土俵に上げてくれたのだと感じております。

⑤弁護士選定に手こずった件ですが京都弁護士会が我らを糾弾する声明文を出した為に引き受けてくれる骨のある弁護士なんて居る訳がありません。

又「朝鮮総連は強かで法律を駆使して頭が良い」というような者もおりますが京都朝鮮総連に施設を借りに行った時の行動でも明らかなように奇襲をかけるととんでもない馬鹿な対応をします。あれは強かさではなく「恥知らずで不名誉」を恥と思わないだけです。朝鮮総連が優れているのではなく戦後のGHQの力です。

⑥そして去年末からステージ2の戦略通り高度な根拠を武器に180度戦略を変えて攻撃してますが朝鮮学校の不法行為を擁護した役人は既にフラフラになっています。反日側も事実を基に誠(道理)を説くと反日側の発言は事実ではないんで黙秘になるんです。それと、事件の原因を作ったのは誰ですか?という事を説くとこれまた黙秘になるんです。

こんな低能なレベルで社会悪を構築しておるのです。

まあ、後悔の無いように自分の実力内で出来る事をするだけです。

最後に応援して下さった在特会役員、会員、一般支援者の方にお礼を申し上げます。

京都支部長 西村斉

[PR]
by 99jounokai | 2011-05-08 08:40 | 正論

裏づけも無く批判しておられた方への最後の手紙【あるブログに掲載されていたものを転載】

私は去年の京都で行われた6.13デモにある人から頼まれて宣伝者の運転手として参加した者です。その人とは私の子供の頃からの友人の活動家です。それ以来この活動には参加しておりません。格闘技生活が長かったため、首に後遺症を負ったためです。
さてAERAによると、デモ首謀者は「自分の安全を確保しながら好き勝手やっている」というような発言がありますが、朝鮮学校問題、日教組問題で逮捕されています。何も彼らは安全な場所から吼えてるわけでは無いという事は明らかです。そういうと右派陣営からは「ネットオタクで現実社会を知らないから出来るんだ!」と反論がありますがその友人は、パソコンのキーボードも指一本でしか操作できませんし現実社会を知っているどころか、昔からの友人ですからある程度見てきてますから申し上げますと大儀があれば相手がどのような身分であろうが、かまわず喧嘩ばかりしているような人間でした。それに3,4年前までだと記憶してますが仕事でも、煮ても焼いても食えない曲者らから頭を下げられて仕事をしていました。偉いと思ったのは本当に困っていた正業の債権者からはお金を貰わず仕事をしていた時でした。いわば良き時代の侠客のようだと感じていました。
次に、右翼のように伝統的知識がないとか尊王ではない、活動家としての下積がない、鬱憤晴らし、欲求不満解消とか言われていますが、この発言も100%間違いではないと私も他の参加者の言動とかを動画を見て感じています。しかし、上記の事件の首謀者は全くこれには当てはまりません。彼は世間一般の価値観である欲求で判断すると彼はプライベート、仕事など私から見ても羨ましいと感じる程です。しかし、その彼が何故に民主党(法務大臣が千葉景子、公安委員長が岡崎トミ子)の現状では生活を破壊させる恐れのある行動をするかと考えれば彼がいつも口にしている「アカンもんはアカン」(会津日新館の掟のならぬことはならぬものです)この言葉一つを大儀に活動していると感じます。活動に下積がいるとか、右翼の伝統、歴史を勉強してないとか、これらを経験していないと活動してはいけないなら政治がおかしいと感じても即、草莽が立ち上がれないでしょう。それに彼らは専従でもなく活動をシノギにしていませんし全く理解に苦しみます。そして尊王は当たり前のことであり、毎日の神棚の手入れ等毎日の日常生活の中で実行する事でありわざわざ言葉に出す事ではありません。
又、彼を子供もいない、結婚もせず、地域社会の一員として使命を果たしていないなどと取材も、調査もせず好き勝手いってますが彼は嫁も子供もいます。そして、地域社会の件ですが彼は前町内会長から順番で会長を頼まれたのですが彼が治安の問題を提案して月一回のパトロールを強化し無灯の自転車とか弱そうな受忍限度範囲の少年を叱るよりコンビニに集まって入り口を塞いで迷惑をかけている不良や広い道路ならいいですが狭い道路(住宅密集地)でもクラッチを切らずに爆音をたてる暴走族、無知な商店に対して、地域の恥であるピースボードのポスターを剥がして貰う啓発活動等をターゲットにするなら引き受ける条件の一つとして提示したら断られたそうです。そんなもんなんです。いわゆる自分の立場が危ぶまれる事案や反抗してくる者には注意しない愚民です。ちなみに彼はそういう輩にも活動の時と同じく怒鳴りちらしてますが。
最後に覚悟がない!というのも記事にされてましたが、彼は○○○○○○が来た暁には誰も傷つけることなく最後の問題提起としてある○○を○○しやり遂げた後に即責任を取り○○するでしょう。そこまで彼は段取りしてるように思います。恐らく必ずやるんではないでしょうか。彼はええかっこしいですから。

まだまだ書き足りませんがここらでペンを置きます。
一方通行ですいませんがネット議論はしない方針なのでご理解下さい。取材もせず、調査もせず一方的に好き勝手の主張だと友人として我慢ならない思いから投稿しました。失礼しました。

尚、彼は今後二度と誠ではなく妬み、利権として行動しているチンケな輩とは全てにおいて交わることはないでしょう。

冷に耐え、煩に耐え、些細な事で躁がず、無意味に争わず、撓まず、 決して怯まず、 阿ねらず、黙々と志を貫徹せよ。

[PR]
by 99jounokai | 2011-04-09 15:39 | 正論

この大惨事に誤解を怖れず的を得た、そして私もほぼ同じ考えであり共鳴したブログを紹介します。

ウィスパー・ボイス
http://whisper-voice.tracisum.com/?eid=242#comments

有事になって初めて思い知ること ~ 日本を震撼させた大地震

私の周りにも安否を気遣ってる方が若干いて、心配しています。
そして揺れてた時、初めて私の家が壊れるかもしれないという恐怖を覚えました。
テレビ・マスコミ嫌いの私も、さすがに地震直後、今回はテレビつけました。そして、子供にも自然の怖さを知らしめるため、海水に埋もれ、地震で破壊された街の映像など見せてあげました。

しかし今日は地震について冷徹、率直、大局的に所感を述べさせていただきます。私なんかは、自分や家族、子が死ぬことへの万一の覚悟なんていつでも出来てますが、だからこそ毎日、生きてることに感謝してるし、そういう気持ちを常に持っておくよう子供にも教えてます。しかし、そうでない平和ボケした日本人にとっては、いい薬になったかもしれませんよね。

こんな事態が起きれば、良きにしろ悪きにしろ、人間の力なんて到底及びえない“神”というものの存在、イヤでも認識していかざるを得ない人が増えると思います。
悪いことが起きると、「あの時、あんなことさえやっていなければ・・・」、多くの人がそんな風に考えがちですが、物事は何でも偶然に起こってるよう見えることでも、それは偶然ではなく、すべて必然なんです。だから今の私は、何があっても後で後悔するようなこと・・・あまりにもいろんなひどいこと経験してきたので殆どありません。そう、偶然が重なってるようなことも、すべては必然。だから敗戦だって、売国政権の誕生だって、すべては必然。地震だって起きるべきして起きた。
たとえ悪いことが起きても、すべてを受け流す、極端に言えば、それらにすら感謝する気持を持つこと。今回、無事だった方は特に、こういう時こそ生きてることへ感謝する気持を子供たちに持たせる、絶好のチャンスと言ってよいでしょう。

細木数子とか子供はいないとされてますが、彼女があれだけ達観した見識を持ち得たのも、たとえば過去に小さな子を失ったことがあったりとか、人に言えないような痛い思いを実は彼女自身していたからではないかと見てます。
私だって、本当に痛いところについて、とてもここには、まだ書いたりできません。
街角を見てると、一見、今は幸せでうまくいってそうに見えるような家族でも、将来どんな風になっていくか、子供に対して何もやってないな、とか、いろんなことが見えてしまいます。
そういう何もやっていない代表例が、実はうちの親でもあったりしたわけですが、その悪いところがうちの家族、兄弟など、どこを切っても表れてるし、今の彼らの有り様になってしまってるわけです。しかし、これはうちの家族に限らず親族全般でも、かなりひどい状況で、結局これは私の親を悪く言っても始まらない、きっと私の親に責任を求めるのも無理があるんだな・・・そう考えるようなってます。

話を戻します。『三匹の子ぶた』の話のように、日常ありえない有事に備えておくことが、いわゆる保守の基本のようなところがあるので、戦争や天災などに備えておくことは大切なことです。
この地震で、地方分権論者の勢いが弱まるのは間違いないでしょうね。いざという時、頼れる国があるから地方だって存在できるのに、こんなことが起こると地方だけでは立ちいかなくなってしまうこと、さすがに彼らも思い知ったことでしょう。

昨日、『ジュニアエラ』(Junior AERA)なる朝日新聞刊行の子供向け情報誌を立ち読みしてきましたが、今号にはちょうど「地方分権すればいいことずくめ」みたいな、子供へのプロパガンダが図られてて、この雑誌は左翼による完全な洗脳ツールなんですね。関西、中部、九州など日本の各地方だけでも、世界一般諸国に比して全く見劣りしない経済規模があり、地方だけで十分やっていけるなんて論調でした。こんな本を一体どんな親が子供に読ませてんだろうって感じですが、やっぱり反日的な自治労や日教組職員がメインなんでしょうね。

こんな天災が起きれば、国や自衛隊のありがたみ、さらに家族の大切さ・・・家族がいるだけでも心強くなれるということ、骨身に染みてわかるはず。それに救出現場の第一線でも、戦時と同じく、女では殆ど役に立たないことも思い知るでしょう。
でも、これでもまだまだ目が覚めない人は山ほどいる。平和ボケ日本人を叩き起こすには、尖閣諸島や沖縄が中国に乗っ取られるぐらいの事件でも起きない限り、もはや無理かもしれません。さすがにそんな事態になれば、9割方の日本人の目が覚めるでしょう。
[PR]
by 99jounokai | 2011-03-15 14:00 | 正論