山城國企画            

神戸市役所に乗り込んだため、やっとこさ、回答が来ました。

●神戸市からの回答

西村 斉 様 昨日お申し出いただきました件につきまして、以下のとおり回答させていただきます。一部回答が遅くなったものがございます点につきましては、お詫びいたします。
1.まず、平成23年10月13日の本市職員の対応につき、本市における神戸市政の透明化の推進及び公正な職務執行の確保に関する条例に関し て、(10月18日)に電子メールでいただきました件について回答致します。 当該条例に基づき審査を受けつける制度はございません。
2.また、平成23年12月26日に電子メールで頂きましたご意見についても併せて回答致します。  平成23年12月21日の本市職員の対応につき、本市における神戸市政の透明化の推進及び公正な職務執行の確保に関する条例等を根拠に指導を要 請するとのご意見ですが、指導する必要は無いものと考えております。
3.次に、平成23年10月26日にお送りいただきました神戸市教育委員会への質問状に対し、下記のとおり回答いたします。
<質問1、質問2について>神戸市教育委員会では法令や国の計画・指針に基づき教育行政を進めています。平成10年代の外国人児童生徒の増加に伴い、総務省から「地域におけ る多文化共生プラン」(平成18年3月)、文部科学省から「外国人児童生徒教育の充実について」(平成18年6月)の通知が出されました。神戸市においても旧「手引き」(平成10年作成)を多文化共生の視点に立って全面的に内容を改めることとしました。改訂にあたっては、多文化共生 に向けて考え方が偏らないように、編集委員の協力も得ながら検討を行いました。編集委員は、小・中・高の各校種で長年外国人問題に取組んできた管理職(校長)を含む教員及び在日外国人教員1名の計14名です。編集委員より様 々な角度から意見を聞き参考としましたが、手引きの構成や内容等を決定し作成(平成22年10月)したのは教育委員会人権教育課です。今後とも、すべての子どもたちがそれぞれの生活習慣や文化について、互いに違いを認め、尊重し、希望と目的を持って学校生活を送れるよう取組んで いこうと考えています。
<質問3について>小中学校における管理職とは、校長・教頭であり、副主任はこれに当たりません。なお、管理職を除いた学校内の職務分担に関しましては、校内外の状況その他によって流動的であり、副主任を含めて年度ごとの見直しや変更が必ず行 われ、固定的なものではないこともお知りおきください。 以上が回答となります。よろしくお願いいたします。
担当:行財政局行政監察部監察室(1、2に関すること)
教育委員会事務局指導部人権教育課(3のうち質問1・2に関すること)
教育委員会事務局総務部教職員課(3のうち質問3に関すること)   
市民参画推進局参画推進部広聴課(その他市政全般に関すること)

●此方の質問
http://iyakichi.exblog.jp/14825385/(教育委員会) 
http://iyakichi.exblog.jp/14762288/(監察室)
http://iyakichi.exblog.jp/15168586/(神戸市長)

●回答有難う御座います。しかし、回答に不備が多数ありますので、不備点を送信します。

平成24年1月10日までに今回は必ず回答下さい。

1.まず、平成23年10月13日の本市職員の対応につき、本市における神戸市政の透明化の推進及び公正な職務執行の確保に関する条例に関して、(10月18日)に電子メールでいただきました件について回答致します。 当該条例に基づき審査を受けつける制度はございません。という回答ですが・・・

下記の「神戸市政の透明化の推進及び公正な職務執行の確保に関する条例」の条文に条例に基づき審査を受けつける制度が記載されています。
真摯に回答せよ。

第3節 審査会への諮問等
(審査会への諮問)
第10条 市長その他の執行機関(以下単に「執行機関」という。)は,次に掲げる場合であって必要があると認めるときは,当該要望等に係る第7条第1項前段の規定による記録又は同条第2項若しくは第3項の書面若しくは電磁的記録(以下「記録等」という。)及び次条第2項の意見書とともに,神戸市公正職務審査会(以下「審査会」という。)に諮問するものとする。
(1) その内容が違法又は不当であるかどうかを執行機関が判断できない要望等を受けた場合
(2) 要望等に対する職員等の対応その他の行為が違法又は不当であるおそれがある場合

第4章 神戸市公正職務審査会
(審査会の設置及び権限)
第13条 市長の附属機関として,審査会を設置する。
2 審査会は,執行機関からの第10条第1項の規定による諮問に応じて審査を行い,及び要望等の記録方法その他要望等への対応に関する諮問に応じて審議を行い,並びにこれらに関する意見を執行機関に述べるものとする。
(職員等の協力)
第15条 職員等は,第13条第2項の規定による審査会の審査又は審議に協力しなければならない。

第5章 体制の整備
(体制の整備)
第16条 執行機関等は,法令等及び第5条に規定する基本原則の遵守(以下「コンプライアンス」という。)に関する啓発,研修,相談その他必要な体制の整備に努めなければならない。

2.また、平成23年12月26日に電子メールで頂きましたご意見についても併せて回答致します。  
平成23年12月21日の本市職員の対応につき、本市における神戸市政の透明化の推進及び公正な職務執行の確保に関する条例等を根拠に指導を要請するとのご意見ですが、指導する必要は無いものと考えております。という回答ですが・・・

下記の根拠を熟読し何故?法令、条例、規則に反してまで、審査、指導の必要が無いのか?回答せよ。そして、私は矢田立郎神戸市長宛に情報提供を兼ねて要請書を送付したのですが、この回答は矢田市長も当然、了解済みの回答なのでしょうか?私の送付した書面は確かに矢田市長の目に届いているのでしょね?回答下さい。

●私が平成23年12月21日に神戸市行財政局行政監察部監察室を訪問した。理由は私が神戸市行財政局行政監察部監察室に対して三ヶ月間三度に渡り送付した書面の回答を貰うためである。
書面の内容は北朝鮮による日本人拉致問題に絡む問題で不法行為を行った神戸市行財政職員人材開発センターのセンター長である豊島と神戸市教育委員会人権教育課の主査である森に対しての審査要請書です。
そして、何と!神戸市行財政局行政監察部監察室は審査要請書が、どのように処理されているのか?回答してくださいという私の正当な要望に対して、回答期限を経過しても一向に梨の礫でした。経過確認、回答を貰うのは国民の権利である。

訪問の際に、私は友人に神戸市行財政局行政監察部監察室は私の三ヶ月三度に渡る審査要請書に対して「神戸市政の透明化の推進及び公正な職務執行の確保に関する条例 」に違反し、経過報告、回答しない為、私に対して神戸市行財政局行政監察部監察室は信用を失墜したと判断し、社会的必要性が存在すれば撮影が合法であるという判例「平成17年11月10日最高裁第一小法廷判決」を根拠に「動画撮影」を依頼した。理由は、国民に見えない所で地方公務員法違反を行う神戸市行財政局行政監察部監察室の権力の暴走を阻止する為である。ところが、神戸市行財政局行政監察部職員は神戸市庁舎利用規則、法令、条例にも記載されていない「撮影禁止」を主張し、職権を濫用して、私の権利の行使を妨害する行為を行った。
しかも、判例を提示して説明する以前に職員の顔、姿は撮影しないという条件付の撮影要望である。
この行為は刑法第193条公務員職権濫用罪(2年以下の懲役又は禁錮)に該当する。

事件当日、私は三ヶ月間三度に渡り神戸市行財政局行政監察部監察室に送付した審査要請書の経過報告、回答はどのように処理されているのか?と神戸市行財政局行政監察部監察室職員に経過を尋ねたところ、監察部監察室職員は「調べもせず、そんな審査要請書は送付されて来たか、来ていないかも判らない!お帰り下さい、撮影は止めてください!」の一点張りで私の道理ある質問、訪問理由、要望理由を聞こうともせず、何と!110番通報したのである。こういう理不尽な行為は断じて許す事は出来ません。

神戸市行財政局行政監察部の行為は、地方公務員法(第13条 、第28条1項、3項、第29条、第30条、第32条、第33条、第35条)にも違反している。
神戸市行財政局行政監察部が地方公務員法13条違反(平等取り扱いの原則、すべて国民は、この法律の適用について、平等に取り扱われなければならず、人種、信条、性別、社会的身分若しくは門地によつて、又は第十六条第五号に規定する場合を除く外、政治的意見若しくは政治的所属関係によつて差別されてはならない)を犯している根拠は上記に記載した例も含めて、その他にも外務公務員法、日韓地位協定に背いてまでも必要以上に朝鮮人と懇意で、その上、朝鮮人職員を優遇する事を肯定している横田という職員が今回の事件に神戸市行財政局行政監察部からの要請で、私と神戸市行財政局行政監察部との仲介役のような立場で顔を覗かしている。明らかに、そういう職員の朝鮮擁護の政治的思想から、朝鮮問題が絡む私の正当な質問、訪問理由、要望理由を聞こうともせずに追い出そうとしたと容易に確信出来る。
尚、今回の事件の原因である審査要請書の内容に主役として登場し、以前、横田職員と私が面談した際にも同席していた神戸市行財政職員人材開発センターのセンター長である豊島と神戸市教育委員会人権教育課の主査である森は「北朝鮮当局によって拉致された被害者等の支援に関する法律」に違反した態度を堂々と行い、その上、横田職員と同じく外務公務員法、日韓地位協定に背いてまでも必要以上に朝鮮人と懇意で、朝鮮人職員を日本人職員よりも優遇する処置を講じている証拠が動画に記録され配信されている。又、横田職員は神戸市行財政職員人材開発センターのセンター長である豊島と神戸市教育委員会人権教育課の主査である森の朝鮮擁護の職務姿勢を肯定している事実も動画に記録され配信されている。
そして、今回、神戸市行財政職員人材開発センターのセンター長である豊島と神戸市教育委員会人権教育課の主査である森の「北朝鮮当局によって拉致された被害者等の支援に関する法律」に違反した態度が大問題であるという趣旨が審査要請書に記載されていた為に、私との政治的意見の相違、又は身内を庇うために神戸市行財政局行政監察部監察室は審査要請書の経過報告、回答が出来なかったのであろうと断定できる。
この行為は私に対して明らかに「政治的意見若しくは政治的所属関係によつて差別されてはならない」という地方公務員法13条に違反している事は明白である。
この私に対する差別行為は地方公務員法第60条 1項の一年以下の懲役又は三万円以下の罰金に該当する不法行為である。

3.次に、平成23年10月26日にお送りいただきました神戸市教育委員会への質問状に対し、下記のとおり回答いたします。
<質問1、質問2について>神戸市教育委員会では法令や国の計画・指針に基づき教育行政を進めています。平成10年代の外国人児童生徒の増加に伴い、総務省から「地域におけ る多文化共生プラン」(平成18年3月)、文部科学省から「外国人児童生徒教育の充実について」(平成18年6月)の通知が出されました。神戸市においても旧「手引き」(平成10年作成)を多文化共生の視点に立って全面的に内容を改めることとしました。改訂にあたっては、多文化共生 に向けて考え方が偏らないように、編集委員の協力も得ながら検討を行いました。編集委員は、小・中・高の各校種で長年外国人問題に取組んできた管理職(校長)を含む教員及び在日外国人教員1名の計14名です。編集委員より様 々な角度から意見を聞き参考としましたが、手引きの構成や内容等を決定し作成(平成22年10月)したのは教育委員会人権教育課です。今後とも、すべての子どもたちがそれぞれの生活習慣や文化について、互いに違いを認め、尊重し、希望と目的を持って学校生活を送れるよう取組んで いこうと考えています。という回答ですが・・・

何故に?職員人権研修用の資料に韓国の教科書を使用するのか?、それと、平成23年10月26日付の質問状の質問3(韓国民潭からの圧力問題等)に回答がありません。回答せよ。
http://iyakichi.exblog.jp/14825385/
質問3 当初、神戸市垂水中学校の在日韓国人の教員、韓裕治は、「日本国籍でない者が公務員として管理的な役職をしてはならない」ことが規定されている(外務公務員法第7条第1項)、又、定説では「管理職への外国人採用は間接的であれ国の統治に外国人が関わることは国家主権、国民主権の侵害に当たり、諸外国でも管理職への登用を認めている国はない」と解釈されて、神戸市教育委員会から副主任になることを認められなかったと想像しますが、民団新聞によると、神戸市教育委員会が認めた理由は「学校側から、韓裕治から問い合わせを受けて法律の解釈が難しく、学校によって事情が異なるから、教育委員会が指示することではない」と言われたためとなっており、要は学校の屁理屈に妥協して認めたようだが、韓裕治の支援団体は「関係民族団体、韓国政府の支援による闘いの成果」と、「ひとまずはほっとした表情」と感想を述べている。
という事は、副主任が認められたのは、「在日韓国人」からの圧力で韓裕治は「日本国籍でない者が公務員として管理的な役職をしてはならない」ことが規定されている(外務公務員法第7条第1項)に反し、管理的な役職になった」のは明白である。政府の公式見解である「公権力の行使又は公の意思の形成への参画に携わる公務員となるためには日本国籍を必要とする」という見解を厳守すべきだと考え、日本の将来を担う子供たちを教育する公共の学校の方針を決める「管理的な役職」を、反日思想に染まった韓裕治に委ねるなど言語道断である。何故に?このような道理の無い事を認めたのか?

<質問3について>小中学校における管理職とは、校長・教頭であり、副主任はこれに当たりません。なお、管理職を除いた学校内の職務分担に関しましては、校内外の状況その他によって流動的であり、副主任を含めて年度ごとの見直しや変更が必ず行 われ、固定的なものではないこともお知りおきください。 という回答ですが・・・

「部長」や「主任」が管理職とされている学校もあるようですが、例えば、今回の外国人生徒の人権に考慮した教育を推し進めるための指針ともいうべき「在日外国人児童生徒にかかわる指導の手引き」を韓国人教師が参加して作成している事実から解釈すると、『校長の監督を受け、教育計画の立案その他の教務に関する事項について連絡調整および指導、助言にあたる職(学校教育法施行規則第22条の3』による「教務主任」、『校長の監督を受け、生徒指導に関する事項をつかさどり、当該事項について連絡調整および指導、助言にあたる職(学校教育法施行規則第52条の2』による「生徒指導主事」と同等の「管理的な役職」と権限を与えられているも同然である。屁理屈回答は結構です。
今回問題にしている「管理的な役職」とは 学校において一般教員を指揮し学校の運営に当たっているという一般の管理職の定義としての意味合いです。現に、外国人生徒の人権に考慮した教育を推し進めるための指針ともいうべき「在日外国人児童生徒にかかわる指導の手引き」を大幅に改訂し垂水中学校教員の韓裕治をはじめとする在日朝鮮人を編集委員に加えており、一般教員を人権マニュアル冊子によって指導し、管理し、公権力を行使している立場であります。この事を問題にしているのです。在日韓国人は日韓地位協定に明記された外国人であり、在日は公権力を行使しないという前提で下級公務員にのみ採用されるものですが、何故に?日本人より上級のポストに立ち、日本人教員全体の規則を決定し、言動を拘束し、管理する規則マニュアルを執筆しているのか?神戸教育委員会は、日本国の中の神戸市であるというを忘れておられるのですか?真摯に回答せよ。

[PR]
# by 99jounokai | 2011-12-30 22:56 | 行政

合掌。

花うさぎさん、今世でのお役目ご苦労様でした。

あの世で高いステージ(階層)に行かれる事は間違いないでしょう。

来世に向けて、お励み下さい。

又は、行動する運動の守護霊として君臨されるのかな?

直接、お話したのは今年5月25日主権回復を目指す会主催の『KKRのシナ大使館への土地売却』心ある日本国民よ、座死するな!街宣の現場でしたね。

その際「何時も動画を見て活躍を拝見しています!頑張って下さい」という言葉を戴きましたね!
励みになりました。

そして、チーム関西の隊旗とも云えるZ旗に応援の寄せ書きを戴きもしました。
有難う御座いました。

必ず、あの世でお逢いする事が出来ますので、その時まで「ごきげんよう!又、遭いましょう!」

[PR]
# by 99jounokai | 2011-12-30 14:29

昨日は暇にかまけて、暇つぶしをしました!(笑)

日本の国益を毀損する悪行を積む輩に対しての告訴状を●●地方検察庁に提出しました!
[PR]
# by 99jounokai | 2011-12-29 22:46

山中松坂市長から「市民まちづくり基本条例」についての回答が来ました。

此方の質問 http://iyakichi.exblog.jp/15072919/

★山中市長は、自分で「パブリックコメント」を募集しておきながら、自分の都合の良い「パブリックコメント」結果が出ないと、「行政手続法 第四十二条 」は、地方公共団体には適用されないのと、現在「パブリックコメント」は条例、要綱に無いので尊重する義務は無いという事です。今回は、実験的に行ったので「パブリックコメント」結果は尊重しなくても良いそうです。

そして、此方の「意見は尊重して今後の対応を検討する」ということですが、是非とも「パブリックコメント」の結果を尊重して頂き、憲法93条2項にいう「住民」とは日本国民(日本人)を指すものであると 最高裁の判例でも政府見解でも言われており、地方自治は日本国民(日本人)の為に存在するものなので、是非とも、外国人が政治参加出来るような条例案は破棄して貰わないといけません。

そして、此方の質問の「外国人の政治参加問題」については、スルーされ明確な回答はありませんでした。


山城乃國企画
副長 西村 斉 様
 

平成23年12月7日にいただきましたご質問につきまして、回答させていただきます。
行政手続法につきましては、同法第3条第3項の規定で地方公共団体には適用しない旨規定しています。パブリックコメントにつきましては、これまで本市におきましても、明確な条例や要綱等はありませんでしたので、この「市民まちづくり基本条例」第7条に規定しようとしているところであり、今回のパブリックコメントにおいてもこの案に準じて実施したところです。いただきましたご意見は、尊重し検討させていただきます。
松阪市のまちづくりには、松阪市で暮らし活動しているすべての人々が役割と責任を担い、まちづくりに取り組んでいただくことが大切であると考えています。また、平成24年4月には、市内全域に住民協議会(自治組織)が設立されます。その住民協議会を中心とした新しい住民自治がスタートするにあたり、まちづくりの基本的な事項を定めることは必要であると考えますので、来年2月議会への提案を検討しているところであります。


平成23年12月14日

松阪市長 山 中 光 茂

[PR]
# by 99jounokai | 2011-12-27 22:56 | 反日議員

神戸市長矢田立郎に意見書を提出。

           意見書

神戸市長 矢田立郎殿

下記の審査要請書を神戸市行財政局行政監察部に10月、11月、12月と3度に渡り送付しましたが、回答期限を経過しても回答が無いので今月21日に監察部を訪問しました。

その際、私は送付した審査要請書の回答はどのように処理されているのか?と経過を尋ねたところ、監察部職員は「調べもせず、そんな審査要請書は送付されて来たか、来ていないかも判らない!お帰り下さい、撮影は止めてください!」の一点張りで此方の道理ある質問を聞こうともせず、何と!110番通報したのである。こういう理不尽な行為は断じて許す事は出来ません。
        
                  審査要請書

1 平成23年10月13日神戸市役所にての面談の際、神戸市行財政職員人材開発センターのセンター長である豊島と神戸市教育委員会人権教育課の主査である森の両人が法律で定められている「北朝鮮当局によって拉致された被害者等の支援に関する法律」にある(国等の責務) 第三条の4項「国及び地方公共団体は、被害者及び被害者の配偶者等の安否等に関する情報を把握し、速やかに被害者及び被害者の家族に伝えること、被害者及び被害者の家族からの相談に応じること等きめ細かな対応に努めるものとする。」と定められている法律を故意に反故にし、此方の質問である「日本人を拉致した国、主犯は誰ですか?」という公務員の責務として当然の簡素な質問に即答する事を拒否し、明確な回答をも拒否した。

2 神戸市行財政職員人材開発センターのセンター長である豊島と神戸市教育委員会人権教育課の主査である森は上記1の質問に対して明確に答えることを、地方公務員法13条「平等取り扱いの原則」に違反し自らの政治的思想で明確な回答を拒否した。又、「北朝鮮当局によって拉致された被害者等の支援に関する法律」で地方公共団体の責務と法律で定められているにもかかわらず質問に対して即答、明確に回答しなかった行為は、地方公務員法第二十八条第一項 (降任、免職、休職等) 1「勤務実績が良くない場合」 同2「心身の故障のため、職務の遂行に支障があり、又はこれに堪えない場合」同3 「前二号に規定する場合の外、その職に必要な適格性を欠く場合」 に明白に該当する。その他、地方公務員法第二十九条(懲戒) 1項「職員が次の各号の一に該当する場合においては、これに対し懲戒処分として戒告、減給、停職又は免職の処分をすることができる。」という条文に照らし合わせると「北朝鮮当局によって拉致された被害者等の支援に関する法律」第三条の4項にある「地方公共団体の責務」に違反している事から 地方公務員法第二十九条(懲戒) 第1項2号「職務上の義務に違反し、又は職務を怠つた場合 」同3号「全体の奉仕者たるにふさわしくない非行のあつた場合」 に該当し懲戒の対象である。その他、地方公務員法第三十条 「すべて職員は、全体の奉仕者として公共の利益のために勤務し、且つ、職務の遂行に当つては、全力を挙げてこれに専念しなければならない。」同第三十二条 (法令等及び上司の職務上の命令に従う義務) 「職員は、その職務を遂行するに当つて、法令、条例、地方公共団体の規則及び地方公共団体の機関の定める規程に従い、且つ、上司の職務上の命令に忠実に従わなければならない。」同第三十三条 (信用失墜行為の禁止)「 職員は、その職の信用を傷つけ、又は職員の職全体の不名誉となるような行為をしてはならない。」にも違反している事は明白である。

3 上記1,2の事から下記3の条例を厳守し、公正な審査を要請する。

●「神戸市政の透明化の推進及び公正な職務執行の確保に関する条例 」
第1章 総則(目的)
第1条 この条例は,職員等の職務に係る法令等の遵守及び倫理の保持のための体制を整備し,市政の透明化を推進するとともに,公正な職務執行の確保を図るため必要な事項を定めることにより,市民の信託にこたえ,市民に信頼される市政を確立することを目的とする。

第2章 職員等の基本姿勢
(執行機関等及び職員等の責務)
第3条 執行機関等は,法令等を率先して遵守するとともに,市民の信託にこたえるために,公共の利益の増進を目指し,市会と連携し,及び協力しながら,透明性の高い公正な市政の運営に全力で取り組まなければならない。
2 職員等は,市民に対し,この条例の趣旨について十分な説明を行うとともに,市民と市との協働と参画により,豊かな神戸の創造に向けて全力で努力しなければならない。
(倫理に係る理念)
第4条 職員等は,常に公務員としての倫理の保持に努めなければならない。
(職員等の職務執行その他倫理に係る基本原則)
第5条 職員等は,全体の奉仕者であることを自覚し,正当な理由なく,一部のものに対して有利な又は不利な取扱いをする等差別的な取扱いをしてはならない。
3 職員等は,特に自らの職務に関連する法令等に精通するよう努め,職務を適正に執行しなければならない。
5 職員等は,法令等の規定による権限に基づき,その職務を市民に説明する責務を全うしなければならない。

第3章 要望等への対応
第1節 対応の基本原則
(要望等への対応の基本原則)
第6条 執行機関等は,市民と市との協働と参画を実現するために,市政運営に対する要望等の重要性を十分理解し,誠実にその内容を受け止め,適正に対応しなければならない。
2 執行機関等は,特定のものを特別に扱うことを求める要望等に対しては,他のものの権利及び利益を害さないよう十分に留意し,正当な理由なく,特定のものに対して便宜又は利益を図ることにならないよう慎重かつ適切に対応しなければならない。

第3節 審査会への諮問等
(審査会への諮問)
第10条 市長その他の執行機関(以下単に「執行機関」という。)は,次に掲げる場合であって必要があると認めるときは,当該要望等に係る第7条第1項前段の規定による記録又は同条第2項若しくは第3項の書面若しくは電磁的記録(以下「記録等」という。)及び次条第2項の意見書とともに,神戸市公正職務審査会(以下「審査会」という。)に諮問するものとする。
(1) その内容が違法又は不当であるかどうかを執行機関が判断できない要望等を受けた場合
(2) 要望等に対する職員等の対応その他の行為が違法又は不当であるおそれがある場合

第4章 神戸市公正職務審査会
(審査会の設置及び権限)
第13条 市長の附属機関として,審査会を設置する。
2 審査会は,執行機関からの第10条第1項の規定による諮問に応じて審査を行い,及び要望等の記録方法その他要望等への対応に関する諮問に応じて審議を行い,並びにこれらに関する意見を執行機関に述べるものとする。
(職員等の協力)
第15条 職員等は,第13条第2項の規定による審査会の審査又は審議に協力しなければならない。

第5章 体制の整備
(体制の整備)
第16条 執行機関等は,法令等及び第5条に規定する基本原則の遵守(以下「コンプライアンス」という。)に関する啓発,研修,相談その他必要な体制の整備に努めなければならない。

4 【証拠証明資料URL】10月13日 「氏名」→「名前」問題にて関係部署を訪問 http://www.nicovideo.jp/watch/sm15885160

★必ず、調査経過報告等は今月中にお願いします。

神戸市行財政局 行政監察部 監察室殿


●●上記の事から矢田立郎市長には下記の法令、条例、判例を根拠に神戸市行財政局行政監察部に対して厳重な指導、処分を要請する。


① 監察部職員の行為は下記法令、条例に違反している。

「神戸市政の透明化の推進及び公正な職務執行の確保に関する条例 」
第1章 総則(目的)
第1条 この条例は,職員等の職務に係る法令等の遵守及び倫理の保持のための体制を整備し,市政の透明化を推進するとともに,公正な職務執行の確保を図るため必要な事項を定めることにより,市民の信託にこたえ,市民に信頼される市政を確立することを目的とする。

第2章 職員等の基本姿勢
(執行機関等及び職員等の責務)
第3条 執行機関等は,法令等を率先して遵守するとともに,市民の信託にこたえるために,公共の利益の増進を目指し,市会と連携し,及び協力しながら,透明性の高い公正な市政の運営に全力で取り組まなければならない。
2 職員等は,市民に対し,この条例の趣旨について十分な説明を行うとともに,市民と市との協働と参画により,豊かな神戸の創造に向けて全力で努力しなければならない。
(倫理に係る理念)
第4条 職員等は,常に公務員としての倫理の保持に努めなければならない。
(職員等の職務執行その他倫理に係る基本原則)
第5条 職員等は,全体の奉仕者であることを自覚し,正当な理由なく,一部のものに対して有利な又は不利な取扱いをする等差別的な取扱いをしてはならない。
3 職員等は,特に自らの職務に関連する法令等に精通するよう努め,職務を適正に執行しなければならない。
5 職員等は,法令等の規定による権限に基づき,その職務を市民に説明する責務を全うしなければならない。

第3章 要望等への対応
第1節 対応の基本原則
(要望等への対応の基本原則)
第6条 執行機関等は,市民と市との協働と参画を実現するために,市政運営に対する要望等の重要性を十分理解し,誠実にその内容を受け止め,適正に対応しなければならない。
2 執行機関等は,特定のものを特別に扱うことを求める要望等に対しては,他のものの権利及び利益を害さないよう十分に留意し,正当な理由なく,特定のものに対して便宜又は利益を図ることにならないよう慎重かつ適切に対応しなければならない。

第3節 審査会への諮問等
(審査会への諮問)
第10条 市長その他の執行機関(以下単に「執行機関」という。)は,次に掲げる場合であって必要があると認めるときは,当該要望等に係る第7条第1項前段の規定による記録又は同条第2項若しくは第3項の書面若しくは電磁的記録(以下「記録等」という。)及び次条第2項の意見書とともに,神戸市公正職務審査会(以下「審査会」という。)に諮問するものとする。
(1) その内容が違法又は不当であるかどうかを執行機関が判断できない要望等を受けた場合
(2) 要望等に対する職員等の対応その他の行為が違法又は不当であるおそれがある場合

第4章 神戸市公正職務審査会
(審査会の設置及び権限)
第13条 市長の附属機関として,審査会を設置する。
2 審査会は,執行機関からの第10条第1項の規定による諮問に応じて審査を行い,及び要望等の記録方法その他要望等への対応に関する諮問に応じて審議を行い,並びにこれらに関する意見を執行機関に述べるものとする。
(職員等の協力)
第15条 職員等は,第13条第2項の規定による審査会の審査又は審議に協力しなければならない。

第5章 体制の整備
(体制の整備)
第16条 執行機関等は,法令等及び第5条に規定する基本原則の遵守(以下「コンプライアンス」という。)に関する啓発,研修,相談その他必要な体制の整備に努めなければならない。

●地方公務員法
(平等取扱の原則)
第十三条  すべて国民は、この法律の適用について、平等に取り扱われなければならず、人種、信条、性別、社会的身分若しくは門地によつて、又は第十六条第五号に規定する場合を除く外、政治的意見若しくは政治的所属関係によつて差別されてはならない。

(降任、免職、休職等)
第二十八条  職員が、左の各号の一に該当する場合においては、その意に反して、これを降任し、又は免職することができる。
一  勤務実績が良くない場合
二  心身の故障のため、職務の遂行に支障があり、又はこれに堪えない場合
三  前二号に規定する場合の外、その職に必要な適格性を欠く場合

(懲戒)
第二十九条  職員が次の各号の一に該当する場合においては、これに対し懲戒処分として戒告、減給、停職又は免職の処分をすることができる。
一  この法律若しくは第五十七条に規定する特例を定めた法律又はこれに基く条例、地方公共団体の規則若しくは地方公共団体の機関の定める規程に違反した場合
二  職務上の義務に違反し、又は職務を怠つた場合
三  全体の奉仕者たるにふさわしくない非行のあつた場合

(服務の根本基準)
第三十条  すべて職員は、全体の奉仕者として公共の利益のために勤務し、且つ、職務の遂行に当つては、全力を挙げてこれに専念しなければならない。

(服務の宣誓)
第三十一条  職員は、条例の定めるところにより、服務の宣誓をしなければならない。

(法令等及び上司の職務上の命令に従う義務)
第三十二条  職員は、その職務を遂行するに当つて、法令、条例、地方公共団体の規則及び地方公共団体の機関の定める規程に従い、且つ、上司の職務上の命令に忠実に従わなければならない。

(信用失墜行為の禁止)
第三十三条  職員は、その職の信用を傷つけ、又は職員の職全体の不名誉となるような行為をしてはならない。

(職務に専念する義務)
第三十五条  職員は、法律又は条例に特別の定がある場合を除く外、その勤務時間及び職務上の注意力のすべてをその職責遂行のために用い、当該地方公共団体がなすべき責を有する職務にのみ従事しなければならない。
●罰則) 第六十条  左の各号の一に該当する者は、一年以下の懲役又は三万円以下の罰金に処する。 一  第十三条の規定に違反して差別をした者


② 此方が3ヶ月で3度に渡って送付した審査要請書の経過報告、回答を要求したにも関わらず無視を決め込んだ為に、監察室は私への信用を失墜したものと判断し、面談に撮影者を介入させようとしたところ、監察室職員に根拠も無く拒否された。しかも、職員の顔、姿は撮影しないという条件付の撮影要望である。尚、神戸市庁舎利用規則にも撮影禁止の項目、条文は無い。

撮影が認められる根拠は下記の判例が根拠である。

基本、日本には肖像権を規定している明確な法律は無いが、判例で判断すると「違法となるかどうかの境目は、撮影された被撮影者の社会的地位、活動内容、撮影の場所、撮影の目的、撮影の社会的必要性等を総合的に考慮して、被撮影者の人格的利益の侵害が社会生活上受忍の限度を超えるものといえるかどうかを判断して決すべきである」 というのが最高裁判断です。

1 社会的必要性を充たせば公務員に肖像権がないのではなく公務に肖像権がない。

2 社会的必要性を充たせば行政が物事の行使を行う時に国民の目に曝す事が出来なければ権力の暴走を招く恐れがあるので撮影は不法行為では無い。

3 社会的必要性を充たせば国民の為の公僕としての公務なので、その公務は常に国民に透明性を証明する義務があります。

4 判例においては、肖像権侵害の有無は、その人の社会的な地位や公益目的があるか否か?などを総合的に判断して決定されます。
「公務員」とか「公務中」という単純な基準だけで肖像権がどうのこうの決める訳ではありません。
現実には、社会的必要性を充たせば公務中の公務員の場合は公益目的があるということで、撮影行為は認められる。

5 判例で、肖像権は人のプライバシー上に発生するとの判例から判断すると、国、地方公共団体からの命令で公務に就いてる公務員はプライバシーの範疇で行動していないので、公務中の公務員には肖像権は無いことになる。

6 社会的必要性を充たせば公務員と言うより公の場、公務中での撮影活動は全て認められる。
しかし、撮影行為が社会的必要性を充たしていなく、又は正当な理由も無く撮影を続ければ公務執行妨害になってしまう場合もある。

よって、社会的必要性を充たしている案件においての公務員との面談の際に公務員が撮影を拒む行為は、刑法193条(公務員職権濫用)1項 公務員がその職権を濫用して、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害したときは、二年以下の懲役又は禁錮に該当する。

仮に、社会的必要性があるか?ないか?の判断が微妙な場合でも「公務員の法益よりも国民の法益の方が重視される」という判断が刑法学界の見解である。

③ 不当要求行為の判断基準については、正当な理由無く面会を強要したり、脅迫等によって職員に対して筋が通らず正しくない要求を不当に要求し職員の公正な職務の執行を妨げる行為の事を言い、例えば「生活保護の審査を甘くしろ!」「公共事業を入札させろ!」「書籍、機関紙、新聞を購読しろ」等が不当要求に該当し、私の行為は不当要求に該当しません。あくまでも、正当な権利の実行行為であります。

経過報告、回答は平成24年1月13日までに必ず下記連絡先にお願いします。

平成23年12月25日

山城乃國企画

副長 西村 斉

[PR]
# by 99jounokai | 2011-12-26 04:20 | 行政

日韓親善京都府議会議員連盟会長の自民党菅谷寛志京都府議会議員から回答が届きました。

此方の質問 http://iyakichi.exblog.jp/15025476/

★他の議員と同じく肝心要の此方の質問①②③には具体的な回答はありませんでしたので再質問を送付しました。

山城乃國企画
西村 斉 様

先日いただいたメールについてご返信致します。

まず、ご指摘の12月8日の日韓親善京都府議会議員連盟総会は、韓国民団の主催ではありません。主催は議員連盟です。
日韓親善京都府議会議員連盟は超党派の府議会議員で組織しており、その目的は日本と大韓民国の友好親善を図るものであり、地方自治体としての外交活動です。
先日の総会には駐大阪大韓民国総領事館の李総領事や民団関係者を来賓としてお招きしました。京都府では、釜山や大邱と交流があり、7月には舞鶴市と浦項市が交流協定を締結し、現在舞鶴港と浦項港を結ぶフェリーの就航について協議しています。
地方自治体としての立場から、日韓両国の交流促進を推進する活動を行っています。

次に、私の基本理念・基本政策にかかる事項についてでありますが、私の思いを述べさせていただきます。

「我々の祖先が営々と築いてきた伝統や文化の良いところを次の世代にしっかりと伝える・・」
これは、私たち日本人の問題です。私たち自身が本当に民族の歴史を、伝統を、価値観を次の世代に伝えることができているのか。そして私たち自身が確かな歴史観を持っているのか、これは私たちに問われている問題です。

確かにご指摘の通り、日本と韓国や中国の間には歴史認識の違いがあります。その違いによって他国から何を言われようが、様々な団体が何を言おうが、そのようなことで私たちの歴史観が揺らぐようなことがあってはなりません。
歴史観とは、たかだか50年や100年といった細切れのものから形成されるべきものではなく、2600余年という我が国、わが民族の悠久の歴史に想いを馳せたとき、そこから生まれてくるものであります。
その中にこそ日本人としての価値観があり、それを自覚し、民族としての誇りや、世界に類をみない日本人の精神性に自信を持つべきであります。

仮に他国の主張によって日本人の歴史観が揺らぐようでは、あまりにも情けないではありませんか。
かつて日本人は世界一誇り高い民族と言われました。今一度、私たちのDNAの中に刻まれた民族の誇りを取り戻すべきではないでしょうか。 

民族の誇りとは、他との比較によるものではなく、我々日本人が自らに誇りを持って正しく生きているかどうかです。

日本人が長い歴史の中で大切にしてきた自主・自立・自尊という価値観、「力の有る者は、常に襟を正し、正しく生きる」という武士道の精神。それぞれが、自分自身に誇りを持って生き、努力を惜しまず自分の持てる力を最大限発揮し、自らの道を切り開いていくという生き方。まさに「誇り高き日本人たれ」と言うことであります。しかし戦後の民主化政策、高度経済成長を経て、日本人はこの一番大切な精神を見失ったような気がします。

そこで、私たち自民党は、平成18年に60年振りに教育基本法を改正しました。そこでは、人間は社会的な存在であり、自分ひとりで勝手に生きているのではないとし、「公共の精神(道徳心)を養う」「自分が生まれ育った郷土を大切にすること」、「国を愛する心を育むこと」等を盛り込みました。そして、この新教育基本法を実現するために学習指導要領を改訂し、日本人の価値観に基づいた道徳教育の実現に道筋をつけました。

この新しい教育が始まろうとした矢先に政権が交代してしまいました。民主党はこの教育基本法改正に反対し、事業仕分けではこの道徳教本の作成費をムダとして削減対象にしました。ご承知の通り、民主党最大の支援組織である労働組合「連合」には日教組が加盟しており、日教組出身の議員が民主党にはたくさんいるからであります。民主党政権下で教育が歪められることを危惧しています。

地方の場において私たち地方議員は、常に教育委員会に対して、この新しい教育基本法を教育現場で反映することを強く求めています。
また、民主党政府の教育政策により、我々の策定した新教育基本法の精神が歪められることがないよう、断固戦って参ります。


教育とは学校という教育現場だけでなく、家庭で、社会の中で取組むべきものであります。親が、大人がそれぞれの生活の中で、自信と誇りを持って真面目に、そして堂々と生きる姿を見せることこそが、子ども達に対する最良の教育となるでしょう。


私は「守るべきものがある」をモットー政治活動をしてきました。守るべきものは何か。それは日本の悠久の歴史を想い、そこから培われた日本人の価値観です。これこそが私たち日本人の誇りそのものなのです。次の世代が日本人としての誇りを持つことができるように、今を生きる我々が正しく凜として生きなければなりません。それこそが未来への責任だと思っています。


平成23年12月12日
                                      
         
京都府議会議員  菅谷寛志 拝

☆此方の返信

返信① 菅谷議員の主張は、日韓親善京都府議会議員連盟は超党派の府議会議員で組織しており、その目的は日本と大韓民国の友好親善を図るものであり、地方自治体としての外交活動です。ということですが・・・

まず、菅谷議員の行わなければならない事は、質問①にも記載した通り韓国政府、韓国民潭が主張している「日本による強制連行」「日本の官憲による強制慰安婦問題」です。
この問題は歴史学で証拠価値のある第一次資料、第二次資料で韓国民潭の主張は捏造であるということが立証されています。
この事が原因で在日韓国人と良識ある情報弱者でない日本人が歴史認識の相違から共生出来ないでいます。これでは多文化共生社会を築くことは出来ません。京都だけでも、京都から、長年に渡ってきた日本人と韓国人の蟠りを解こうではありませんか!菅谷議員から韓国民潭京都団長に要請してください。ここから始めないと真の友好など築ける道理はありません。

そして、日韓関係のトラブル、日本に誇りを持てない人間を生産している元凶は菅谷議員が所属する自民党の河野洋平が根拠も無く出した「河野談話」が、癌の一つなのです。菅谷議員が日韓友好、子供を日本に誇りを持てる人間に育てたい!と願うなら、先ずは「河野談話撤回運動」を始めるのが道理だと思います。どうか、「河野談話撤回運動」を議員レベルで開始して下さい。私は微力ながら「河野談話の白紙撤回を求める市民の会」http://shukenkaifuku.com/tokushu/kouno_member.htmlで、撤回活動を手伝っている一人です。是非、思案して回答下さい。

返信② 菅谷議員の主張は、確かにご指摘の通り、日本と韓国や中国の間には歴史認識の違いがあります。その違いによって他国から何を言われようが、様々な団体が何を言おうが、そのようなことで私たちの歴史観が揺らぐようなことがあってはなりません。歴史観とは、たかだか50年や100年といった細切れのものから形成されるべきものではなく、2600余年という我が国、わが民族の悠久の歴史に想いを馳せたとき、そこから生まれてくるものであります。
その中にこそ日本人としての価値観があり、それを自覚し、民族としての誇りや、世界に類をみない日本人の精神性に自信を持つべきであります。
仮に他国の主張によって日本人の歴史観が揺らぐようでは、あまりにも情けないではありませんか。
かつて日本人は世界一誇り高い民族と言われました。今一度、私たちのDNAの中に刻まれた民族の誇りを取り戻すべきではないでしょうか。 
民族の誇りとは、他との比較によるものではなく、我々日本人が自らに誇りを持って正しく生きているかどうかです。 ということですが・・・

菅谷議員は、自分がしっかりしていれば誇りは保てると言いますが、何も反論しないと国際社会では、ありもしない日本の犯罪行為が存在したと認めた事になるのが国際基準であり国際常識です。個人的な問題ではなく、公の問題なんで菅谷議員の反日団体への沈黙は日本国に対して悪行を積む事になります。

そして、自国に誇りを持てないように教育しているのが「日教組、全教」であり、この連中を排除しないと、純白な子供の魂に、一旦捏造された歴史認識を植付けられたら洗脳から解くことはかなりの体力が要ります。菅谷議員は自分がしっかりしていれば誇りは保てると言いますが、子供がしっかりしていたら教育など必要ない訳で、反日団体の教員によって教育されるのですから、声高に「日教組、全教」に抗議するのが菅谷議員の役目です。

なので、質問②にも記載した通り、韓国民潭、京都教職員組合との共闘により主張している「最早、平成の時代では通用しない出鱈目な歴史洗脳」によって日本の子供達は自分の先祖、民族性を誇りに出来なく、将来の日本を担う子供達に影響が出ています。教育委員会がしっかりした認識を持っていれば韓国民潭、京都教職員組合が何を主張しようが放置しておけばいいのですが最早、教育委員会も反日組織に脅え、堕落しているのが現状です。是非とも菅谷議員から「韓国民潭京都団長」、「日教組、全教」「教育委員会」に、日本の将来を担う子供に日本に誇りを持てないようにする精神テロを止めて頂くよう要請してください。

最後に、菅谷議員の日本を愛する思想は十分理解しましたが「人は何を言っているか?では無く、どういう行動をしているか?」が大事だと確信していますので行動で示して下さい。

知行合一です。

上記の返信①②に対しての回答を平成24年1月13日までに返信下さい。





[PR]
# by 99jounokai | 2011-12-25 19:45 | 反日議員

ネットオタクの似非サヨク君、ちゃんと判例ぐらい見つけろよ(爆)得意のネットには載ってなかったのかな?

似非サヨクウオッチャーの友人の金光から情報を得ました。

●似非馬鹿ネットサヨクの主張

西村斉は、12月21日、神戸市職員の撮影禁止の要請に対し、「公務員には肖像権などない、最高裁判例がある」などウソをつき、悪態をついている(最高裁はこんな判例を下していない)と、ほざいているようですね(爆×220000000000000000000000000000)

こいつも、札付きの似非サヨクで、自分の宿命を受け入れられない、しょうもない氣の流れの悪い、精神崩壊の、魂が腐った、的外れの批判ばかりで人生を無駄に過ごす輩のようなので、ネットと言えども氣が流れているので、負のオーラが此方に伝染したら困るので今回一回だけ反論してあげましょう。(哀)

そういえば、似非サヨクは役所に雪崩れ込み、反日不当要求する時の動画を配信しないよね?

あ、そうか!解かった!悪事が国民の目に触れると困るからですよね!(笑)

我らには道理があるから全世界の人々に見られても平気なんですよ。

これが本当の地球市民だよ(爆)

●特別に説明しましょう。

基本、日本には肖像権を規定している明確な法律は無いようです。

なので、判例で判断すると「違法となるかどうかの境目は、撮影された被撮影者の社会的地位、活動内容、撮影の場所、撮影の目的、撮影の社会的必要性等を総合的に考慮して、被撮影者の人格的利益の侵害が社会生活上受忍の限度を超えるものといえるかどうかを判断して決すべきである」 というのが最高裁判断です。

1 社会的必要性を充たせば公務員に肖像権がないのではなく公務に肖像権がないんです。

2 社会的必要性を充たせば行政が物事の行使を行う時に国民の目に曝す事が出来なければ権力の暴走を招く恐れがあるので撮影は不法行為では無い。

3 社会的必要性を充たせば国民の為の公僕としての公務なので、その公務は常に国民に透明性を証明する義務があります。

4 判例においては、肖像権侵害の有無は、その人の社会的な地位や公益目的があるか否か?などを総合的に判断して決定されます。
「公務員」とか「公務中」という単純な基準だけで肖像権がどうのこうの決める訳ではありません。
現実には、社会的必要性を充たせば公務中の公務員の場合は公益目的があるということで、撮影行為は認められる。

5 判例で、肖像権は人のプライバシー上に発生するとの判例から判断すると、国、地方公共団体からの命令で公務に就いてる公務員はプライバシーの範疇で行動していないので、公務中の公務員には肖像権は無いことになる。

6 社会的必要性を充たせば公務員と言うより公の場、公務中での撮影活動は全て認められる。
しかし、撮影行為が社会的必要性を充たしていなく、又は正当な理由も無く撮影を続ければ公務執行妨害になってしまう場合もある。

よって、社会的必要性を充たしている案件においての公務員との面談の際に公務員が撮影を拒む行為は、刑法193条(公務員職権濫用)1項 公務員がその職権を濫用して、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害したときは、二年以下の懲役又は禁錮に該当する。

仮に、社会的必要性があるか?ないか?の判断が微妙な場合でも「公務員の法益よりも国民の法益の方が重視される」という判断が刑法学界の見解である。

以上

[PR]
# by 99jounokai | 2011-12-24 21:51 | 法律、条令、規則等

差別が無いと困る週刊金曜日から詫び状が届き、12月23日号9ページにも謝罪文を掲載させました。

★反日似非人権団体は差別を無くす事よりも、差別が無くなると困るという事を私が立証しました!

捏造してまでも差別をでっち上げるのが法務省人権擁護局、役所の人権課、似非同和、朝鮮団体等の反日似非人権団体です。この現実も私が立証しました。

流石に、今回は調子に乗りすぎて、証拠も無いのに、似非サヨクの印象操作情報を鵜呑みにして記事を書き、いちびった結果、●●による立件を恐れて「差別でっち上げ」に謝罪して来たのでしょう。爆

●解決までの簡単な経過説明

一 在特会元幹部が法廷で暴言
「朝鮮人は人間でない」
(2011/2/18)
 二〇〇九年一二月、京都市の朝鮮初級学校を襲撃し、威力業務妨害罪や器物損壊罪等で逮捕・起訴された排外主義集団「在特会」(在日特権を許さない市民の会)の関西の元幹部が、二月七日に京都地裁で開かれた公判において、「朝鮮人は人間ではない」などと暴言を吐いた。
 この元幹部は、「在特会」の京都支部長などを歴任していた西村斉被告。同年一二月四日に他のメンバーと京都市南区の京都朝鮮第一初級学校に押しかけ、「北朝鮮のスパイ養成所」「日本から出て行け」などと拡声器で罵声を浴びせ、授業を妨害するなどした。
 西村被告は一〇年四月、徳島県教職員組合事務所内にも押しかけ、拡声器で「売国奴」「朝鮮の犬」などと怒鳴り、業務を妨害したとして逮捕。昨年一二月に、徳島地裁で有罪判決を受けている。
 二月七日の公判で西村被告は、朝鮮初級学校の襲撃事件について「愛国心と正義感に燃えてやった」などと犯行について居直り、さらに戦後初期の混乱期に「朝鮮人が日本人に危害を加えた」などとして、「朝鮮人は人間ではない」と被告席で述べた。
 これまで在特会は関西地方で、〇九年一一月に従軍『慰安婦』問題に取り組む宝塚市の大島淡紅子市議の事務所を襲撃するなどさまざまな暴力行為を繰り返している。だが、京都・徳島で起こした事件で西村被告ら主要幹部が逮捕されたため、以前よりも活動力が落ちているという見方もある。
成澤宗男・編集部


 上記、記事についてですが貴社は何処からの情報でこんな出鱈目な記事を全世界に発信されたのでしょうか?間違いなく云えるのは当日、裁判を傍聴して書いた記事ではないのは明らかである。西村氏は、公判で「朝鮮人は人間ではない」などという暴言は吐いておらず、裁判記録でも明らかである。この記事を見た西村氏の朝鮮人の友人から「斉は本当にそんな暴言を吐いたのか!」と私の所に猛抗議がありました。西村氏は裁判で「自分は朝鮮人の友人が全友人の4割近くいるのでその朝鮮人の友人の前でも発言出来る言葉しか発言しないようにしている」とハッキリと裁判で述べている。これは西村氏と朝鮮人の友人との信頼関係を害う許し難い捏造記事である。
 参考に述べますが西村氏は今まで「ゴキブリ」「ウンコ」「蛆虫」等の発言は一度も発しておりません。理由は上記の通りです。
 このメールは西村斉氏も了解しているメールです。又、西村氏からこの件に対して代理を委任されております。私の身分は街頭には参加しませんが西村氏、荒巻氏を支援している主に法的運動を展開している者です。
 よって、西村氏に対しての貴社による名誉毀損等に抵触する大問題でありますので名誉回復の為「週刊金曜日」での訂正文と謝罪文を希望する。

★上記の要請文を4度に渡り金曜日側に送付しましたが梨の礫でした。


二  人権侵犯被害申告書を京都法務局人権擁護課に提出

氏名 

電話番号 

京都地方法務局提出

①申告をしようとする人(申告者)に関する事項
・年齢 
・電話番号 
・氏名 チョンチョメオ
・住所 

●時 平成23年2月18日から平成23年4月15日
 場所
1 週刊金曜日WEB http://www.kinyobi.co.jp/backnum/antenna/antenna_kiji.php?no=1782

②申告したい行為の内容
被害を受けた人 
相手方
名前 週刊金曜日編集部 成澤宗男

●どのようなことをされましたか,また,どのような被害を受けましたか
1 証拠資料の記事について友人に下記の要望書を平成23年2月18日、3月5日、3月19日に送信してもらいましたが一向に梨の礫で困っております。

●上記、記事についてですが貴社は何処からの情報でこんな出鱈目な記事を全世界に発信されたのでしょうか?間違いなく云えるのは当日、裁判を傍聴して書いた記事ではないのは明らかである。西村氏は、公判で「朝鮮人は人間ではない」などという暴言は吐いておらず、裁判記録でも明らかである。この記事を見た西村氏の朝鮮人の友人から「斉は本当にそんな暴言を吐いたのか!」と私の所に猛抗議がありました。西村氏は裁判で「自分は朝鮮人の友人が全友人の4割近くいるのでその朝鮮人の友人の前でも発言出来る言葉しか発言しないようにしている」とハッキリと裁判で述べている。これは西村氏と朝鮮人の友人との信頼関係を害う許し難い捏造記事である。
 参考に述べますが西村氏は今まで「ゴキブリ」「ウンコ」「蛆虫」等の発言は一度も発しておりません。理由は上記の通りです。
 このメールは西村斉氏も了解しているメールです。又、西村氏からこの件に対して代理を委任されております。私の身分は街頭には参加しませんが西村氏、荒巻氏を支援している主に法的運動を展開している者です。
 よって、西村氏に対しての貴社による名誉毀損等に抵触する大問題でありますので名誉回復の為「週刊金曜日」での訂正文と謝罪文を希望する。

③人権擁護機関の関与を求める理由
1 相手方に対し,人権侵害行為をやめるよう注意してほしい
2 相手方との話合いを仲介してほしい
3 被害を回復する方法等について助言してもらいたい

★しかし、人権擁護課は確認もせずに「金曜日の記事は事実であるので調査を開始しない!」という事でした。その上、事実なら立証責任は金曜日側にあるにも関らず「事実で無いなら西村さんが証明して下さい!」という理不尽な事を言った。やはり、ズブズブの仲良し同志である。余程、我々に差別発言を行って貰わないと利権も含めて困るのが似非人権団体である。

三 法務省本店に意見書を提出

平成23年5月30日に京都地方法務局人権擁護課に下記を申告した件で平成23年7月11日に回答がありましたが到底納得がいく回答ではなかったので法務省に申し入れをします。


週刊金曜日WEBの平成23年2月18日掲載記事について「西村斉は2月7日の公判において朝鮮人は人間ではない」と発言したと記事にした件についてですが私がそのような発言をしていないのは担当弁護士等、傍聴人の証言からも明らかですので人権侵犯で申告したのですが・・・

京都地方法務局人権擁護課の回答
報道された内容は公共の利害に関する事実に属するものであり人権侵犯救済手続きを開始しないという回答でした。

此方の意見としましては、当初から京都地方法務局人権擁護課は発言の真偽を立証する義務があるのは記事を掲載した週刊金曜日側にあるにもかかわらず、私に「発言していないのなら証拠を持って来い」というような理不尽なことを要求したので、人権擁護課長に記事を掲載した週刊金曜日に立証義務があるので、週刊金曜日に発言の真偽を立証するように要請していただきたいと要望したのですが京都地方法務局人権擁護課は当たり前の、私の要望さえも週刊金曜日に対して要請した形跡も無い。なので、筋違いですが私が公判記録を手に入れて確認してみたところ、私が「朝鮮人は人間ではない」ということを発言した記録はありませんでした。よって京都地方法務局人権擁護課に対して平等に人権侵犯の救済手続きを開始するように助言していただきたい。

★何と!法務省本店も事実確認、裁判記録を確認しないまま、私が法廷で「朝鮮人は人間ではない!と発言した!」という京都法務局人権擁護課の見解を支持したのである。

最早、罰則が無いだけで人権侵害救済法は起動しているのである。

流石、人権侵害救済法を利権にしたくて仕方が無いのが法務省です。

ありもしない差別発言を捏造してまでも、差別事実をでっち上げてでも、又は差別があればある程、好都合なのが法務省です。

四 京都地方検察庁に告訴状を提出

平成23年8月10日
京都地方検察庁検察官殿

告訴人  
氏  名  西村斉

被告訴人
住所  東京都千代田区三崎町3-1-5 神田三崎町ビル6F
職業  株式会社金曜日 週刊金曜日編集部
氏名  成澤宗男


1 告訴事実
 被告訴人は2011年2月18日の週刊金曜日WEB記事(証拠資料①)金曜アンテナで「西村斉は平成23年2月7日の公判において朝鮮人は人間ではない」と発言したと記事にした。しかし、私がそのような発言をしていないのは担当弁護士等、傍聴人の証言からも明らかですが念のため、私が公判記録(証拠資料②)を手に取って確認してみたところ、私が「朝鮮人は人間ではない」ということを発言した記録はありませんでした。よって、許し難い捏造記事によって告訴人の名誉を著しく毀損されたことは勿論、親族、日本人の友人、告訴人と告訴人の朝鮮人の友人との信頼関係を害う行為で莫大な信用毀損等の人権侵害を受けた。
尚、この名誉毀損罪事件は平成23年2月18日から平成23年8月10日現在でも継続して続いている。

2 罪名及び罰条 
被告訴人は刑法230条名誉毀損罪に該当する。

3 告発の趣旨
①被告訴人は2011年2月18日の週刊金曜日WEB記事(証拠資料①)金曜アンテナで「西村斉は平成23年2月7日の公判において朝鮮人は人間ではない」と発言したと記事にした。しかし、私がそのような発言をしていないのは担当弁護士等、傍聴人の証言からも明らかで、私が公判記録(証拠資料②)を手に取って確認してみたところ、私が「朝鮮人は人間ではない」ということを発言した記録はありませんでした。
そして、証拠資料①の記事について、被告訴人に訂正をするように証拠資料③の要望書を平成23年2月18日、3月5日、3月19日に送信しましたが一向に梨の礫でした。
又、週刊金曜日WEBの平成23年2月18日掲載記事について京都地方法務局人権擁護課に人権侵犯で申告したのですが、京都地方法務局人権擁護課の回答は報道された内容は公共の利害に関する事実に属するものであり調査の結果、人権侵犯救済手続きを開始しないという回答でした。
しかし、当初から京都地方法務局人権擁護課は発言の真偽を立証する義務があるのは記事を掲載した週刊金曜日側にあるにもかかわらず、私に「発言していないのなら証拠を持って来い」というような理不尽なことを要求したので、人権擁護課長に記事を掲載した週刊金曜日に立証義務があるので、週刊金曜日に発言の真偽を立証するように要請していただきたいと要望したのですが京都地方法務局人権擁護課は私の当たり前の要望さえも週刊金曜日に対して要請した形跡も無い。なので、筋違いですが私が公判記録を手に取って確認してみたところ、私が「朝鮮人は人間ではない」ということを発言した記録はありませんでした。よって、週刊金曜日による記事の訂正、謝罪、京都地方法務局人権擁護課による人権侵犯救済処置も期待できないと判断し、告訴する。

よって、被告訴人に対し速やかに厳重に処罰する事を求める。

4 証拠証明資料
①週刊金曜日WEBの金曜アンテナ平成23年2月18日の記事
②平成23年2月7日の公判記録(平成22年(わ)第1257号、第1641号)この証拠資料は理由は不明だが公判進行関係者(弁護士等)の取り決めで原則、告訴人の手に渡る事が禁止されている為に添付出来ない。
③週刊金曜日に訂正を要望したメール

以上が告訴状

五 一向に事実を基に誠を解いても反日団体と仲良しの京都地方法務局人権擁護課、法務省本店が理不尽にも動かないので、京都地方法務局人権擁護課に街宣をかけて、やっと、人権侵犯救済調査を開始させたのですが京都地方法務局人権擁護課から書面が届きました。

京都地方法務局人権擁護課によると週刊金曜日が西村斉さんに行った行為は人権侵犯の疑いがあるので「人権侵犯救済調査を開始したのですが西村斉さんが本件問題で週刊金曜日を京都地検に告訴した告訴状が受理され捜査に入っているようです。よって、人権侵犯救済調査規則により調査を中止しなければならないと定められているので中止します」というような書面が届きました。

六 12月20日に週刊金曜日側から、詫び状と、週刊金曜日平成23年12月23日版の9ページに訂正と謝罪文を掲載した週刊金曜日が送られて来ました。

尚、詫び状には、名誉毀損罪立件に怯えて、「捏造記事をネット上からも削除し、今後はこのような事態のないよう努めてまいります」という謝罪文が添えられていた。

以上



[PR]
# by 99jounokai | 2011-12-24 17:25 | 反日週刊誌

京都府山田知事から回答が届きましたが歯抜けの回答しかしないので再送付しました

予定通り(爆)①②⑤⑥⑦⑧⑨の回答はありませんでしたので真摯に質問に答えるようにと質問状を再送付しました。

東京の議員が質問しても朝鮮利権絡みになると役所は回答を拒むようです。
全国共通のようです。朝鮮絡みになると空気が、がらっと変わるのが感じるらしいです。

普段、威勢の良い自称保守議員でも朝鮮絡みの肝心な場面に出くわすと怯むようです。(笑)

●京都府からの回答
山城乃国企画 西村 様
 この度は、京都府のホームページに御意見をいただきましてありがとうございました。
 平成23年12月10日付でいただきました「朝鮮学校の実状に関する情報提供及び朝鮮学校に対する補助金廃止要望及び質問状」につきまして、本府では文化環境部及び総務部が担当しておりますので、両部からの回答をお送りさせていただきます。

(1)朝鮮学校関係の御質問について(担当:文化環境部文教課)
   (御回答)京都府では、専修学校・各種学校教育の振興を図るため、補助制度を設けています。
       補助金の対象は学校運営費や教科書、教職員の人件費等ではなく、生徒の教育に直接必要な教材費や学校図書などの経費に限定しており、各種学校である朝鮮学校に対しても、申請に基づき審査を行った上で補助しているところです。

(2)拉致問題関係の御質問について(担当:総務部総務調整課)
  (御質問)「③山田知事は公務員の責務である北朝鮮人権侵害対処法第3条(拉致問題解決への努  力義務、地方公共団体の責務)をどうお考えでしょうか?」
  (御回答)京都府としては、北朝鮮による日本人拉致問題が、我が国の外交問題でも最重要課題であり、また絶対許されない問題であると考えております。
  まさに政府の専権事項として頑張っていただかなくてはなりません。
  そのため、京都府としては、そうした政府の交渉を支えるために、これは絶対に許されない問題だということを広く世間にアピールをしていくという役割を担っていると考えており、これまでから一刻も早い全面解決につながるよう多くの府民の皆様に関心を持っていただくため、啓発活動などの継続した取組を行っております。

  (御質問)「④日本人を拉致した国、主犯をお答えください。」
 (御回答)法律にも明記されているとおり、北朝鮮当局による日本国民の拉致問題だと認識しています。

 以上でございます。どうぞよろしくお願い申し上げます。

  (京都府総合お問合せ窓口)府民総合案内・相談センター センター長 中澤 弘

[PR]
# by 99jounokai | 2011-12-22 19:22 | 朝鮮総連系

兵庫県井戸知事から回答が来ました

此方の質問 http://iyakichi.exblog.jp/15072390/

上記の質問に対して兵庫県井戸知事から回答が来ましたが、北朝鮮人権侵害対処法、拉致問題に関する質問④⑤は回答して戴きましたが、他の質問①②③⑥⑦は無回答でした。
なので質問①②③⑥⑦の質問に回答するよう再送付しました。

井戸知事は拉致問題啓発は公務員の責務なので仕方なく行動していますが、朝鮮学校と北朝鮮、朝鮮総連との密接な関係には目を瞑り何が何でも補助金を投入したいのでしょう。 

●兵庫県井戸知事からの回答
本県では、昭和57年度から、外国人子女に対する教育の機会均等を図るとともに、外国人学校の運営に資するため、知事が学校教育法に基づき各 種学校として認可している、県内の朝鮮学校を含む外国人学校12校に対し、 外国人学校振興費補助を実施しています。これは、補助金交付要綱に基づ き、「専任教職員人件費」や「教育研究経費及び管理経費」等に対して補助するものです。
また、平成22年度から、外国人学校を含む私立高等学校等の授業料について、国の就学支援金が支給されてもなお、生徒世帯の負担が残ることから、県が助成を行うことにより負担を軽減する、私立高等学校等生徒授業 料軽減補助を実施しています。朝鮮高級学校についても、①国内の多くの大学が受験資格を認めており、多数の生徒が国公立大学及び私立大学に進 学していること、②スポーツ面においても、インターハイや、サッカー、 ラグビー等の高校選手権大会等への出場資格が認められていること、③就 職した生徒についても、他の高校の卒業生と同様に兵庫の経済を支えてくれていること等から、高校に準じた機能を果たしており、基本的に他の外国人学校と差を設ける必然性はないと考えています。
いずれの補助金についても、翌年度に学校法人から提出された補助事業 実績報告書により、その実績を確認しています。また、今年度は、現地に 赴き、平成22年度補助金の実績について、関連書類の調査・確認を実施しています。
次に、拉致問題について、わが国では、17名の方が政府によって「北朝 鮮による拉致」の被害者として認定されているほか、特定失踪者として 「北朝鮮による拉致が疑われる」方々も多数にのぼります。将来の夢を奪 われた方々の中には、有本恵子さん、田中実さんをはじめ、兵庫県と関わりのある方も少なくないことから、知事以下、卑劣な行為に対し大変心を痛めています。
本県では、これまでも知事をトップに、拉致問題解決に向けて積極的に取り組んでいます。拉致被害者の家族会の方々や拉致被害者救済のために活動されている方々と、知事が何回も面談してお話を伺い、北朝鮮による拉致被害者を救出する知事の会に参画して、内閣総理大臣、拉致問題担当大臣をはじめ政府関係機関に対し、真相究明や問題解決のための要望を繰り返し行ってきました。有本恵子さんのお母様、嘉代子さんからつけていただいた、拉致被害者の救出を求める運動のシンボルであるブルーリボンを、知事は常に着用し、率先して運動を進めています。
また、県庁舎ロビーに問題解決を願う署名用紙や啓発ポスターを設置しているほか、救う会が神戸・三宮で実施している街頭署名活動に知事や県職員が参加して署名を呼びかけるなど、拉致問題の早期解決に向けた機運の醸成に努めています。
拉致問題の解決のためには、外交努力を積み上げていくことはもちろん、国民一人ひとりが関心と認識を深め、国際社会と連携して強く働きかけていくことが大切です。県民の安心・安全を担っている県として、県に関わりのある方をはじめ被害者全員がご家族の元に帰られる日まで、国等と連携を図りながらメッセージを発信し続けるなど、解決に向けた取組を続けてまいります。

(外国人学校に対する補助について)
■企画県民部管理局教育課私学第2係
 TEL  078−362−3105
 E-mail kyouikuka@pref.hyogo.lg.jp

(拉致問題の解決に向けた本県の取組について)
■産業労働部観光・国際局国際交流課地域国際化係
 TEL 078−362−3025
 E-mail kokusaikoryu@pref.hyogo.lg.jp

 平成23年12月16日

 西村 斉 様

兵庫県企画県民部知事室長

平 野 正 幸

[PR]
# by 99jounokai | 2011-12-19 17:10 | 朝鮮総連系

誰が見ても逃げ逃げの戸田先生から卒業します!今まで有難う!ほーたーるのひーかーぁりー爆

http://iyakichi.exblog.jp/15074877/

戸田先生、俺があんたに申し入れたのは上記記事申し入れだよ。どうなってるの?(爆)

此方の申し入れに対しての回答を自分のホームページにも掲載せず、当事者である此方にも回答を拒んでいる戸田が身内にだけに「公開回答メール」と称して言い訳メールを流しているようです(笑)
最早、相手にする必要はありませんね、此方が情けなくなります。
本物の左翼と違う日本特有の似非サヨクとはこういうレベルです。
戸田と直接絡むのは今日で卒業です(爆)
それと、公開回答メールてなんですか?何処に回答してるの?ねぇ戸田先生!
戸田が僕ちんに「今回は特別サービスで回答してやる!」て言ってるらしいけど、此方に届いてないよ!本来なら僕ちん見れなかったんですけど(爆)何故?僕ちんが見れない他で回答して直接回答出来ないの?たまたま、金光という友人から送られて来て戸田の公開回答メールとやらを拝見できたんでちゅよ(爆)
アンタもう終わってるよ。ハイ、お終い!却下!
慰安婦問題の一級資料どうなってるの?はやくぅー出してよ!意地悪!の戸田ちゃん(爆)

ところで本題の、戸田先生がばら撒いている言い訳を読むと・・・

戸田・・ 西村斉よ。「戸田先生に公開討論を申し入れる」(12/8メール)だの、「回答期限は12/15までですよ~」(12/15メール)だのと勝手なゴタクを並べて来たが、今年4月に「威力業務妨害罪・侮辱罪」(京都朝鮮学校襲撃事件)、「建造物侵入罪、威力業務妨害罪」(徳島県教組襲撃事件)で「懲役2年・執行猶予4年」を喰らったばかりの「バリバリの犯罪者」の分際で何を抜かしているのか!?という事ですが・・・

弱者救済をお題目に唱えているアンタが、通行料をケチって障害者手帳を偽造して阪神高速を使用した人間と連るみ悪行を企み共闘しているアンタに言われる筋合いはありません(爆)此方には義があるのですよ。良識者なら理解できる事です(笑)もう、ええて!(爆)
犯罪行為にされた件は「非理法権天」という事で、何とも思ってないし、後に必ず「因果応報」の報いを受けるのは朝鮮総連ですよ。それが人間学です。

戸田・・お前は小学生の子ども達を差別怒号で脅かし、女性事務員しかいない室内に乱入して差別怒号で脅迫する、それも集団の威を借りて行なうという、大人として恥ずべき蛮行を行なって逮捕されて内心半ベソ状態になり、裁判では「違法と判断されれば活動手法を改める」と媚びを売って執行猶予をもらい、有罪判決には何ら公に文句をつけず、控訴せずに自ら有罪を確定させて、「執行猶予」をせしめたおかげでかろうじて娑婆にいる事を許されているゴロツキ犯罪者ではないか。ということですが・・・

もういいよ!戸田先生!分かった分かった!(爆)
誰の目から見ても子供、メンタを虐めてるなんて主張してるのはお前ら位だよ。得意の印象操作は通用しないよ!来年は平成24年だよ!戸田先生!メガネ曇ってないですか?(爆)
僕が怒鳴ったのは子供、女でなく「朝鮮総連傘下の職員と日教組の大物」ですよ(爆)
ならば、戸田先生!アンタの仲間である京都の反日団体に、京都の反日団体の連絡先多数を85歳を過ぎたババアの家にするのを改めるよう言えよ!抗議されて当たり前の行動をやっておいて、ババア老人宅住所を事務、連絡先にする方が卑怯で問題だろ!(爆)

それに、媚を売って執行猶予などもらってないよ!(笑)僕ちんは「今回、違法と判断されるなら法治国家なので責任を取って罰を受け、今回の件が違法と判断されれば今後、活動手法を変えて行動して行く事は、ここでは言いませんがそれは逮捕前から手法も決定してます」「朝鮮学校、日教組は、これ位で済んで有難く思って貰いたい」「これからも相手の嫌がることする」「反省は未成年者を巻き込んだことだけで行動に関しては反省はしていません」等と言ったんですよ!どうしても僕ちんをヘタレにしたいようですね。(爆)

戸田・・そんなヤツの言ってくるゴタクに、公務多忙の議員たる当方が応じてやる必要も義務もさらさら存在しない。
お前が当方に相手をして欲しければ、最低限、上記2事件について真摯で全面的な謝罪反省文を公表し朝鮮学校側と徳島県教組側の許しを得る事と、個人的・自発的に相手方に最低100万円以上のお詫び金を差し出す事だ(お前らが起こされている賠償請求裁判の進行とは別個に)ということですが・・・

逃げた!!!大爆笑!!!この一言です。僕ちんはアンタと絡むのは卒業です。逆にアンタの態度は逃げです(爆)卒業と逃げは違うんですよ!誰が見ても解かるよ。今回のザイトク排除条例の件はアンタが不当要求だよ!俺は当事者だよ、聴聞位は行ってくれよ!(爆)ここは北朝鮮やシナじゃなく日本だよ!戸田ちゃん!!!!
それと、謝罪したら、此方の希望通り慰安婦問題で公開討論会開いて貰えるんですね?じゃ、謝罪しようかな?されたら困るでしょう?戸田ちゃん!(爆)外道には言霊なんぞ意識しなくても怒鳴り倒すだけでいいんですけど、本来は言霊を大切にしてるから心にも無いことは言えないよ(笑)残念!!
それに、公務多忙の議員で俺らを相手にしていないなら、俺らを自分のホームページで議題にするなよ、それは、アンタが俺らの存在価値を認めているという事だよ(笑)要は、俺らと絡むことで自分の存在価値を作り出し生き甲斐、利権にしてるんですよ、アンタは(爆)「在特会関連なら戸田にお任せ!」という存在になりたいんだろ?良識者は皆、そう言って笑ってるよ!戸田ちゃん!(爆)

戸田・・西村斉よ。執行猶予をせしめたからと言って、いい気になって暴れたりイチャモンつけ行動を繰り返していいってもんじゃないぞ。「西村斉の性根をほんの少しでも改善するには、刑務所送りにするしかない」としてお前の行状を気にかけてくれている人々が沢山いる事を忘れるなよ。ということですが・・・

僕ちんが、執行猶予打たれても呑気に怯まず大人しくならないのが、煙たくて悔しくて嫌なのね!戸田ちゃん!!因みに自由を拘束され、下らない懲役行く位なら・・・・・・しますよ!内緒だけど(笑)僕、愚民の様に「長生きして良いもの食べて、良い車乗って、良い女抱いて、良い家に住んで、良い服着て」という人間と違いますから・・・
あ、訂正します!僕ちん、それは飽きました!!!!(爆)

戸田・・在特会のゴロツキがやっていることは、たとえば公園の鳩の足を折ったり、子猫をナイフで惨殺するのと何ら変わらない弱いものイジメであり、それを政治的なスローガンという「正義」にくるんで自己陶酔にひたっているだけです。
そもそも大の大人がですよ、勝って当たり前の幼い子供相手に暴力をふるって泣かせる。これを批判することに、いったいどんな理屈が必要だと言うのですか!ということですが・・・

人権侵害発言ですね!(笑)それはアンタの先輩似非サヨクが昔、人間の良心を捨てる為とヘタレを克服する為にと小動物を捕まえて殺し、出血に馴れる事と、生物を殺すことに馴れる為に行った野蛮で卑劣な行為でしょう!(笑)公安当局なら知ってる事実ですよ。
やはり、バカチョン、チャンコロ思想の人間は自分達の行いを敵対する人間が行った行為に摩り替えるんですよ。慰安婦問題、虐殺事件等と同じですね!呆れて言葉も出ません(爆)
それに、何時?何時?何分?何曜日?に僕ちんが幼い子供に暴力をふるって泣かせたのでしょうか?これ問題発言ですよ!!問題にしますよ、戸田先生!馬鹿だね、アンタ(爆)呆れるよ。
それと、朝鮮総連や連合が弱者ですか???爆(弁護士97人対1人)

戸田・・朝鮮には「糞を避けるのは怖いからで無く汚いからだ」という諺があるそうです。なるほど今回の事態を一言で言い表していることわざだと思います。ということですが・・・

自分で原因を作っておいて、反撃されたら逃げる上記の例えは見事なヘタレ特有の逃げ口上ですね!
アンタ、大人の喧嘩しらんやろ(爆)

正解は、朝鮮には「糞を避けるのは怖いからで無く汚いからだ」じゃなく、朝鮮には「糞を薬にしたり、食用に使用したり、糞の側でも平気で寝られるんだ」という諺があるんですよ!(笑)

もう、飽きたよ!分かった、分かった、ハイハイ、戸田ちゃんアンタが一番!(爆)
お元気で!「ごきげんよう!」

[PR]
# by 99jounokai | 2011-12-18 09:22 | バカチョン

山田啓二京都府知事へ朝鮮学校補助金に関しての書面を送付


朝鮮学校の実状に関する情報提供及び朝鮮学校に対する補助金廃止要望及び質問状

京都府知事 山田啓二殿

★以下、情報提供

●在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)による流用が指摘される朝鮮学校への自治体補助金に関し、東京都の石原慎太郎知事は8日、都議会本会議で「来年度予算に計上しないことも含め、しかるべき時期に国民全員が納得するような判断をしたい」と述べた。平成24年度予算案の概算要求に盛り込まれた約2200万円の削除の検討に入る。

石原知事は野田数(かずさ)都議(自民)の質問に答え、菅直人前首相が指示した無償化審査の再開について「正気の沙汰とは思えない」と厳しく批判。教育内容と教育基本法との整合性についても「地方自治体がその責任で実態を調べる必要がある」と述べた。

行政の調査に合わせ授業実態や教科書を偽る例もあることから「都職員が張り付いて1週間でも1カ月でも実態を調査したらいい。それが許容できない相手に税金で補助する必要は毛頭ない」とも発言。朝鮮学校やその運営主体の学校法人「朝鮮学園」の許認可権者として、補助金制度の前提となる実態の徹底的な調査も必要との考えを示した。

朝鮮学校の教育内容が基本法に違反するかの判断について国は、昨年11月の参院文教科学委で高木義明文部科学相(当時)が「第一義的解釈は都道府県知事」と述べている。
産経新聞2011.12.9 01:33 http://sankei.jp.msn.com/life/news/111209/edc11120901360000-n1.htm

●「金正日将軍様のおかげで獲得できました」。朝鮮学校では、子供たちのためと自治体が支給する補助金をこう説明してきたという。学校を裏で運営する在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)直轄組織元幹部らの証言からは、補助金が朝鮮総連に流用され、保護者の負担軽減につながらず、資金の徴収が強化されてきた実態が浮かぶ。朝鮮総連と学校が一体となった運営を見過ごしてきた行政側の責任が問われている。

「確実なカネ」
「毎年、口座に確実に振り込まれる一番信用できるまとまったカネ」
朝鮮総連直轄組織「教育会」元幹部は、自治体からの補助金を朝鮮総連側が、そうみなしてきたと証言する。そのため「急ぎで必要だから」と数千万円単位での安易な流用が行われてきたという。
流用した資金はすぐに返還されることが多かったが、返されないケースもあった。放置すれば、流用が明るみに出る。埋め合わせに使われたのが「学校のために」と在日朝鮮人企業家や児童・生徒の保護者から募った寄付金だった。元幹部は「カネには名前が書いていない。帳尻合わせはいくらでもできた。寄付金は帳簿上、教材費に使ったことにした」と会計操作の実態を明らかにした。

各地の在日朝鮮人系金融機関「朝銀信用組合」では、朝鮮総連幹部の求めに応じて、朝鮮総連施設や朝鮮学校の敷地を担保にした安易な貸し出しが繰り返され、地上げなどの事業の焦げ付きで平成9~13年に次々破綻した。借り主である朝鮮総連が支配する体制のもと、チェック機能が全くなかったことが原因だった。破綻処理で約1兆4千億円もの公金が投じられたが、行政側は同じ過ちを繰り返そうとしている。
「補助金は総連のためになっても全く子供や保護者のためにはなっていない。補助金が増額されても保護者の負担は減らず、学費や徴収される寄付金は増える一方だ」。元幹部は、学費が増えても教員らへの給与支払いが滞っている状況に触れ、こう続けた。
「子供のために授業料を無償化するというなら、どこにカネが消えているのか、まずは実態を直視すべきだ」
産経新聞2011.11.18 10:00 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111118/crm11111810030004-n1.htm

●朝鮮学校への自治体からの補助金が、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)に流用されていた疑いがあることが17日、分かった。学校運営に関わる朝鮮総連直轄組織「教育会」元幹部が産経新聞の取材に「流用に関わった」と証言した。学校資金の流用に関する証言は複数あり、補助金を担保にした資金調達も行われていたという。補助金や無償化制度を根底から揺るがす問題で、朝鮮総連や行政側の説明責任が問われそうだ。
証言したのは、朝鮮総連地方本部で朝鮮学校運営を統括する教育部の傘下に置かれた「教育会」で、事務方の責任者だった男性。朝鮮学校は学校法人「朝鮮学園」が運営する形で都道府県から各種学校として認可され、補助金が支給されている。男性は「学園は学校認可や補助金を得るための表向きにすぎず、教育会が補助金を管理していた」と話す。
男性は学園名義の口座に振り込まれた補助金を各校に配分していたが、「総連幹部から『急いで金がいる』といわれ、数千万円単位の金を抜き出すことが度々あった」という。金は返還されないこともあったが、流用は教育会会長らしか知らず、児童・生徒の保護者からの寄付金などで補填(ほてん)し、帳簿上の帳尻を合わせたという。
朝鮮総連側が補助金を担保に在日朝鮮人系金融機関「朝銀信用組合」から借り入れをすることもあったという。ある自治体の担当者は「補助金の用途は毎年、実績報告書の形でチェックしている」と説明するが、男性は「行政のまともな調査は一度もなかった」と証言する。
別の朝鮮総連関係者も、「補助金を担保にした借り入れは、ごく最近まで続いていた」と話しており、朝鮮学校の統廃合に伴う敷地の売却などで生じた資金を朝鮮総連の運営費に充てたり、幹部個人が着服したとの証言も複数浮上している。
無償化審査を進める政府には、補助金使用の実態について徹底した調査が求められる。朝鮮総連は「産経新聞の取材はお受けしない」としている。

朝鮮学校無償化・補助金問題 
朝鮮学校への高校無償化適用をめぐり、反日・思想教育や朝鮮総連と一体化した不透明な運営に政府内外から批判が集まった。年計約8億円にのぼる自治体の補助金も停止する動きが出た。昨年11月の北朝鮮の韓国砲撃で菅直人前首相は朝鮮学校の無償化審査を停止したが、退陣間際の今年8月、明確な理由もなく再開を指示し、審査が進められている。
産経新聞2011.11.18 08:17 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111118/crm11111808200001-n1.htm

●朝鮮学校の学校法人理事会による運営が有名無実だった疑いが浮上した。議事録偽造、名義貸し…。元理事らの証言からは、学校運営が体をなしていない可能性さえ浮かび上がったが、国や自治体は在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)による学校支配を直視することなく、放置し続けてきた。専門家からは「学校認可の見直しに踏み込むべきだ」との声もあがった。

 ■補助金危機
「急に理事会議事録を出せといわれ、大騒ぎになった」。元朝鮮総連関係者は、議事録偽装が行われた当時をこう振り返る。
在日朝鮮人系金融機関「朝銀信用組合」の破綻で平成14年以降、担保となっていた朝鮮学校の施設が次々に整理回収機構(RCC)に仮差し押さえされた前後のことだった。
「負債が資産総額を上回っており、補助金を出せない」。運営の健全性を揺るがす事態に補助金を支出する東京都が朝鮮学校を運営するはずの朝鮮学園に理事会議事録の提出を求めた。
ここで提出されたのが、その場作りの議事録だったという。「まともに会議が開かれず、重要な決定は朝鮮総連の指示を待つだけだ」(元朝鮮総連関係者)。その後、都内の朝鮮学校の校庭などを売却して資金を作り、どうにか補助金停止は免れたという。補助金を管轄する都の担当者は「記録が残っておらず、確認できない」と話した。

■スクールバス運転手
「名前を貸しただけ」「自分が理事とは知らなかった」。NPO「救え!北朝鮮の民衆/緊急行動ネットワーク」(RENK)が31日に公表した理事の自覚のない証言の数々。
元理事の1人は産経新聞の取材に、自分は理事とは認識していたが、理事会業務は「参加したり、しなかったり」と言葉を濁し、「(朝鮮学校の)スクールバス運転手しかしていない」と投げやりに答えた。
理事会会議への出席を明言したのは、朝鮮学校の教員をしながら兼務していた元理事だけ。学校運営の独立性を保つため、外部の人間を交えるべき理事職を内部の教職員で埋め合わせていた疑いも浮かぶ。
RENK代表の李(リ)英(ヨン)和(ファ)関西大教授は「地方では、教職員の理事兼務はよくある。名簿に名前があるだけで自分が理事とも知らない人物もおり、過半数の出席が必要な理事会会議がまともに開かれていたとは考えにくい」とみる。

 ■「想定外」
各種学校として朝鮮学校を認可し、多額の補助金を投じてきた都道府県も認可の際に理事会名簿などを提出させたが、朝鮮総連や総連直轄の「教育会」が運営を担ってきた事実に目が向けられることはなかった。
李教授は「校長が朝鮮総連幹部や学園理事長、教育会会長を兼務していることもあり、朝鮮総連と学校が混然一体となっている」と指摘する。
ただ、朝鮮学校は児童・生徒数の減少で統廃合が進んできたため、都などは運営に重要な変更があったとして統廃合ごとに理事会議事録の提出を受けてきた。
議事録の正当性に疑問が出ていることに、都の担当者は「書類に不備がないか確認するが、議事録に虚偽があるとは想定もしていない」と困惑する。
拉致被害者の支援組織「救う会」会長の西岡力東京基督教大教授は「朝鮮総連が支配する実態を調査せずに補助し続けてきたことは重大な問題。理事会という学校としての法的根拠が揺らいでおり、政府は無償化審査を停止し、自治体は学校認可の見直しに踏み込むべきだ」と話している。
産経新聞2011.11.1 08:43 http://sankei.jp.msn.com/life/news/111101/edc11110108450002-n1.htm

以上が、報道されている簡単な情報提供ですが、勿論、山田知事もご存知だと思いますが再読して頂き、朝鮮学校への補助金支給を再考して頂くようお願いします。

                              
                   要望書

朝鮮学校は北朝鮮を礼拝し、朝鮮総連の指示で行う思想教育、朝鮮総連への補助金上納は教育基本法16条(学校以外の勢力が思想や団体の利害を持ち込むことを禁止しています)違反、そして明らかに朝鮮学校には公益性等ありませんから地方自治法232条の2(その公益上必要がある場合においては、寄附又は補助をすることができる)に違反しております。上記記事にもありますように、朝鮮学校は朝鮮総連の強い影響を受けており、北朝鮮(金正日)に忠実な朝鮮総連傘下の工作員養成学校である事は良識者なら誰でも理解している事実であります。その裏づけとして、朝鮮学校と朝鮮総連の関係においては、昨年十一月十七日の予算委員会で公安調査庁が「朝鮮総連は、朝鮮高級学校などの朝鮮人学校での民族教育を愛族愛国運動の生命線と位置付け、北朝鮮、朝鮮総連に貢献し得る人材の育成に励んでいる。朝鮮総連の影響は、朝鮮人学校の教育内容、人事、財政に及んでいると承知している。朝鮮人学校における教科書は、朝鮮総連の傘下事業体である学友書房が作製した教科書を用いて、北朝鮮の発展ぶりあるいは金正日総書記の実績を称賛する内容が含まれていると答弁している。
現に大阪の朝鮮学校の元校長と大阪朝鮮商工会の元会長と大阪商工会の補助工作員2人が北朝鮮工作員シンガンスと共謀して原タダアキさんを拉致した事も認定し、国際指名手配中の者もいます。その上、シンガンスらは横田めぐみさん、地村夫妻拉致にも関与した疑いもあります。
又、下関朝鮮学校の元校長は覚せい剤密輸で国際指名手配中であり、昭和53年には朝鮮学校の生活指導教員から指示され卒業生がタイからヘロインを密輸しようとして成田空港で摘発されている。朝鮮総連、朝鮮学校関係者はここには書ききれないほどの犯罪を犯している。
そして現在までに北朝鮮から450億以上ものお金が全国の朝鮮学校に流れています。反日本団体に全く京都府が補助する道理などありません。(2008年は北朝鮮から2億500万円が補助されている)
現実の事として北朝鮮の非道体制を支えているのは朝銀が破綻した今や、パチンコと朝鮮学校だとはっきりと元朝鮮総連財務局副局長が出版した著書「我が朝鮮総連の罪と罰」や、元朝鮮大学の教授が勇気を振り絞り命をかけて出版した「朝鮮総連・その虚像と実像」で明らかになっています。元京都出身の朝鮮総連活動家の暴露本「朝鮮総連(新潮新書)」によれば京都南区の初級学校を担保にパチンコ屋を建てたことも明らかになっています。これは北朝鮮からの指令で総連直系のパチンコ屋を建ててその上がりを北朝鮮に流すためだとハッキリと断言しています。こういう金が日本を危機に落とし入れるミサイル製造資金になったり、覚せい剤製造の資金になっていることから北朝鮮、朝鮮総連、朝鮮学校は一体なのです。いわば京都府が助成してる補助金はテロ国家北朝鮮を助けている事と同じなのです。拉致被害者家族の思いも考えて頂きたく思います。又、朝鮮学校の日本人と共生していけるはずもないとんでもない常識外の反日授業内容から良識ある在日朝鮮人の方は朝鮮総連、朝鮮学校から多数逃げ出しているのが現状です。一番不幸なのは北朝鮮、総連の維持の為に犠牲になり間違った歴史認識のもと日本人と心から通じ合うことが出来ない朝鮮学校の子供達であります。そして朝鮮学校が嫌になり子供を日本人学校に転入させようとすると悪質な脅し等によって妨害し、親の仕事まで奪ってしまうのが朝鮮学校のやりかたです。又、金正日の為なら命まで捧げよと訓示されてる地下組織「熱誠班」と呼ばれる優秀なクラス(ほとんどが総連上級幹部の子弟で一般の教員、生徒間でさえも誰が地下組織の生徒だかは知らないし、卒業後にはふくろう部隊、補助工作員、韓国に対して専門の工作員になりスパイ活動、尾行、暴行、脅迫、拉致等の任務を担う)の子供はチュチェ思想をもとに朝鮮大学に進学し北朝鮮式の間違った革命戦士として活動し、多数が工作員となり日本人拉致に手を染めた事実は上記暴露本の著書と共に40年間朝鮮学校の教壇に立った証言者が去年の夏「北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会」の機関紙「光射せ!」にも暴露手記を寄せております。
 そのような北朝鮮の工作員養成反社会的学校に京都府の血税を投入するのは京都府民として納得いく話ではありません。我々、府民の生命、財産、安全が侵されているのであります。
よって、京都府(山田啓二京都府知事)に要望します。税金を使い京都朝鮮学園に対し補助金を助成する行為は教育基本法16条違反、地方自治法232条の2違反に当たり、又、朝鮮学校(京都朝鮮学園)は拉致事件にかかわる朝鮮総連に補助金を上納していたという事実が報道等で明らかになっていることから、朝鮮学校は今まで虚偽申請で補助金を搾取していたのですから京都府の私立専修学校・各種学校教育振興費補助金交付要綱第8条(補助金の交付を受けた学校法人が次のいずれかに該当するときは、期限を定めて交付した補助金の全部又は一部の返還を命ずることがある。(1) 提出書類に虚偽の記載があつたとき。(2) 学校の経理に不正の行為があつたとき)違反に該当します。
この行いは犯罪行為なのですから本来なら補助するべきではなく、逆に今まで京都朝鮮学園に補助した補助金の返還を京都府の私立専修学校・各種学校教育振興費補助金交付要綱第8条に沿って求めるのが道理であります。
よって、拉致被害者、拉致被害者家族、京都府民の為に即刻、京都朝鮮学園に対する補助金を廃止するよう要望します。

平成23年12月10日

京都府知事 山田啓二殿

山城乃國企画
副長 西村 斉

●山田知事に質問です

①朝鮮学校というのは大阪朝鮮学校の元校長が北朝鮮人拉致犯シンガンスと共謀し日本人の原ただあきさんを拉致し国際指名手配を受けているのですが、ことについてどういう認識ですか?拉致されても、ミサイルを日本に飛ばされても山田知事が朝鮮学校に補助金を出し続けるのは何故でしょうか?

②40年間朝鮮学校の教壇に立っていた教諭が、朝鮮学校の卒業生の多くが「拉致に手を染めた」という「光射せ!」という手記を去年の夏に公に発表し朝鮮学校というのは「工作員養成機関」というのは良識者なら皆、知っていることなのですが、そんな学校に山田知事が補助金を出し続けるのは何故でしょうか?多文化共生以外の言葉で説明願います。

③山田知事は公務員の責務である北朝鮮人権侵害対処法第3条(拉致問題解決への努力義務.地方公共団体の責務)をどうお考えでしょうか?

④日本人を拉致した国、主犯をお答え下さい。

⑤朝鮮学校が朝鮮総連の指示で子供達の学び舎を担保にし、朝鮮総連の事業資金、活動資金を捻出し、朝鮮総連の不良債権と合わせて血税1兆4000億以上が朝鮮銀行に使われました。山田知事は、何故に、こんな朝鮮学校の子供達を担保に金儲けを行う朝鮮学校に補助金を出すのでしょうか?

⑥政府見解で、私立学校への助成に係る憲法第89条に規定する「公の支配」に係る解釈については、各種学校を含む私立学校については、学校教育法、私立学校法及び私立学校振興助成法による法的規制を受けていることから、「公の支配」に属しており、合憲であるとの判断が示されているが、情報提供した上記の記事のように新たな情報が出て来ても山田知事は朝鮮学校が「公の支配」に属していると言えるのでしょうか?もし、そうであれば根拠を述べてください。尚、京都朝鮮学園も朝鮮総連傘下で、京都朝鮮学園のみ独立してクリーンな運営をしているという事は皆無なので、この事を踏まえて回答下さい。

⑦補助金は、教育課程について、文部科学大臣が定めた学習指導要領の適用がない私立の各種学校を対象とする制度であることに鑑み、教員等の人件費や経常経費は補助対象とせず、教育機会の確保や修学上の経済的負担の軽減を目的とする趣旨から、「直接生徒の教育に必要な教育図書の購入、教育備品の購入や修繕に要した経費等に対象を限定」しているのですが、情報提供した上記の記事のような新たな情報によると、補助金は直接生徒の教育に必要な教育図書の購入、教育備品の購入や修繕に要した経費等には使用されておらず、補助金が朝鮮総連に上納されている事が明らかになっていますが、それでも山田知事は補助金を出すのでしょうか?尚、京都朝鮮学園も朝鮮総連傘下で、京都朝鮮学園のみ独立してクリーンな運営をしているという事は皆無なので、この事を踏まえて回答下さい。

⑧学校教育法第134条第2項において準用する同法第13条の規定により、私立の各種学校が、法令の規定に故意に違反したときは、都道府県知事は、当該各種学校の閉鎖を命じることができるとされているのですが、情報提供した上記の記事のような新たな情報によると朝鮮学校は明らかに法令違反であります。本来なら朝鮮学校は閉鎖対象なのは明白ですが、それでも山田知事は補助金を出すのでしょうか?尚、京都朝鮮学園も朝鮮総連傘下で、京都朝鮮学園のみ独立してクリーンな運営をしているという事は皆無なので、この事を踏まえて回答下さい。

⑨地方自治法第232条の2において、普通地方公共団体は、その公益上必要がある場合においては、寄附又は補助をすることができるとされているが、公益上の必要性に関する判断に当たっては、普通地方公共団体の長に一定の裁量権があるものと解され、当該普通地方公共団体の長による公益上の必要性に関する判断に裁量権の逸脱又は濫用があったと認められる場合には、当該補助金の交付は違法と評価されることになるものと解されている。(広島高裁平成10年(行コ)第11号平成13年5月29日判決参照)とあるのですが、万が一、情報提供した上記の記事のような新たな情報を精査せずに、今後も朝鮮学校に対する補助金支給を継続するならば、明らかに山田知事の行為は、「当該普通地方公共団体の長による公益上の必要性に関する判断に裁量権の逸脱があり当該補助金の交付は違法と評価されることになるもの」に該当すると思われます。それでも山田知事は補助金を出すのでしょうか?尚、京都朝鮮学園も朝鮮総連傘下で、京都朝鮮学園のみ独立してクリーンな運営をしているという事は皆無なので、この事を踏まえて回答下さい。

以上九つの質問の回答は下記連絡先に平成23年12月20日までにお願いします。


平成23年12月10日

京都府知事 山田啓二殿

山城乃國企画
副長 西村 斉
連絡先yamashironokuni-kikaku@mail.goo.ne.jp

[PR]
# by 99jounokai | 2011-12-10 04:41 | 朝鮮総連系

真面目に回答できない門真市人権政策課に回答を再要請

門真市人権政策課とのやりとり http://iyakichi.exblog.jp/15071038/

回答になっておりませんので、此方の7項目の質問を個別に真摯に回答下さい。私は当事者なのですから質問に対して回答要求する権利があり、門真市人権政策課も回答義務が発生します。ここはシナや北朝鮮ではありません。言論弾圧は止めて頂きたい。策として信念を持って行うなら真面目に回答下さい。不当要求でもありません。当事者が質問しているのです。例えば、聴聞の機会も与えられないなら門真市は日本ではありません。宜しくお願いします。
回答は今月の11日までに必ず回答下さい。

[PR]
# by 99jounokai | 2011-12-08 18:48 | 真の人権侵犯

戸田先生に提案しました

        公開討論会申込書

前置きですが、戸田先生がアップした「戸田が在特会の本質を突きつける!」というタイトル動画の戸田先生の発言を動画で拝見しました。
その際、戸田先生は「南北朝鮮人と一緒に飯を食い、酒を飲み、仲良く共生すればいいのに、在特会の連中は差別し、排外し、とんでもない輩だ!」というような事を発言しておられましたね。

私は、政治活動以外のプライベートでは人の何倍もの南北朝鮮人と交流しており、仲良く共生しております。(友人の4割強は朝鮮人、同和です)
要は、政治活動を行い、嘘、捏造の作り話で日本人の名誉、財産を毀損する朝鮮人とは付き合いたくもないし、排除すべきだと考えております。政治活動を行わず、他の外国人と同等の権利、義務で生活している朝鮮人には文句など言ったことはありません。私の身辺調査もせず、何故に?そういう発言をされるのか?「此方に差別をして貰わないと困る」のでしょうか?今後は、其方の活動に都合がいいような、見苦しい印象操作は止めて頂きたい。

さて本題ですが、戸田先生との出会いの切っ掛けでもあり、双方のトラブルの元凶である「水曜デモ・慰安婦問題」一本でそちら様に公開討論会を申し込みます。
条件①戸田先生、水曜デモ関係者合わせて5人、此方も5人
条件②全国生放送で公開討論会、後に動画をノーカットで配信
条件③会場は此方で費用も含め用意します
条件④戸田先生以外の水曜デモ関係者には日当、弁当、ワンカップ大関一本配給します
条件⑤13時から16時位の時間帯
条件⑥勿論、「罪を犯したか?犯していないのか?」という単純な問題なので「慰安婦強制連行があったのか?なかったのか?」の是非を証明する歴史学でいう第一次、二次資料を基に討論するのが民主主義国でありますので模擬裁判形式で証拠資料を提示して討論会を行うのが動画を視聴している皆様も理解しやすく、そして、サルでも理解できるような討論会でないと意味が無いと思われるので、其方の主張なされている根拠の証拠資料の用意はそちらでお願いします。

ここらで、戸田先生らと我々だけでも、認識違いによりトラブルを誘発している元凶である「水曜デモ・慰安婦問題」に終止符を打ちましょう!
公安も今後の混乱を避ける為にもこの企画を支援してくれるでしょう。
宜しくお願いします。

尚、討論会に応じて頂けない場合は其方様の主張に根拠、道理が無いと判断します。

回答は平成23年12月15日までに下記連絡先にお願いします。

平成23年12月8日

門真市議会議員 戸田ひさよし殿

山城乃國企画 【非理法権天】
副長 西村 斉

[PR]
# by 99jounokai | 2011-12-08 12:08 | 水曜デマ関連団体

外人に投票権を与えるまちづくり基本条例を強引に議会に提案する山中松坂市長に質問

           質問状

①毎日新聞12月4日(日)2時30分配信(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111204-00000003-mai-pol)の記事によると山中光茂市長は「パブリックコメントは反対多数だった条例案に関し、山中市長は、シンポジウムや住民協議会での議論を経ていると指摘。「(条例案賛成の)サイレントマジョリティーと(反対の)声を出す少数派とのバランスも考える必要がある」と述べ、条例案は民意を得ているとの考えを示した。」とありますが・・・・・

パブリックコメントとは、国民の意見を広く政策に反映させるために行政手続法で明文化されています。
行政機関が政令、省令などの命令を定める場合等に行うもので行政機関は事前に案を示し、提出された意見は「十分に考慮しなければならない」と規定されています。(行政手続法(提出意見の考慮) 第四十二条 命令等制定機関は、意見公募手続を実施して命令等を定める場合には、意見提出期間内に当該命令等制定機関に対し提出された当該命令等の案についての意見(以下「提出意見」という。)を十分に考慮しなければならない。)
よって、行政手続法の条文に照らし合わせるとパブリックコメントの意見結果を考慮、反映させていないという事から山中光茂市長は行政手続法違反であり、公務員法、コンプライアンス違反の「信用の失墜行為禁止違反」「法令遵守違反」にも該当しているのですが何故に、パブリックコメントの意見を尊重せず、強引に「市まちづくり基本条例案」を来年3月議会に提案されるのでしょうか?撤回するのが正常な公務だと確信していますが回答下さい。

②山中光茂市長は条例案については「外国人にも同じ住民として、まちづくりに役割を果たしてもらうのが根幹だ」という趣旨を強調し『外国人だから』『日本人だから』ということではない」と、国籍を問わない理由を説明した。と記事にありますが・・・・

山中光茂市長は外国人も同じ住民という見解ですが、憲法93条2項にいう「住民」とは日本国民(日本人)を指すものであると 最高裁の判例でも政府見解でも言われています。 よって、地方自治は日本国民(日本人)の為に存在するのであります。
山中光茂市長は何故に?最高裁の判例、政府見解を否定してまでも、強引に「市まちづくり基本条例案」を来年3月議会に提案されるのでしょうか?

以上、質問は二点だけです。

回答は平成23年12月14日までに必ず下記連絡先に回答下さい。

平成23年12月7日

松阪市長 山中光茂殿

山城乃國企画 【非理法権天】
副長 西村 斉

[PR]
# by 99jounokai | 2011-12-07 23:55 | 行政

朝鮮学校に補助金を与え続ける兵庫県井戸知事に質問状を送付

           質問状

http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/111207/waf11120708410008-n1.htm
上記の産経WEB関西版2011.12.7 08:41 の記事について質問します。

①井戸知事は「現状では他の外国人学校と違う扱いはできない」と答え、補助金を継続する姿勢を示した。
ということですが・・・・・
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111118/crm11111810030004-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111118/crm11111808200001-n1.htm
上記の朝鮮学校の内情の2記事を熟読し学校運営にかかわる問題点の一つ一つの感想を詳細に述べて下さい。

②朝鮮学校というのは大阪朝鮮学校の元校長が北朝鮮人拉致犯シンガンスと共謀し日本人の原ただあきさんを拉致し国際指名手配を受けているのですが、ことについてどういう認識ですか?
拉致されても、ミサイルを日本に飛ばされても井戸知事が朝鮮学校に補助金を出し続けるのは何故でしょうか?

③40年間朝鮮学校の教壇に立っていた教諭が、朝鮮学校の卒業生の多くが「拉致に手を染めた」という「光射せ!」という手記を去年の夏に公に発表し朝鮮学校というのは「工作員養成機関」というのは良識者なら皆、知っていることなのですが、そんな学校に井戸知事が補助金を出し続けるのは何故でしょうか?多文化共生以外の言葉で説明願います。

④井戸知事は公務員の責務である北朝鮮人権侵害対処法第3条(拉致問題解決への努力義務.地方公共団体の責務)をどうお考えでしょうか?

⑤日本人を拉致した国、主犯をお答え下さい。

⑥井戸知事は「教育環境の問題であり、拉致とは別。ただ、教育に値しない教育が行われているなら見直しの対象」と述べた。ということですが・・・・・

質問①の記事や質問③を基に質問⑥の発言についてお答え下さい。

⑦朝鮮学校が朝鮮総連の指示で子供達の学び舎を担保にし、朝鮮総連の事業資金、活動資金を捻出し、朝鮮総連の不良債権と合わせて血税1兆4000億以上が朝鮮銀行に使われました。井戸知事は、何故に、こんな朝鮮学校の子供達を担保に金儲けを行う朝鮮学校に補助金を出すのでしょうか?

以上、七つの質問を平成23年12月14日までに必ず、答えにくい質問箇所でも放置せず誠意ある回答を下記連絡先に願います。

平成23年12月7日

兵庫県知事 井戸敏三殿

山城乃國企画 【非理法権天】
副長 西村 斉

[PR]
# by 99jounokai | 2011-12-07 22:38 | 朝鮮総連系

門真市は朝鮮の植民地です。

此方の質問には何一つ答えられない、アホの一つ覚えの「事実に基づかない道理、誠の無い」他の役所、似非サヨクが主張するのと同列の回答と言う名の「質問にはスルー」する、お惚け言葉が送付されてきました(爆)

要は、似非サヨクが何一つ証拠も、根拠もなく主張している日本を貶める悪行を門真市は支援するという事です。

そして、門真市は地方公務員法、北朝鮮人権侵害対処法、都市公園法、国旗及び国歌に関する法律に背いてまでも「戸田ひさよし」と共に悪行に励んで公務を遂行していくという事です。

又、門真市は「横田めぐみさんをはじめ、日本人を拉致した国、主犯」を答えることを拒みました。

●此方が門真市に送付した質問状 http://iyakichi.exblog.jp/15001259/

●門真市からの回答

平成23年12月7日 

山城乃國企画 西村 斉様    

門 真 市
              
                                      
質問状について(回答)

 
平成23年11月25日付けで質問のあった件については、下記のとおりです。


                 記


 23年9月議会における答弁内容については、いかなる団体であれ、人種、民族、門地など人が生まれながらにして持ち、自ら選択する余地のない点や国籍などの属性を捉まえての差別行為は、許されないものとの門真市の考え方を表明したものであります。

[PR]
# by 99jounokai | 2011-12-07 18:15 | 行政

おいおい!どうなってるんだ!!!!!

毎年、京都人権啓発推進会議が提供し、世界人権問題研究センターが企画、執筆して「人権口コミ情報」として、毎年の人権月間にあわせて税金を使い京都新聞に広告を掲載するのですが去年の「人権口コミ情報」には10項目の人権問題を課題にして10日間連日広告を掲載したのですが、何と!拉致問題が課題にされていなく拉致問題を無視していました。なので、提供元である京都人権啓発推進会議の主要組織の京都府人権擁護委員連合会、法務局京都市人権擁護課に抗議しました。

しかし、今年の京都新聞に掲載されている「人権口コミ情報」には拉致問題が3番目の重要課題として3日目の本日に啓発されているではありませんか!
世界人権問題研究センターに意図があるのは推測できますが、取り敢えず今回は拉致問題を新聞紙面で啓発出来たという事で当たり前の事ですが嬉しいです。

●世界人権問題研究センター
理事長 上田正昭 京都大学名誉教授
朝鮮学校への攻撃をゆるさない!共同アピールに賛同人
民族学校を考える会 呼びかけ人

理事 仲尾宏
京都造形芸術大学客員教授
NPO法人丹波マンガン記念館 副理事長
朝鮮学校を支える会・京滋呼びかけ人
在特会による朝鮮学校への攻撃をゆるさない!呼びかけ人

●下記は京都人権啓発推進会議所属団体に抗議した動画です

★北朝鮮による拉致事件を肯定する輩が京都人権問題の親玉に君臨している
動画 これが京都の闇、敗戦国民にも人権を! 京都府教育庁
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14751923
動画は⑤まであります。

[PR]
# by 99jounokai | 2011-12-04 13:47 | 真の人権侵犯

今年の人権月間に向け、やっと今年は京都市民新聞、京都府民だよりに拉致問題が掲載されました

今年の人権月間、週間を啓発する京都市民新聞、京都府民だよりの記事に「北朝鮮による日本人拉致が人権問題である」という拉致問題がやっと掲載されました!

去年までは京都市民新聞は拉致問題は無視し、京都府民だよりは平成21年に電話で「拉致問題は人権問題なので啓発して下さい」と要望したにもかかわらず、平成22年は似非同和問題は大々的でしたが、拉致問題は見えない位の小さい扱いでした。

しかし、今年は京都市民新聞紙面では似非同和は課題にしておらず「障害者問題」「拉致問題」の2点を重大課題として紙面で啓発しております。

京都府民だよりは「児童虐待」「ネットによる人権侵害」「配偶者間の暴力」「外国人への賃貸物件賃貸拒否は人権侵害だ!」という課題はイラスト付きで啓発されてます。しかし、数ある人権問題課題の中から人権週間の啓発に関しての紹介の欄には優先的に「北朝鮮人権問題啓発週間・拉致問題」を啓発する記事となっております。京都府民だより紙面にも今年は似非同和問題は掲載されていません。

今後は、京都の似非人権問題のドンでもあり、日本、北朝鮮、韓国から勲章を貰っている人間が蠢いている似非人権組織の「世界人権問題研究センター」を排除出来れば最高なんですが。


●平成22年12月12日に京都市役所総合企画局 市長公室広報担当に提出した要請書
http://iyakichi.exblog.jp/13076310/

●下記は京都府民だより広報課、拉致担当の総務調整課、京都府人権問題啓発推進関連の部署を訪問し拉致問題を啓発するように要請した動画URLです。

7月8日 マンガン記念館を宣伝する京都広報に現実を伝える②
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14967883
6月22日 総務調整課へ、拉致と人権についての意見を伺う①(④まであります)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14826027
6月14日これが京都の闇、敗戦国民にも人権を!京都府教育庁①(⑤まであります)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14751923

[PR]
# by 99jounokai | 2011-12-02 23:33 | 府民、市民新聞

その後の週刊金曜日問題

週刊金曜日WEBの平成23年2月18日掲載記事について「西村斉は2月7日の公判において朝鮮人は人間ではない」と発言したと記事にした件についてですが私がそのような発言をしていないのは担当弁護士等、傍聴人の証言からも明らかですので人権侵犯で申告したのですが・・・

京都地方法務局人権擁護課の回答
報道された内容は公共の利害に関する事実に属するものであり人権侵犯救済手続きを開始しないという回答でした。

此方の意見としましては、当初から京都地方法務局人権擁護課は発言の真偽を立証する義務があるのは記事を掲載した週刊金曜日側にあるにもかかわらず、私に「発言していないのなら証拠を持って来い」というような理不尽なことを要求したので、人権擁護課長に記事を掲載した週刊金曜日に立証義務があるので、週刊金曜日に発言の真偽を立証するように要請していただきたいと要望したのですが京都地方法務局人権擁護課は当たり前の、私の要望さえも週刊金曜日に対して要請した形跡も無い。なので、筋違いですが私が公判記録を手に入れて確認してみたところ、私が「朝鮮人は人間ではない」ということを発言した記録はありませんでした。よって京都地方法務局人権擁護課に対して平等に人権侵犯の救済手続きを開始するように助言していただきたい。

●一向に事実を基に誠を解いても反日団体と仲良しの京都地方法務局人権擁護課が理不尽にも動かないので上記の要請文を法務省に提出し、オマケに京都地方法務局人権擁護課に街宣をかけて、やっと、人権侵犯救済調査を開始させたのですが京都地方法務局人権擁護課から書面が届きました。

京都地方法務局人権擁護課によると週刊金曜日が西村斉さんに行った行為は人権侵犯の疑いがあるので「人権侵犯救済調査を開始したのですが西村斉さんが本件問題で週刊金曜日を京都地検に告訴した告訴状が受理され捜査に入っているようです。よって、人権侵犯救済調査規則により調査を中止しなければならないと定められているので中止します」というような書面が届きました。

[PR]
# by 99jounokai | 2011-12-02 21:42 | 反日週刊誌

昨日、正式に在特会京都支部長及び運営の任が解かれました。

☆理由

一 主に自分の企画した案件のみの行動をする為

ニ 自分の手法、思想、責任によって行動して行きたい為

三 今後、自分の発言、行動によって在特会会員に迷惑をかけない為

☆これから 

一 これからも、今と変わらず主に京都を中心に行動します

ニ これからも、今と変わらず、他地方の問題にも自分が納得する問題案件で、手法が合い必要であれば他地方の方とも協力して行きます

三 これからも、今と変わらず、自分が納得する問題案件であれば他団体とも協力していきます

☆行動計画

一 平成21年6月13日から平成22年8月10日までは主に反日団体への抗議による問題提起

ニ 平成22年10月3日から平成24年桜が咲く頃までは主に反日政策を承認している公官庁に抗議しても最早、正常に機能していない事を国民に知らせる為の問題提起

三 平成24年桜の散る頃~~~今までの体験を基に新たな行動指針を思案し進んで行きます

尚、今後は「山城乃國企画」副長 西村斉として活動していきます。

今まで在特会関係者の皆様には大変お世話になりました。又、遭いましょう!ごきげんよう!

以上

[PR]
# by 99jounokai | 2011-12-01 21:17 | 活動手法

京都市立開晴館洛東中学校に質問状を提出

          質問状

先日、友人の中学一年生の娘さんが開晴館洛東中学校で●という新人教師(29歳男)に人権学習を受けたときの事です。
その中で、在日朝鮮人韓国人のことに触れ、●先生いわく、「あの人たちは強制連行で日本に連れてこられた可哀想な人達なのです。」とはっきり言い切ったそうです。

今や、数々の一次資料から出鱈目であるのは明白であるのに、このような教育が普通に行われている現状、いかがなものでしょうか?

将来の日本を担う真っ白な子供の魂に「捏造歴史認識を植付ける事は精神テロ」であります。

是非とも、開晴館洛東中学校が●教諭の歴史認識が正しいというのであれば歴史学で証拠価値のある第一次、第二次資料を京都市民である私、被害にあった洛東中学校子供、子供の親である私の友人に提示して下さい。

尚、回答は平成23年12月6日までに必ず下記連絡先に回答願います。

平成23年11月29日

山城乃國企画 【非理法権天】

[PR]
# by 99jounokai | 2011-11-29 15:07 | 全教組

日韓親善京都府議会議員連盟会長に要望書を提出

           要望書
             
自民党京都府議会議員で菅谷寛志議員(日韓親善京都府議会議員連盟会長)は平成23年12月8日韓国民潭京都の主催する日韓親善京都府議会議員連盟総会に参加されるようですが是非とも韓国民潭京都団長に要請して頂きたいお願いが御座います。

お願い① 菅谷議員の政策理念にある「我々の祖先が営々と築いてきた伝統や文化の良いところを、次の世代にしっかりと伝える」という理念通りに動いていないのが現状です。
その原因の一つが韓国民潭が主張している「日本による強制連行」「日本の官憲による強制慰安婦問題」です。
この問題は歴史学で証拠価値のある第一次資料、第二次資料で韓国民潭の主張は捏造であるということが立証されています。
この事が原因で在日韓国人と良識ある情報弱者でない日本人が歴史認識の相違から共生出来ないでいます。これでは多文化共生社会を築くことは出来ません。京都だけでも、京都から、長年に渡ってきた日本人と韓国人の蟠りを解こうではありませんか!菅谷議員から韓国民潭京都団長に要請してください。
万が一、菅谷議員の歴史認識が韓国民潭と同じでありましたら韓国民潭の代わりに「朝鮮から日本の官憲により強制連行されて来た」「日本の官憲によって朝鮮から強制連行され慰安婦にされた」という歴史学で証拠価値のある第一次資料、第二次資料を京都市民である私に提示して下さい。

お願い② 菅谷議員の政策理念にある「努力をして立ち上がろうとする人を助け、そして努力する人が正当に評価される社会を実現します。」ということですが韓国民潭は「日本人なら努力して年金の掛け金を長年支払わないと年金は貰えませんが韓国人は努力せず掛け金を一ヶ月も一円も支払わず、お願い①の捏造歴史根拠を基に行政に脅しをかけ京都では月7000円強を貰ってます」当時、韓国民潭は「何れ我々は韓国に帰るのだから年金はいらない!日本人に同化しろというのか!けしからん!」と日本政府が韓国人にも年金を貰えるように気遣いましたが韓国民潭は拒否しています。なのに今になって「年金を貰えないのは差別だ!」と主張するのは筋違いです。
菅谷議員の政策理念通りに韓国民潭に忠告して下さい。この事でも良識ある情報弱者でない日本人は韓国人に不信感を感じ共生の障害となっております。

お願い③ 
菅谷議員の基本政策にある教育の目標である(①立派な日本人を育成することです。②資源のない我が国は、人材こそが貴重な資源です。③日本の伝統や文化を尊重し、国や郷土を大切にし、道徳観を養い、確かな学力を身につける教育を確立します。)
上記の基本政策①②③も韓国民潭、京都教職員組合との共闘により主張している「最早、平成の時代では通用しない出鱈目な歴史洗脳」によって日本の子供達は自分の先祖、民族性を誇りに出来なく、将来の日本を担う子供達に影響が出ています。教育委員会がしっかりした認識を持っていれば韓国民潭、京都教職員組合が何を主張しようが放置しておけばいいのですが最早、教育委員会も反日組織に脅え、堕落しているのが現状です。是非とも菅谷議員から韓国民潭京都団長に「日本の将来を担う子供に日本に誇りを持てないようにする精神テロを止めて頂くよう要請してください。
万が一、菅谷議員の歴史認識が韓国民潭と同じでありましたら韓国民潭の代わりに「朝鮮から日本の官憲により強制連行されて来た」という歴史学で証拠価値のある第一次資料、第二次資料を京都市民である私に提示して下さい。

必ず結果報告は平成23年12月12日までに下記連絡先に回答下さい。

平成23年11月29日

山城乃國企画 【非理法権天】
連絡先 yamashironokuni-kikaku@mail.goo.ne.jp

[PR]
# by 99jounokai | 2011-11-29 13:55 | 反日議員

多数のお問い合わせについて、簡単に説明します。

●11月23日の動画の件で多数の苦情がありました。あくまでも持論を述べたまでのことなのですが、生放送だったので言葉足らずな面もあり、伝わっていないようなので、特に多かった苦情の項目について具体的に回答します。
尚、私は今まで活動方法に関する問題の成否や他団体の批判等は一度も公に述べた事もありません。
今回は批判ではなく景気付けのあくまでも持論です。

苦情1 西村斉は「朝鮮学校、日教組問題で逮捕された」際に皆さんに支援、支持された事を感謝せず人として問題がある。ということですが・・・

回答 支援、支持されたくて行動を起こしたわけでなく、あくまでも「問題提起」であり、期待したのは支援、支持ではなく、自営業や、資産家、ニート、無職、自殺願望者、執行猶予等を受けていない人間が「日本全国で行われている不逞鮮人等による理不尽な行為を正す行為等」を我々の様に日本全国で頻繁に当たり前の様に起す事を期待したのであります。
勿論、金銭による支援は、お金は血液と同じなので大変重要でありますので大変感謝しているのは言うまでもありません。

苦情2 西村斉は「駅前で街宣をやっても意味が無い」という暴言を吐いた!ということですが・・・

回答 全て意味が無い!と言っているのではなく、わざわざ、「在特会がやらなくてもいい」と。あくまでも持論を言ったまでであり「意味の無い活動なんてありません」尖閣、チベット、NHK,フジテレビ問題等で一般の人も起ちあがっているので在特会は在特会らしく直接抗議(街宣、行政訪問も含む)で賊の嫌がる事をすべきであると言っただけです。
例えば、私は新風で選挙演説風に駅前で街宣をやってましたが無名の人間が駅前でやっても、よっぽどの才覚がないと国民は聞いていません。現に、有名な国会議員の中でも好き嫌いは別にして小泉純一郎や田中真紀子位の特徴のある演説しか真剣に聞かないのが現実です。(選挙期間中演説や演説者の支援者やサクラは省く)
なので、駅前でやるなら、愚民の通行人が怒る程の煽りに煽る手法、落選運動を兼ねた選挙前等、又は「本名を晒し幟とタスキに本名を入れ立候補を決意し選挙活動として、かなり頻繁に行い、顔を覚えて貰う駅前街宣なら意味がある」というのが私の持論でそれを生放送で述べたまでです。あくまでも持論なんです。

苦情3 西村斉は参加者を戦力外だと発言した!もう、支援、支持しない!ということですが・・・

回答 ただ、イベントのように参加するだけでなく自分の得意分野を発揮し自分の存在価値を発見し役割分担を担い活動してくださいという持論を言ったまでです。
そして、「支援、支持しない!」と言いますが、それは自分の問題と捉えておらず他人事で自分は安全地帯に居るから危害は加えられないと思っているのか?アメリカ在住ですか?グリーンカード所持者ですか?と感じてしまいます。日本国の一構成員としての当事者意識が全く感じ取れません。無理に支援、支持は要りませんから自分、自分の家族の問題でもあると捉え自分が支援支持されるように行動してください。

★随時、苦情が来たら回答し、この欄で更新します。

[PR]
# by 99jounokai | 2011-11-25 17:19 | 活動手法

門真市に質問状を提出

                  質問状

行政として全国初!「差別に反対し、住民を守る毅然たる姿勢」で門真市が差別怒号行為に対処見解を表明!

これが門真市が議会で公表した反差別の見解と対処方針だ!

●在特会らの外国籍住民への行為は差別を助長し人権侵害しかねない行為と危惧する

☆ 人種、民族、門地、国籍などを捉まえての差別行為は許されるものではない

◎ 門真市で差別怒号事件があれば→人権を守る立場から見解表明し、毅然たる対応取る

◎ 不逞勢力らが役所に押しかけたら→業務妨害や不当要求行為があれば厳しく対処

門真市議会議員の戸田ひさよしが要請し、門真市が表明した上記の対処見解について質問します。
尚、今回の問題は門真市議会議員戸田ひさよしが平成23年9月27日の本会議で議題にしたという事から言い出しっぺの戸田ひさよしの今までの行為を例に質問します。

質問①大阪駅前にある松下陸橋で長年に亘り繰り返されて来た、無届・無許可の不法集団示威行為(通称「自称日本の官憲に強制連行された慰安婦水曜デモ」)というものに戸田ひさよしは主催のような位置で参加していた際に我々と歴史認識の違いから衝突し、戸田は我々の主張は「差別だ!」「人権侵害だ!」「お前らは嘘つきだ!」等等を主張していますが、ならば戸田ひさよしと門真市は「日本の官憲に強制連行された」証拠、所謂歴史学で証拠価値のある第一次、第二次資料を提示してください。それを提示していただければ問題は解決するのです。万が一、証拠が出てきた場合には我々は戸田ひさよし、水曜デモ関係者に今までの行い、言動について心から謝罪し、慰謝料もお支払いします。逆に、証拠が提示されない場合は上記の対処見解を出した門真市の責任、責務として戸田ひさよしに日本国民、我々の先祖に対しての名誉毀損等についての謝罪をするように要請願います。

質問②門真市は「人種、民族、門地、国籍などを捉まえての差別行為は許されるものではない」という見解を述べておられますが国連の宣言、規約でも「移民、難民等、正当な手段で入国した外国人」に対して「人種、民族、門地、国籍などを捉まえての差別行為は許されるものではない」と規定しているのであって、「朝鮮人のように密入国」「朝鮮戦争に出征するのが嫌で日本に逃げてきた朝鮮人」は含まれません。門真市はどうお考えでしょうか?
又、【地方公務員法(平等取扱の原則) 第十三条  すべて国民は、この法律の適用について、平等に取り扱われなければならず、人種、信条、性別、社会的身分若しくは門地によつて、又は第十六条第五号に規定する場合を除く外、政治的意見若しくは政治的所属関係によつて差別されてはならない。 】という条文も、【第13条の平等取り扱いの原則は、憲法第14条第1項の規定を受けたものであり、ここでいう「すべての国民」とは国民一般を指している。ただし、外国人は含まない。(行政実例昭和26年8月15日)】となっております。上記の2点について門真市の見解を述べて下さい。

質問③戸田ひさよしは平成21年6月13日京都にて「日の丸」の赤い丸の部分をうんこにした旗や、「日の丸」に卍のマーク(注:おそらくナチスのハーケンクロイツのつもりと思われる)を書き込んで、それに足跡をつけている旗を引きずりながらデモを行った輩と頻繁に共闘しており行為を肯定しております。
この行為は国旗及び国歌に関する法律(平成11年8月13日法律第127号)を否定し毀損しています。
という事は、例えば地方公務員法に照らし合わせれば 、【地方公務員法(法令等に従う義務) 第三十二条  職員は、その職務を遂行するに当つて、法令を遵守する事という条文及び(信用失墜行為の禁止) 第三十三条  職員は、その職の信用を傷つけ、又は職員の職全体の不名誉となるような行為をしてはならない。】に該当します。門真市が戸田ひさよしの日の丸を毀損した行為を黙認し、事実確認を怠り、戸田ひさよしの要請を受け入れ我々の正当な主張を黙殺するのであれば、門真市も戸田ひさよしが否定し毀損ている罪である「国旗及び国歌に関する法律」毀損行為を戸田と共謀して「国旗及び国歌に関する法律」に背いているものと判断します。どういう見解でしょうか?回答下さい。

質問④平成23年9月27日に本会議で戸田ひさよしが述べた、我々の行為は「京都朝鮮初級第一学校を襲撃した!とんでもない輩だ!」と主張していますが問題の原因は「朝鮮学校の50年にも及ぶ不法占拠が原因である」と裁判で検察官も述べています。
門真市としても「都市公園法違反で有罪判決を受け、50年不法占拠し市民の財産である公園を自分達の公園だと主張している朝鮮学校側が正義でそれを正した我々が悪」とお考えなのでしょうか?どちらが悪ですか?我々ですか?朝鮮学校ですか?白黒つけて回答下さい。

質問⑤40年間朝鮮学校の教壇に立っていた教諭が、朝鮮学校の卒業生の多くが「拉致に手を染めた」という「光射せ!」という手記を去年の夏に公に発表し朝鮮学校というのは「工作員養成機関」というのは良識者なら皆、知っていることなのですが、門真市はこの事実を踏まえ朝鮮学校という学校が存在していることについてどうお考えでしょうか?

質問⑥公務員の責務である北朝鮮人権侵害対処法第3条(拉致問題解決への努力義務.地方公共団体の責務)をどうお考えでしょうか?

質問⑦横田めぐみさんをはじめ、日本人を拉致した国、主犯をお答え下さい。

以上、七つの質問を平成23年12月5日までに必ず、答えにくい質問箇所でも放置せず誠意ある回答を下記連絡先に願います。

平成23年11月24日

門真市役所 殿

山城乃國企画 【非理法権天】

[PR]
# by 99jounokai | 2011-11-25 00:54 | 反日議員

熊野市立図書館 から爆笑無責任、職務怠慢回答が来ました。

★これ、手が空いたら図書館法、規則等を引いてちょっと詰めて噛んだろ。爆

熊野市立図書館という公の施設を捏造強制連行支援団体に使用させ、催しを行わすのに強制連行の事実資料は無いと認めました。

熊野市立図書館談話が成立!笑

此方の質問状http://iyakichi.exblog.jp/14961680/

山城乃國企画 様

お問い合わせいただいたことにつきましては、当図書館ではわかりません。
なお、当図書館が施設を賃貸して開催されるものではありません。熊野市文化交流センターが、
有料で会場を貸しているもので、同センターでもお問い合わせいただいたことはわからないとの
ことですので、主催者に直接お問い合わせいただきますよう、お願いいたします。

熊野市立図書館

[PR]
# by 99jounokai | 2011-11-23 01:24

拉致問題未解決の今、京都朝鮮学校とフレンドシップ協定を結ぼうとする京都市立小学校に質問状提出

           質問状  

京都市立金閣小学校殿
京都市立楽只小学校殿

http://jp.korea-np.co.jp/article.php?action=detail&pid=52550
上記の朝鮮新報の記事について質問します。
①朝鮮と日本、アジアの友好親善の輪を広げる目的、日朝友好の絆を深める目的で催しを行ったとありますが・・・

朝鮮学校というのは大阪朝鮮学校の校長が日本人の原ただあきさんを拉致し国際指名手配を受けていることについてどういう認識ですか?
拉致されても、ミサイルを日本に飛ばされても日本人は我慢し朝鮮学校と交流することが多文化共生とお考えでしょうか?

②40年間朝鮮学校の教壇に立っていた教諭が、朝鮮学校の卒業生の多くが「拉致に手を染めた」という「光射せ!」という手記を去年の夏に公に発表し朝鮮学校というのは「工作員養成機関」というのは良識者なら皆、知っていることなのですが、そんな組織が主催する催しに日本の子供を連れて行くということをどう考えておられるのですか?多文化共生以外の言葉で説明願います。

③金閣小学校の児童たちは、合同で「チングテジャ(友だちになろう)」という曲を朝鮮語と日本語で合唱し、観客の拍手喝采を浴びていた。とありますが・・・

拉致問題が解決していない現状で上記の曲を拉致された被害者家族の前で歌えますか?どういう意図で日本の児童たちにこういうことをさせるのか?回答願います。

③京都市立楽只小学校の児童たちは、「よさこい」を披露した。楽只小学校の児童たちは、「今日の公演をとても楽しみにしていた。これを機にまた絆を深めたい」とあいさつした。とありますが・・・

拉致問題が解決していない現状でどういう意図で朝鮮学校の児童たちと絆を深めるのか?これは間違いなく教諭によって指示されないと口に出来ない言葉なのですが、どういう意図があるのか?拉致被害者の前で言えますか?回答願います。

④日本で暮らすわれわれが民族性を維持するための活動を、どう行っているのか理解してもらうことが本当に大事だと思う。とありますが・・・

拉致被害者を全員還し、朝鮮進駐軍と名乗り日本人4000人を殺害し、一等地を奪い、捏造した歴史で日本の税金を強奪したことを日本に謝罪することが、日本で暮らしていく上で朝鮮人がしなければならないことなのですが、その他にどういう方法があると思われているのでしょうか?

⑤http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111118/crm11111810030004-n1.htm
 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111118/crm11111808200001-n1.htm
上記の2記事を熟読し一つ一つ感想を詳細に述べて下さい。

⑥公務員の責務である北朝鮮人権侵害対処法第3条(拉致問題解決への努力義務.地方公共団体の責務)をどうお考えでしょうか?

⑦日本人を拉致した国、主犯をお答え下さい。

以上、七つの質問を平成23年12月2日までに必ず、答えにくい質問箇所でも放置せず誠意ある回答を下記連絡先に願います。

平成23年11月22日
山城乃國企画 【非理法権天】

[PR]
# by 99jounokai | 2011-11-22 23:59 | 朝鮮総連系

民潭施設立ち入り者の奇麗事日本人から返信が来ました!なので再度返信しました。

理不尽な事に対する怒りは当方も同じく理解できます。
しかし国際社会においてはどの国も事実に反しても自国に都合のいい事を主張するのが普通です。
ましてや韓国や中国のように人民がまだ成熟していない民族は尚更です。
このような事態に対しては本来日本の国論を一に国として敢然と対応すべきことがらです。
しかしながら残念なことに河野談話や村山談話を典型とした腰抜け売国政治家や、旧社会党のようなデタラメ政党、日教組、マスコミなど、問題は日本国内にこそあるのだと思います。
竹島問題しかり、尖閣諸島しかりです。

日本を正さずして問題の解決は無いと思っています。
なすべきは日本人への啓蒙であって、他国民へ怒りをぶつける事は国辱の上塗りです。
愛国者の皆さんはよくご存知の事と思いますが、現在地球上にある190以上の国家の中で最も歴史のある国は、建国二千六百年の我が日本であることすら知らない我が国民こそ運動の対象にするべきと思います。

民潭施設を使用して公演を行う関係者

●此方の返信文
再度、有難う御座います。

当方は、勿論そちら様が問題にされた河野談話や村山談話を撤回する署名活動を全国的に行い、日教組の募金詐欺への追求、マスコミのTBSなどや日本新聞協会などへの徹底した抗議、日本行政との徹底した交渉なども数えられない位、行っています。
しかし、もう朝鮮、同和問題ではその後の極左の抗議に恐れをなして問題点に触れようとせず逃げ回っているのが似非日本人と腰抜け日本人です。それと、平行して相互主義に基づいて此方も反日国に対しての抗議も行っているのです。国際基準の抗議レベルに日本人を持って行く事から始めなければならないのが現状です。此方も詳しくは述べれませんが段階を踏んで運動を行っています。嘘でも声が大きい方が国際社会では認知されるのです。何も日本の体たらくを放置して反日国だけを糾弾しているのではありません。全て反日に脅されて要求を飲んできた日本人、日本人政治家に原因があるのです。今の反日日本人や反日国の人間が日本の肝心要の箇所を掴んだのは色々な所に難癖を付けて押しかけ日本人を脅して勝ち取ったものです。これが歴史的事実です。なにも紳士的に勝ち取ったものではありません。我々の名誉ある先祖に申し訳が立たないような発言、行動は行ってはなりません。日本人は紳士的に行動した結果ここまで反日をのさばらした事を反省しなければなりません。いつまでも紳士的に行動していたら喜ぶのは反日です。本当に怒りがあるから言葉も荒くなるのです。当方は遊びでやっているのではありませんし、保守を飯の種にしている輩でもありません。我々を総括するのは今ではありません。我々の総括は数年後に行って下さい。一つ云えるのは人と異なる行動を恐れ愚民に融合したり奇麗事を発する日本人が納得するやり方では何も変わりません。


[PR]
# by 99jounokai | 2011-11-21 22:07 | 民潭

韓国民潭施設立ち入り者に奇麗事日本人がおられました!

第四回関西真水曜デモ
日時 11月23日 13時開始

現場 大阪韓国人会館(在日本大韓民国民潭大阪本部正面真ん前)(大阪市北区中崎2-4-2)

上記の告知に対して韓国社団「漢陽クッ芸術研究保存会」・呂英華韓国伝統芸術院関係者 から意見書が届いたので此方も返信しました。

★韓国民潭の施設を使用し公演を行う関係者です。
昨日、会場からの連絡で私達のイベントがデモの標的にされていることを知りました。
本公演の目的はチラシの裏面にあります様に、卑弥呼と同じツングース文化をルーツとした朝鮮シャーマニズムの祭儀(クッ)が韓国伝統芸能の原点であることをテーマとしたもので、政治的背景もイデオロギー的主張も全くありません。
ましてや慰安婦問題とも無関係です。
戦後、日教組による偏向教育の影響を強く受けてきた世代(特に現在75歳位から40歳位まで)の人々は、深いマインドコントロール下にあると思われますが、近年はGHQ・日教組・大マスコミによる歴史捏造に気づき始めた、心ある日本人も少しづつ増えてきているように思います。61歳の私もその一人です。
以前のオウム事件でも判るように、マインドコントロール下にある人に強行手段は逆効果であると思います。
自分が信じていることを真正面から否定されると、必ず強く反発します。
私は日本人で、韓国の伝統芸能を日本の皆さんに紹介する役目を担っている立場上、表立って目立ったことは出来ませんが、時と場合を見ながら穏やかに正しい歴史認識(事実認識)を持って貰うような話をしています。
随分前の事ですが、数人の大学教授と酒を飲みながら、「左から右に変わる人はいても、右から左に転向する者はおらんな」という話をしました。本当は皆判っているのです。
今回私達の公演には韓国からの公演団も参加します。目の前で見たことを韓国に帰って悪く言うでしょう。
来場者たちも決して快く受け止める人はいないと思います。
昔の右翼活動のように「愛国者=怖い人たち」というイメージを与えることになるのは残念です。

決して良い結果は得られないと思います。

★此方の返信文

メール有難う御座います。

此方の行動基準は、今まで日本人の良識者さえしっかり事実をもとに道理を激しく主張していれば問題が無かったのに良識者までもが敵と一緒になって綺麗事を言うようになり、捏造歴史をでっち上げ日本を貶める賊に対しても「敵の嫌がることをしてはならない、大声を出して抗議してはならない、逆効果だ、粛々と日本人らしく抗議すべきだ、桜を愛する日本人は紳士的に抗議すべきだ」等の言葉で激しく抗議をしようとする良識ある日本人の頭を押さえてきたのです。
これだけ、日本人の先祖の名誉を毀損され、捏造話で日本の税金を搾取されても、まだ反日と一緒になって綺麗事を言って自分の臆病さを隠して自己泥酔している日本人がここまで日韓の問題を大きくしたのです。
●●様も私達に「抗議のやり方がいけない」等を主張するより、まずは問題の原因である韓国政府、韓国領事館、似非慰安婦支援の極左に対して意見、抗議し、行動を改めさすのが筋だと確信しております。
問題の原因である組織に意見、抗議をせず、それを正そうとする日本人に対して意見をするのは理解できません。
反日は確信犯です、最早、話し合いなどで解決できる次元ではないのです。
私達は現在のところ、韓国人のように日本領事館に石を投げたり、金属球を打ち込んだり、店を破壊したり、日本の国鳥の雉を旭日旗の上で殺したり、日の丸を燃やしたり、天皇陛下を侮辱したり等の相手国を毀損するような抗議はしておりません。相互主義に基づくのが国際常識ですが我々はその抗議レベルまでも達していないひ弱な抗議方法を行っており恥ずかしく思っておる位です。
●●様、是非、韓国政府、韓国領事館、似非慰安婦支援の極左に対して意見、抗議し、行動を改めさせて頂くようお願い申し上げます。そうすれば我々も抗議をする必要がなくなるのです。
宜しくお願い申し上げます。


●当日の賊のイベント情報

韓国社団「漢陽クッ芸術研究保存会」来日公演

  万神・シャーマニズムの真実 巫歌・巫舞・巫楽 韓国伝統芸能の源流を探る

講演「日韓のシャーマニズム」川村邦光さん(大阪大学教授)
公演「漢陽クッ実演と韓国伝統芸能」

日 時 11月23日(水・休)13:00開場

場 所 大阪韓国人会館(大阪市北区中崎2-4-2)

主 催 韓国社団「漢陽クッ芸術研究保存会」・呂英華韓国伝統芸術院

[PR]
# by 99jounokai | 2011-11-21 15:48 | 民潭

三重県熊野市立図書館に質問状を送付

下記の催しについて質問します。

紀州鉱山の真実を明らかにする会が主張している「紀州鉱山への朝鮮人強制連行」というのは、何時、誰によって、何時何分何曜日に起こった出来事なのでしょうか?後学の為に「歴史学で証拠価値のある第一次、第二次資料を提示して頂いて説明願います。これは、公の図書館が施設を貸して開催されるパネル展ですから図書館側に説明責任義務が発生しますので、必ず11月24日までに下記連絡先宛に回答下さい。

記事「木本事件」「紀州鉱山への朝鮮人強制連行」「大逆事件」パネル展示

日 時:11月26日(土)12:00~18:00

    11月27日(日)9:00~16:30

場 所 熊野市文化交流センター(熊野市立図書館)  

主 催 紀州鉱山の真実を明らかにする会 http://kisyukouzan-lj-hp.web.infoseek.co.jp/index.html
「記事ここまで」

山城乃國企画 【非理法権天】
西村 斉
連絡先 yamashironokuni-kikaku@mail.goo.ne.jp

[PR]
# by 99jounokai | 2011-11-18 03:21 | 教科書問題