山城國企画            

タグ:はだしのゲン ( 12 ) タグの人気記事

前回と条件が違う陳情なのに、はだしのゲンの陳情が付託されなかったので懲戒審査開始に移行します

 松江市役所市民部市民生活相談課に陳情の結果が出るまで、下記懲戒請求書を預けていたのですが、前回の中島氏の陳情条件と、私の新たな陳情条件が違うにもかかわらず、委員会付託されなかったので、正式に懲戒審査が開始されます。             

                             懲戒請求書


懲戒請求者
住 所 
氏 名 西村斉
電話番号 

対象職員
住 所 〒690-8540島根県松江市末次町86
氏 名 松江市教育委員会 清水伸夫教育長

平成25年8月29日
懲戒請求者 西村斉

松江市役所市民部市民生活相談課御中

申立の趣旨
松江市教育委員会・清水伸夫教育長を、地方公務員法第29条により懲戒することを求める。

懲戒事由の説明
平成25年8月26日、松江市教育委員会臨時会議において、教育委員会の統括及び、全ての事務をつかさどる権限を持つ松江市清水伸夫教育長が「学習指導要領」「国旗及び国歌に関する法律」を尊重せず、「はだしのゲン」を学校図書館に並べて、平和教材として推進し、生徒に閲覧させる環境を保全した行為は、下記の地方公務員法に違反している。

はだしのゲンは、激しい描写、歴史問題の是非という以前に、学校図書館に陳列し、学校教育に使用する行為は下記の根拠により、地方公務員法第29条、32条、33条に違反しております。

①日本図書館協会「図書館の自由委員会」西河内靖泰委員長の要望書にある、図書館の自由宣言で図書館に資料の収集、提供の自由が保障されているが、資料とは、第一に公文書記録、従軍者、現場にいた事件当事者等が、その事件の直後、その発生場所で記した文章類の事で、二次資料である戦後の研究・論文であっても、必ず一次資料を基にしなければ論文とは認められないというのが歴史学では定説であり、「はだしのゲン」のようなフィクションは歴史資料としては全く価値が存在しない事から、国民の知る自由を妨害する事にもならず、西河内靖泰委員長がいう「図書館の自由に関する宣言」に抵触しない。(秦郁彦氏「資料分類法」、内藤智秀氏「史学概論」)

②はだしのゲンは国民統合の象徴である天皇陛下を最高の殺人者呼ばわりしており、事実に反するだけでなく子供の精神、日本の安寧秩序を乱す漫画で、学習指導要領でも「天皇陛下についての理解と敬愛の念を深めるようにする事」と指導するように謳われている事からも、学校図書館に置く行為は学習指導要領に反する。

③はだしのゲンでは、「君が代なんか国歌じゃない」と描かれており、君が代を国歌と定めた国旗国歌法に反し、学校においては学習指導要領でも、「我が国の国旗と国歌の意義を理解させ、これを尊重する態度を育てる」と謳われており、学校は国旗・国歌について生徒を指導すべき責務を負っているので、学校図書館に置く行為は国旗国歌法、学習指導要領に反する。

④御皇室、宮内庁も、「はだしのゲン」で描かれている先帝陛下に対する不敬に対して、御意思を示される事は、有り得ないが、現行法律に沿って仮に告訴の御意思を示されれば、刑法第232条により代理で内閣総理大臣が刑法第231条2項の名誉毀損罪で告訴出来る不敬極まりない大問題です。

よって、最高裁判決に照らしても、学習指導要領は単なる指導助言文書ではなく、法的基準性があるという判断が出ていることから、「はだしのゲン」を平和教育教材として推進し、生徒に閲覧させる環境を保全した松江市教育委員会・清水伸夫教育長の行為は、下記の地方公務員法に抵触している。(最高裁昭和43年(あ)第1614号、昭和51年5月21日 最高裁判決、平成8年2月22日 大阪地裁判決・学制百二十年史編集委員会)

●地方公務員法
(懲戒)
第二十九条  職員が次の各号の一に該当する場合においては、これに対し懲戒処分として戒告、減給、停職又は免職の処分をすることができる。
一  この法律若しくは第五十七条に規定する特例を定めた法律又はこれに基く条例、地方公共団体の規則若しくは地方公共団体の機関の定める規程に違反した場合
二  職務上の義務に違反し、又は職務を怠つた場合
三  全体の奉仕者たるにふさわしくない非行のあつた場合

(法令等及び上司の職務上の命令に従う義務)
第三十二条  職員は、その職務を遂行するに当つて、法令、条例、地方公共団体の規則及び地方公共団体の機関の定める規程に従い、且つ、上司の職務上の命令に忠実に従わなければならない。

(信用失墜行為の禁止)
第三十三条  職員は、その職の信用を傷つけ、又は職員の職全体の不名誉となるような行為をしてはならない。

[PR]
by 99jounokai | 2013-09-05 11:06 | 教科書問題

はだしのゲンを平和教育の教材にしている広島市・来月早々に広島市民の手により広島市議会に陳情します。

             陳  情  書                     


平成25年9月 日                                                     

広島市議会議長殿

住所           
            
氏名 

連絡先

件名 はだしのゲンを広島市の平和教育の教材として使用し、学校図書館等に並べている件について                  

1.要旨
「学習指導要領」「国旗及び国歌に関する法律」を尊重せず、「はだしのゲン」を学校図書館に並べて、広島市の平和教育教材として推進し、生徒に閲覧させる環境を保全する行為は、広島市尾形完治教育長、広島市内の学校長が、下記の根拠から地方公務員法に背く行為になります。
よって、せめて、「はだしのゲン」コミック版でいえば、事実に基づかない表現、記述が描かれ出した5巻以降は閲覧制限し、後には撤去するように求めます。

2.陳情理由
平成25年8月3日京都新聞朝刊(サンケイ http://www.sankeibiz.jp/express/news/130805/exg1308051411000-n1.htm)によると、平和教育の教材に、「はだしのゲン」が使われ、ゲンと同世代の小学3年生が学んでいる。広島市中区市立立基町小学校の二宮孝司校長は「ゲンを読むと、子供は当時の世界に引き込まれる」、今、ゲンに託す思いは強い。校舎の踊り場にも単行本が並び、「こんなにいい“教材”はない」と絶賛しておられますが、この行為は「学習指導要領」「国旗及び国歌に関する法律」に反しておりますので、下記の根拠から地方公務員法にも抵触します。

はだしのゲンは、激しい描写、歴史問題の是非という以前に、学校図書館に陳列し、平和教育に使用する行為は下記の問題点がありますので、下記を参考に、せめて、「はだしのゲン」コミック版でいえば、事実に基づかない表現、記述が描かれ出した5巻以降は閲覧制限し、後には撤去する事が、「学習指導要領」に基づいた正しい選択である。

①日本図書館協会「図書館の自由委員会」西河内靖泰委員長が、松江市教育委員会に提出した要望書にある通り、図書館の自由宣言では図書館に資料の収集、提供の自由が保障されているが、資料とは、第一に公文書記録、従軍者、現場にいた事件当事者等が、その事件の直後、その発生場所で記した文章類の事で、二次資料である戦後の研究・論文であっても、必ず一次資料を基にしなければ論文とは認められないというのが歴史学では定説であり、「はだしのゲン」のようなフィクションは歴史資料としては全く価値が存在しない事から、国民の知る自由を妨害する事にもならず、西河内靖泰委員長がいう「図書館の自由に関する宣言」に抵触しません。(秦郁彦氏「資料分類法」、内藤智秀氏「史学概論」)

②はだしのゲンは国民統合の象徴である天皇陛下を最高の殺人者呼ばわりしており、事実に反するだけでなく子供の精神、日本の安寧秩序を乱す漫画で、学習指導要領でも「天皇陛下についての理解と敬愛の念を深めるようにする事」と指導するように謳われている事からも、学校図書館に置く行為は学習指導要領に反する。

③はだしのゲンでは、「君が代なんか国歌じゃない」と描かれており、君が代を国歌と定めた国旗国歌法に反し、学校においては学習指導要領でも、「我が国の国旗と国歌の意義を理解させ、これを尊重する態度を育てる」と謳われており、学校は国旗・国歌について生徒を指導すべき責務を負っているので、学校図書館に置く行為は国旗国歌法、学習指導要領に反する。

④御皇室、宮内庁も、「はだしのゲン」で描かれている先帝陛下に対する不敬に対して、御意思を示される事は、有り得ないが、現行法律に沿って仮に告訴の御意思を示されれば、刑法第232条により代理で内閣総理大臣が刑法第231条2項の名誉毀損罪で告訴出来る不敬極まりない大問題です。

よって、最高裁判決に照らしても、学習指導要領は単なる指導助言文書ではなく、法的基準性があるという判断が出ていることから、「はだしのゲン」を平和教育教材として推進する広島市教育委員会・尾形完治教育長、広島市基町小学校・二ノ宮孝司校長の行為は、下記の地方公務員法に抵触している。(最高裁昭和43年(あ)第1614号、昭和51年5月21日 最高裁判決、平成8年2月22日 大阪地裁判決・学制百二十年史編集委員会)

●地方公務員法
(懲戒)
第二十九条  職員が次の各号の一に該当する場合においては、これに対し懲戒処分として戒告、減給、停職又は免職の処分をすることができる。
一  この法律若しくは第五十七条に規定する特例を定めた法律又はこれに基く条例、地方公共団体の規則若しくは地方公共団体の機関の定める規程に違反した場合
二  職務上の義務に違反し、又は職務を怠つた場合
三  全体の奉仕者たるにふさわしくない非行のあつた場合

(法令等及び上司の職務上の命令に従う義務)
第三十二条  職員は、その職務を遂行するに当つて、法令、条例、地方公共団体の規則及び地方公共団体の機関の定める規程に従い、且つ、上司の職務上の命令に忠実に従わなければならない。

(信用失墜行為の禁止)
第三十三条  職員は、その職の信用を傷つけ、又は職員の職全体の不名誉となるような行為をしてはならない。

[PR]
by 99jounokai | 2013-08-27 16:07 | 法律、条令、規則等

はだしのゲン自由閲覧撤回に向け、松江市議会議長、教育長に28日陳情します 

                陳  情  書                     


平成25年8月28日                                                     

松江市議会議長殿
松江市教育委員会教育長殿

住所           
            
氏名 西村斉

連絡先

件名 はだしのゲン閲覧制限撤回処置に関すること                  

1.要旨
「学習指導要領」「国旗及び国歌に関する法律」を尊重せず、「はだしのゲン」を学校図書館に並べて、平和教材として推進し、生徒に閲覧させる環境を保全する行為は、松江市清水伸夫教育長、松江市内の学校長が、松江市法令遵守推進条例、地方公務員法に背く行為になります。
よって、せめて、「はだしのゲン」コミック版でいえば、事実に基づかない表現、記述が描かれ出した5巻以降は閲覧制限を継続し、後には撤去するように求めます。

2.陳情理由
はだしのゲンは、激しい描写、歴史問題の是非という以前に、学校図書館に陳列し、平和教育に使用する行為は下記の問題点がありますので、下記を参考に、平成25年8月26日教育委員会臨時会議で決定した自由閲覧処置を撤回し、松江市教育委員会前教育長の方針通り閲覧制限を継続するか、もしくは、せめて、「はだしのゲン」コミック版でいえば、事実に基づかない表現、記述が描かれ出した5巻以降は閲覧制限を継続し、後には撤去する事が、「学習指導要領」に基づいた正しい選択である。

①日本図書館協会「図書館の自由委員会」西河内靖泰委員長の要望書にある、図書館の自由宣言で図書館に資料の収集、提供の自由が保障されているが、資料とは、第一に公文書記録、従軍者、現場にいた事件当事者等が、その事件の直後、その発生場所で記した文章類の事で、二次資料である戦後の研究・論文であっても、必ず一次資料を基にしなければ論文とは認められないというのが歴史学では定説であり、「はだしのゲン」のようなフィクションは歴史資料としては全く価値が存在しない事から、国民の知る自由を妨害する事にもならず、西河内靖泰委員長がいう「図書館の自由に関する宣言」に抵触しません。(秦郁彦氏「資料分類法」、内藤智秀氏「史学概論」)

②はだしのゲンは国民統合の象徴である天皇陛下を最高の殺人者呼ばわりしており、事実に反するだけでなく子供の精神、日本の安寧秩序を乱す漫画で、学習指導要領でも「天皇陛下についての理解と敬愛の念を深めるようにする事」と指導するように謳われている事からも、学校図書館に置く行為は学習指導要領に反する。

③はだしのゲンでは、「君が代なんか国歌じゃない」と描かれており、君が代を国歌と定めた国旗国歌法に反し、学校においては学習指導要領でも、「我が国の国旗と国歌の意義を理解させ、これを尊重する態度を育てる」と謳われており、学校は国旗・国歌について生徒を指導すべき責務を負っているので、学校図書館に置く行為は国旗国歌法、学習指導要領に反する。

④御皇室、宮内庁も、「はだしのゲン」で描かれている先帝陛下に対する不敬に対して、御意思を示される事は、有り得ないが、現行法律に沿って仮に告訴の御意思を示されれば、刑法第232条により代理で内閣総理大臣が刑法第231条2項の名誉毀損罪で告訴出来る不敬極まりない大問題です。

よって、最高裁判決に照らしても、学習指導要領は単なる指導助言文書ではなく、法的基準性があるという判断が出ていることから、「はだしのゲン」を平和教育教材として推進し、生徒に閲覧させる環境を保全する行為は、松江市清水伸夫教育長、松江市内の学校長が、松江市法令遵守推進条例、下記の地方公務員法に背く行為となります。
(最高裁昭和43年(あ)第1614号、昭和51年5月21日 最高裁判決、平成8年2月22日 大阪地裁判決・学制百二十年史編集委員会)

●地方公務員法
(懲戒)
第二十九条  職員が次の各号の一に該当する場合においては、これに対し懲戒処分として戒告、減給、停職又は免職の処分をすることができる。
一  この法律若しくは第五十七条に規定する特例を定めた法律又はこれに基く条例、地方公共団体の規則若しくは地方公共団体の機関の定める規程に違反した場合
二  職務上の義務に違反し、又は職務を怠つた場合
三  全体の奉仕者たるにふさわしくない非行のあつた場合

(法令等及び上司の職務上の命令に従う義務)
第三十二条  職員は、その職務を遂行するに当つて、法令、条例、地方公共団体の規則及び地方公共団体の機関の定める規程に従い、且つ、上司の職務上の命令に忠実に従わなければならない。

(信用失墜行為の禁止)
第三十三条  職員は、その職の信用を傷つけ、又は職員の職全体の不名誉となるような行為をしてはならない。  

[PR]
by 99jounokai | 2013-08-26 19:57 | 法律、条令、規則等

はだしのゲン閲覧制限問題は、論点が、ずれている!26日松江市教委会議に向けて論点を申し入れ!

               申し入れ書

古川康徳副教育長!お久しぶりです。用件のみ申します。

はだしのゲンは、激しい描写、歴史問題の是非という以前に、学校図書館に陳列し、学校教育に使用する行為は下記の問題点がありますので26日の臨時会議には下記を参考に、松江教育委員会元教育長の方針通り閲覧制限を継続する主張を行って下さい。 尚、重要ですので現教育長にもお伝え下さい。

①日本図書館協会「図書館の自由委員会」西河内靖泰委員長の要望書にある、図書館の自由宣言で図書館に資料の収集、提供の自由が保障されているが、資料とは、第一に公文書記録、従軍者、現場にいた事件当事者等が、その事件の直後、その発生場所で記した文章類の事で、二次資料である戦後の研究・論文であっても、必ず一次資料を基にしなければ論文とは認められないというのが歴史学では定説であり、「はだしのゲン」のようなフィクションは歴史資料としては全く価値が存在しない事から、国民の知る自由を妨害する事にもならず、西河内靖泰委員長がいう「図書館の自由に関する宣言」に抵触しません。(秦郁彦氏「資料分類法」、内藤智秀氏「史学概論」)

②はだしのゲンは国民統合の象徴である天皇陛下を最高の殺人者呼ばわりしており、事実に反するだけでなく子供の精神、日本の安寧秩序を乱す漫画で、学習指導要領でも「天皇陛下についての理解と敬愛の念を深めるようにする事」と指導するように謳われている事からも、学校図書館に置く行為は学習指導要領に反する。

③はだしのゲンでは、「君が代なんか国歌じゃない」と描かれており、君が代を国歌と定めた国旗国歌法に反し、学校においては学習指導要領でも、「我が国の国旗と国歌の意義を理解させ、これを尊重する態度を育てる」と謳われており、学校は国旗・国歌について生徒を指導すべき責務を負っているので、学校図書館に置く行為は国旗国歌法、学習指導要領に反する。

④御皇室、宮内庁も、「はだしのゲン」で描かれている先帝陛下に対する不敬に対して、御意思を示される事は、有り得ないが、現行法律に沿って仮に告訴の御意思を示されれば、刑法第232条により代理で内閣総理大臣が刑法第231条2項の名誉毀損罪で告訴出来る不敬極まりない大問題です。

⑤「学習指導要領」「国旗及び国歌に関する法律」を尊重せず、「はだしのゲン」を学校図書館に並べて、平和教材として推進し、生徒に閲覧させる環境を保全する行為は、松江市清水伸夫教育長、松江市内の学校長が下記の地方公務員法に背く行為です。

よって、最高裁判決に照らしても、学習指導要領は単なる指導助言文書ではなく、法的基準性があるという判断が出ていることから、「はだしのゲン」を平和教育教材として推進し、生徒に閲覧させる環境を保全する行為は、松江市清水伸夫教育長、松江市内の学校長が、松江市法令遵守推進条例、下記の地方公務員法に背く行為となります。
(最高裁昭和43年(あ)第1614号、昭和51年5月21日 最高裁判決、平成8年2月22日 大阪地裁判決・学制百二十年史編集委員会)

●地方公務員法
(懲戒)
第二十九条  職員が次の各号の一に該当する場合においては、これに対し懲戒処分として戒告、減給、停職又は免職の処分をすることができる。
一  この法律若しくは第五十七条に規定する特例を定めた法律又はこれに基く条例、地方公共団体の規則若しくは地方公共団体の機関の定める規程に違反した場合
二  職務上の義務に違反し、又は職務を怠つた場合
三  全体の奉仕者たるにふさわしくない非行のあつた場合

(法令等及び上司の職務上の命令に従う義務)
第三十二条  職員は、その職務を遂行するに当つて、法令、条例、地方公共団体の規則及び地方公共団体の機関の定める規程に従い、且つ、上司の職務上の命令に忠実に従わなければならない。

(信用失墜行為の禁止)
第三十三条  職員は、その職の信用を傷つけ、又は職員の職全体の不名誉となるような行為をしてはならない。

松江市教委 古川康徳副教育長殿

平成25年8月23日

山城乃圀企画 西村斉

[PR]
by 99jounokai | 2013-08-26 00:04 | 法律、条令、規則等

松江市教育長に、はだしのゲンの閲覧制限撤回を要請した日本図書館協会に質問要請を送付

                質問要請書


日本図書館協会の「図書館の自由委員会」(委員長=西河内靖泰氏)は22日、原爆や戦争の悲惨さを描いた漫画「はだしのゲン」の閲覧を市内の小中学校に制限させた松江市教育委員会と同市の清水伸夫教育長に対し、子どもたちの自主的な読書活動を尊重し、閲覧制限を「再考」=撤回するよう求める要望書を送付しました。要望書は、図書館は国民の知る自由を保障することを最も基本的な任務とし、図書館利用の公平な権利を年齢等によって差別してはならず、「ある種の資料を特別扱いしたり、書架から撤去したりはしない」とした「図書館の自由に関する宣言」(日本図書館協会総会決議=1979年)を提示し、アメリカ図書館協会が年齢による図書館利用の制限措置を「目立たない形の検閲」だと批判していると警告を発しています。(赤旗8月24日 http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-08-24/2013082415_01_1.html)という事ですが、肝心要の要点だけ質問、要請します。

①西河内靖泰委員長の要望書にある、図書館の自由宣言で図書館に資料の収集、提供の自由が保障されているが、資料とは、第一に公文書記録、従軍者、現場にいた事件当事者等が、その事件の直後、その発生場所で記した文章類の事で、二次資料である戦後の研究・論文であっても、必ず一次資料を基にしなければ論文とは認められないというのが歴史学では定説であり、「はだしのゲン」のようなフィクションは歴史資料としては全く価値が存在しない事から、国民の知る自由を妨害する事にもならず、西河内靖泰委員長がいう「図書館の自由に関する宣言」に抵触しませんので、松江市清水伸夫教育長に、せめて、コミック版でいえば5巻以降は閲覧制限を継続する事、後には撤去するように要請して戴けますようお願い致します。(秦郁彦氏「資料分類法」、内藤智秀氏「史学概論」)

私の見解が誤っていると言うならば、少なくとも、「はだしのゲン」の中で描かれている、「食事をしながら母親に、日本官憲による強制連行の事実証拠は皆無なのに、いかにも日本官憲に強制連行されたとする朝鮮人の悲惨な境遇について、ありもしない嘘出鱈目を語らせ、日本軍が妊婦の腹を切り裂いて中の赤ん坊を引っ張り出したり女性の性器の中に一升瓶がどれだけ入るか叩きこんで骨盤を砕いて殺したりしたなどと、支那軍が通州事件などで日本人に行った支那特有の残虐行為蛮行を日本軍の蛮行だと描いている」場面が事実だという第一次資料を提示して下さるように要請します。

②はだしのゲンは国民統合の象徴である天皇陛下を最高の殺人者呼ばわりしており、事実に反するだけでなく子供の精神、日本の安寧秩序を乱す漫画で、学習指導要領でも「天皇陛下についての理解と敬愛の念を深めるようにする事」と指導するように謳われている事からも、学校図書館に置く行為は学習指導要領に反するので、松江市清水伸夫教育長に、せめて、コミック版でいえば5巻以降は閲覧制限を継続する事、後には撤去するように要請して戴けますようお願い致します。

③はだしのゲンでは、「君が代なんか国歌じゃない」と描かれており、君が代を国歌と定めた国旗国歌法に反し、学校においては学習指導要領でも、「我が国の国旗と国歌の意義を理解させ、これを尊重する態度を育てる」と謳われており、学校は国旗・国歌について生徒を指導すべき責務を負っているので、学校図書館に置く行為は国旗国歌法、学習指導要領に反するので、松江市清水伸夫教育長に、せめて、コミック版でいえば5巻以降は閲覧制限を継続する事、後には撤去するように要請して戴けますようお願い致します。

④御皇室、宮内庁も、「はだしのゲン」で描かれている先帝陛下に対する不敬に対して、御意思を示される事は、有り得ないが、現行法律に沿って仮に告訴の御意思を示されれば、刑法第232条により代理で内閣総理大臣が刑法第231条2項の名誉毀損罪で告訴出来る不敬極まりない大問題であるので、松江市清水伸夫教育長に、せめて、コミック版でいえば5巻以降は閲覧制限を継続する事、後には撤去するように要請して戴けますようお願い致します。

⑤日本図書館協会の「図書館の自由委員会」(委員長=西河内靖泰氏)が「学習指導要領」「国旗及び国歌に関する法律」を尊重せず、「はだしのゲン」を学校図書館に並べて、平和教材として推進し、生徒に閲覧させる環境を保全する行為は、松江市清水伸夫教育長、松江市内の学校長が下記の地方公務員法に背く行為を、幇助しているに等しく、即刻、改めるように要請します。

尚、昭和51年5月の旭川学力調査事件の最高裁判決では学習指導要領にも法的基準性があるという判断です。(学制百二十年史編集委員会)

又、上記の私の指摘を精査して、学校図書館に「はだしのゲン」を並べる行為、学校平和教育の教材として使用する行為が、「学習指導要領」「国旗及び国歌に関する法律」「地方公務員法」に違反しているのか?違反していないのか?も回答下さい。
仮に、違反していないという見解ならば、その法的根拠を提示して下さい。

必ず、平成25年8月31日までに回答願います。

●地方公務員法
(懲戒)
第二十九条  職員が次の各号の一に該当する場合においては、これに対し懲戒処分として戒告、減給、停職又は免職の処分をすることができる。
一  この法律若しくは第五十七条に規定する特例を定めた法律又はこれに基く条例、地方公共団体の規則若しくは地方公共団体の機関の定める規程に違反した場合
二  職務上の義務に違反し、又は職務を怠つた場合
三  全体の奉仕者たるにふさわしくない非行のあつた場合

(法令等及び上司の職務上の命令に従う義務)
第三十二条  職員は、その職務を遂行するに当つて、法令、条例、地方公共団体の規則及び地方公共団体の機関の定める規程に従い、且つ、上司の職務上の命令に忠実に従わなければならない。

(信用失墜行為の禁止)
第三十三条  職員は、その職の信用を傷つけ、又は職員の職全体の不名誉となるような行為をしてはならない。

平成25年8月24日

日本図書館協会「図書館の自由委員会」委員長 西河内靖泰殿

山城乃圀企画 西村斉

回答先 yamashironokuni-kikaku@mail.goo.ne.jp



[PR]
by 99jounokai | 2013-08-25 13:11

はだしのゲンを平和教育の教材に使用した広島市教育委員会、広島基町小学校校長から出鱈目回答が来ました

山城乃圀企画  西村 斉 様

 8月6日(火)にいただいた質問、要請書に回答します。
 漫画「はだしのゲン」は、作者自身の被爆体験から、戦時中の人々のくらしや 被爆の惨禍、復興に向けて立ち上がった人々の様子を描いた作品であり、全体を通して、戦争のない平和な世界を希求する強い願いを読者に訴える内容であると受け止めています。
 
 平和教育プログラムでは、作品の中で、家族のきずなや命の尊さ、平和の大切さが描かれている場面を教材化しています。

平成25年8月20日    
広島市教育委員会学校教育部 
指導第二課長 登民夫 

広島市立基町小学校     
校長 二宮孝司 

8月6日提出した此方の質問要請書 http://iyakichi.exblog.jp/19424914/

●回答が逃げの瑕疵だらけでしたので8月21日、再度質問要請書を提出しました

                       再質問要請書

肝心要の質問箇所に対して、全く回答されておられない事に、大変驚いております。

そちらの回答にある、「平和教育プログラムでは、作品の中で、家族のきずなや命の尊さ、平和の大切さが描かれている場面を教材化しています。」という事ですが、ならば、「はだしのゲン」の中で描かれている、「食事をしながら母親に、日本官憲による強制連行の事実証拠は皆無なのに、いかにも日本官憲に強制連行されたとする朝鮮人の悲惨な境遇について、ありもしない嘘出鱈目を語らせ、日本軍が妊婦の腹を切り裂いて中の赤ん坊を引っ張り出したり女性の性器の中に一升瓶がどれだけ入るか叩きこんで骨盤を砕いて殺したりしたなどと、支那軍が通州事件などで日本人に行った支那特有の残虐行為蛮行を日本軍の蛮行だと描いている」場面の巻は子供の手に届かない所に閉架措置が取られているのでしょうか?報道では、広島市立基町小学校では、校舎の踊り場にも単行本が並べられていると報じられております。何巻から何巻まで並べられているのでしょうか?回答下さい。

仮に、「家族のきずなや命の尊さ、平和の大切さが描かれている場面」の巻のみ、校舎の踊り場に並べられているとしても、最後の巻まで読みたくなるのが人間の心理だと思います。

ともかく、「はだしのゲン」全巻で判断して、何故に、広島市教育振興基本計画、学校図書館法、全国学校図書館協議会図書選定基準、教育基本法、「学校図書館活用教育」の推進、子どもの読書活動の推進に関する法律に違反してまでも、「はだしのゲン」を平和学校教育の教材に使用するのか?意図が理解できません。

何に怯えておられるのでしょうか?「はだしのゲン」推進派が、日教組に「はだしのゲン」の普及活動への協力を求めて、日教組がそれに応えて、学校図書館や学級文庫にそれを置くという運動を展開し、そこから公共図書館へと広がるきっかけになったので、日教組に怯えておられるのは明らかです。(日本図書館協会図書館の自由に関する調査委員会編『表現の自由から図書館を考える』日本図書館協会 三十四~三十五頁)
云わば、「はだしのゲン」という愚劣極まりない漫画は、漫画を通じて、未来の日本を担う子供たちに「反天皇制」、「反戦」、侵略戦争史観」、「在日擁護」、「日本人の残虐性」といった信念を精神に形成させる目的であるのは明白であります。

私の見解が誤っていると言うならば、少なくとも、「はだしのゲン」の中で描かれている、「食事をしながら母親に、日本官憲による強制連行の事実証拠は皆無なのに、いかにも日本官憲に強制連行されたとする朝鮮人の悲惨な境遇について、ありもしない嘘出鱈目を語らせ、日本軍が妊婦の腹を切り裂いて中の赤ん坊を引っ張り出したり女性の性器の中に一升瓶がどれだけ入るか叩きこんで骨盤を砕いて殺したりしたなどと、支那軍が通州事件などで日本人に行った支那特有の残虐行為蛮行を日本軍の蛮行だと描いている」場面が事実だという第一次資料を提示して下さるように再度、要請します。

そして、前回の質問要請書で問題にしたのは、上記質問要請に記している通り、主に「はだしのゲン」での、捏造朝鮮人強制連行、日本人が支那で行ったと言い張る残虐行為に関してでありましたが、都合の悪いタブーとされている質問には無回答という余りにも誠意のない回答でしたので、今回は、前回触れていなかった下記の通り「国旗及び国歌に関する法律」、「地方公務員法」についても問題にし、再度要請します。

「はだしのゲン」には君が代に関するシーンが描かれており、主人公のゲンが「君が代なんか歌うもんか」「君が代なんか国歌じゃない」「君が代なんかだれが歌うもんかクソクラエじゃ」と描かれています。
この事からも、「はだしのゲン」を、税金を使って購入して、小中学生に平和学校教育の教材として使用する行為は、「君が代」を国歌と定めた国旗国歌法に違反していますし、学校においては学習指導要領に基づき、国旗・国歌について生徒を指導すべき責務を負っており、明らかにそれにも抵触しておりますので、小中学生に閲覧させたり、図書館に置き続ける道理は御座いません。

その他にも、ゲンは「天皇陛下」とは呼んでおらず、「裕仁」「今上裕仁」と呼び捨てにし、又、「その数千万人の人間の命を平気でとることを許した天皇をわしゃ許さんわい」「いまだに戦争責任をとらずに ふんぞりかえっとる天皇を わしゃ許さんわいっ」 「最高の殺人者」「戦争狂」呼ばわりし、更に「貧相な面をした今上裕仁」と描かれております。

そして、国民統合の象徴である天皇陛下を「最高の殺人者」呼ばわりすることは、事実に反するだけではなく、公序良俗に反しており、子供の精神、日本の安寧秩序を乱す漫画で、更に、学習指導要領でも、「天皇についての理解と敬愛の念を深めるようにすること」と指導するように謳われている事からも、学校教育の教材に採用する道理はありません。

よって、広島市教育委員会(教育長)、広島市中区市立立基町小学校の二宮孝司校長が、「学習指導要領」「国旗及び国歌に関する法律」を厳守せず、平和学校教育の教材に、「はだしのゲン」を使用する行為は、少なくとも下記の地方公務員法に違反しておりますので、即刻、改めるように再度、要請します。

又、上記の私の指摘を精査して、「学習指導要領」「国旗及び国歌に関する法律」「地方公務員法」に違反しているのか?違反していないのか?も回答下さい。
仮に、違反していないという見解ならば、その法的根拠を提示して下さい。

必ず、平成25年8月26日までに今回は真摯に回答願います。

●地方公務員法
(懲戒)
第二十九条  職員が次の各号の一に該当する場合においては、これに対し懲戒処分として戒告、減給、停職又は免職の処分をすることができる。
一  この法律若しくは第五十七条に規定する特例を定めた法律又はこれに基く条例、地方公共団体の規則若しくは地方公共団体の機関の定める規程に違反した場合
二  職務上の義務に違反し、又は職務を怠つた場合
三  全体の奉仕者たるにふさわしくない非行のあつた場合

(法令等及び上司の職務上の命令に従う義務)
第三十二条  職員は、その職務を遂行するに当つて、法令、条例、地方公共団体の規則及び地方公共団体の機関の定める規程に従い、且つ、上司の職務上の命令に忠実に従わなければならない。

(信用失墜行為の禁止)
第三十三条  職員は、その職の信用を傷つけ、又は職員の職全体の不名誉となるような行為をしてはならない。

[PR]
by 99jounokai | 2013-08-21 13:09 | 法律、条令、規則等

松江市教育委員会がはだしのゲンを閉架した件で、国賊が蠢き出したので探りを入れました!

                質問要請書

平成25年8月19日赤旗WEBの記事について質問します。http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-08-19/2013081901_02_1.html

被爆体験を描いた漫画「はだしのゲン」が過激・残虐な描写であるのが原因で閉架図書に指定されましたが、本質は私の友人(中島康治)が提出した陳情書にあるとおり、「ありもしない日本軍の蛮行が描かれており、子どもたちに間違った歴史認識を植え付ける」として作品の撤去を陳情したのであります。なにも、漫画にある原爆の悲惨な現実の箇所を問題にしているのではありません。

共産党片寄直行松江市議団長は「自由に閲覧できるように制限を解除するべきだ」と市教委に再考を求めたいと、上記赤旗記事にて仰っておられ、片寄直行市議団長と同じ歴史認識を共有されている県教職員組合の舟木健治委員長も『はだしのゲン』は、日本国内でも多くの人々に読み継がれ、世界にも広がっている。平和学習の教材にも使われている。閲覧や貸し出しに制限が求められるような作品ではないと記事で述べておられます。

ならば、陳情者が、「ありもしない日本軍の蛮行が描かれており、子どもたちに間違った歴史認識を植え付ける」として問題にし、「はだしのゲン」の中で描かれている、「食事をしながら母親に、日本官憲による強制連行の事実証拠は皆無なのに、いかにも日本官憲に強制連行されたとする朝鮮人の悲惨な境遇について、ありもしない嘘出鱈目を語らせ、日本軍が妊婦の腹を切り裂いて中の赤ん坊を引っ張り出したり女性の性器の中に一升瓶がどれだけ入るか叩きこんで骨盤を砕いて殺したりしたなどと、支那軍が通州事件などで日本人に行った支那特有の残虐行為蛮行を日本軍の蛮行だと描いている」場面が事実だというならば一次資料を提示して下さい。

具体的には、「はだしのゲン」で描かれている問題に関連する下記の三項目に回答し、資料の提示をしてください。
①日本官憲による朝鮮人強制連行の一次資料
②日本人によって南京大虐殺が行われたという一次資料
③通州事件とは、どういう事件か?誰が加害者で、誰が被害者かを回答下さい。

尚、本件は社会問題化しており、陳情者の中島康治氏と同席して、松江教育委員会、島根県教育庁と面談した当事者の一人である私の質問、要請ですので平成25年8月25日までに必ず回答下さい。

平成25年8月19日
共産党片寄直行松江市議団長殿
島根県教職員組合舟木健治委員長殿

山城乃圀企画 西村斉

[PR]
by 99jounokai | 2013-08-19 12:17 | 全教組

【はだしのゲンが平和教育の教材】広島市教育委員長、広島市立基町小学校校長に質問、要請書を提出 

               質問、要請書

平成25年8月3日京都新聞朝刊(サンケイ http://www.sankeibiz.jp/express/news/130805/exg1308051411000-n1.htm)によると、平和教育の教材に、「はだしのゲン」が使われ、ゲンと同世代の小学3年生が学んでいる。広島市中区市立立基町小学校の二宮孝司校長は「ゲンを読むと、子供は当時の世界に引き込まれる」、今、ゲンに託す思いは強い。校舎の踊り場にも単行本が並び、「こんなにいい“教材”はない」と絶賛しておられることについて質問、要請致します。
尚、問題にしているのは「はだしのゲン」での、天皇陛下に対しての不敬、捏造朝鮮人強制連行、日本人が支那で行ったと言い張る残虐行為に関してであり、原爆投下被害の部分は問題にしておりませんので、その事を踏まえて回答下さい。

要請1
「はだしのゲン」下記の広島市教育振興基本計画に完全に沿っておりません。
根拠は「はだしのゲン」の出鱈目漫画により、「子供の豊かな人生、社会の形成者として必要な基本的資質を養うこと、人間の尊厳、正義感や公正さを重んじていく心、健全な心身の育成、豊かな人間性や自主性、社会性のかん養、社会を構成する一員として一定の役割を担おうとする意欲を持ち、また、他人を尊重し、思いやることのできる青少年の育成を図るような心を構築できるとは到底思えません。

構築できるという見解であるのなら、「はだしのゲン」の歴史認識が事実であるという歴史学で証拠価値があると認定されている第一次資料を提示して下さい。
これが公正中立の道理だと思います。

●広島市教育振興基本計画
個人として豊かな人生を送ることができるよう、その基礎となる力を育てるとともに、社会の形成者として必要な基本的資質を養うことは、教育の重要な役割です。

人間の尊厳や生命の尊さを自覚し、自他共に大切にし、正義感や公正さを重んじていく心を子どもたちの中に育てていきます。

青少年の健全な心身の育成、豊かな人間性や自主性、社会性のかん養などを目指した取組を推進し、社会を構成する一員として一定の役割を担おうとする意欲を持ち、また、他人を尊重し、思いやることのできる青少年の育成を図る。

国際社会に貢献する人材や活力ある地域経済を支える人材の育成などに取り組む


●「ゲン」平和教材採用中止を'12/7/21、中国新聞
広島市教委が平和教育プログラムの教材に漫画「はだしのゲン」を採用したのを受け、「平和と安全を求める被爆者たちの会」(秀道広代表)は20日、採用中止を求める要望書を市教委に提出した。
要望書は「作品は一方的な思想描写が盛り込まれている。平和教育の創造には作品が政治的・思想的に中立な題材を選択することが重要」としている。
中区役所を訪れた会員から要望書を受け取った市教委の担当者は「一つの意見として受け止める」と伝えた。
市教委は2013年度から、平和教育プログラムを全小中高校で実施する予定でいる。本年度はモデル校で試行している。はだしのゲンは被爆後の広島で力強く生きる少年を描いた漫画家中沢啓治さんの代表作。小学3年生向けの教材で採用した。

要請2 
上記記事にある、広島市教委が平和教育プログラムの教材に採用した漫画「はだしのゲン」とは、天皇陛下を「最高の殺人者」「戦争狂」呼ばわりしている悪質極まる漫画であります。中沢啓治は、「原爆投下がなければ日本人は戦争を続け、日本民族は滅亡した。」原爆が、「天皇はじめ戦争狂の指導者をふるえ上がらせ戦争は終わった。」と嘘出鱈目を並べ、「日本人は広島、長崎の犠牲に感謝しろ!」という出鱈目な理論を展開しているが、実際には、日本は米国に対して、かなり以前から和平の意思を伝え、米国も承知していた。しかし、米国は、懲罰と人体実験、更にはソ連などに力を誇示するため、日本国民に原爆を投下したのが事実である。
そして、中沢啓治は、「はだしのゲン」の中で、食事をしながら母親に、強制連行の事実証拠は皆無なのに、強制連行されてきた朝鮮人の悲惨な境遇について、ありもしない嘘出鱈目を語らせ、日本軍が妊婦の腹を切り裂いて中の赤ん坊を引っ張り出したり女性の性器の中に一升瓶がどれだけ入るか叩きこんで骨盤を砕いて殺したりしたなどと、支那軍が通州事件などで日本人に行った支那特有の残虐行為蛮行を日本軍の蛮行だと描いている悪質な反日反天皇漫画であります。
この極左プロパガンダの書は「反核」のみを主張する漫画ではなく、「反天皇制」、「反戦」、「侵略戦争史観」、「在日擁護」、「日本人の残虐性」など、戦後左翼勢力が吹聴したプロパガンダが全て内包された恐るべき漫画である。
このような漫画は全国の図書館から撤去すべきなのに、この悪質な反日漫画を学校の教材として取り上げるなんて、理解できません。即刻に撤去を検討することを要請する。

上記要請2の、私の認識が間違いで・「はだしのゲン」の内容が事実であるというならば、上記事実に関する歴史学で証拠価値があると認定されている第一次資料を提示して下さい。

○学校図書館法
(この法律の目的)
第1条 この法律は、学校図書館が、学校教育において欠くことのできない基礎的な設備であることにかんがみ、その健全な発達を図り、もつて学校教育を充実することを目的とする。

要請3
出鱈目漫画本「はだしのゲン」は上記学校図書館法に沿って選定したとはいえません。なぜならば、「健全」とは「欠陥でないこと」「偏ってないこと」であるからです。
「健全」であるというならば歴史学で証拠価値があると認定されている第一次資料を提示して下さい。

○全国学校図書館協議会図書選定基準
学校における教育課程の展開に寄与し、児童生徒の学習活動や健全な教養・レクリエーションに役立つものであるか。
1) 知識を得るための図書
(1) 正しい知識や研究成果が述べられているか。
(2) 新しい知見や方法が紹介されているか。
(6) 取り扱っている範囲は、児童生徒が学習や研究をするのに適切であるか。
(8) 異見・異説などのある場合は、必要に応じてこれを紹介し、その原拠が示されているか。
(9) 引用文・さし絵・写真・図表などは、正確かつ適切で、必要に応じて原典が示されているか。
(10) 統計は、正確で、調査時期および原拠が示されているか。
2) 教養のための図書
(1) 児童生徒のたしかな批判力や豊かな情操を育てるものであるか。
(2) 生きる希望にあふれ、深い感動を与えるものであるか。
(3) 読書の楽しさを味わえるものであるか。
(5) 内容の取り扱いが、時流にのった興味本位のものになっていないか。
(6) 正義と真実を愛する精神に支えられているか。
(7) 人権尊重の精神が貫かれているか。
Ⅱ 部門別基準1 まんが
(1) 絵の表現は優れているか。
(2) 俗悪な言葉を故意に使っていないか。
(3) 人間の尊厳性が守られているか。
(4) ストーリーの展開に無理がないか。
(5) 俗悪な表現で読者の心情に刺激を与えようとしていないか。
(6) 悪や不正が讃えられるような内容になっていないか。
(8) 学問的な真理や歴史上の事実が故意に歪められたり、無視されたりしていないか。
(9) 実在の人物については、公平な視野に立ち、事実に基づき正確に扱われているか。
(10) 読者対象にふさわしい作品となっているか。
Ⅲ 対象としない図書
(5) 特定政党の立場よりする宣伝および一方的批判を内容としたもの。政治結社についてもこれに準ずる。

要請4
出鱈目漫画本「はだしのゲン」は上記「全国学校図書館協議会図書選定基準」に完全に違反しています。「はだしのゲン」が「全国学校図書館協議会図書選定基準」に違反していないというならば、その根拠である歴史学で証拠価値があると認定されている第一次資料を提示して下さい。

又、1)知識を得るための図書「(8) 異見・異説などのある場合は、必要に応じてこれを紹介し、その原拠が示されているか」の条文を根拠に、真実の歴史漫画である「戦争論」も学校図書館に陳列するように要請する。

○教育基本法
(教育の目的)
第一条  教育は、人格の完成を目指し、平和で民主的な国家及び社会の形成者として必要な資質を備えた心身ともに健康な国民の育成を期して行われなければならない。
(教育の目標)
第二条  教育は、その目的を実現するため、学問の自由を尊重しつつ、次に掲げる目標を達成するよう行われるものとする。
一  幅広い知識と教養を身に付け、真理を求める態度を養い、豊かな情操と道徳心を培うとともに、健やかな身体を養うこと。

質問、要請5
出鱈目漫画本「はだしのゲン」を学校図書館に陳列させる行為は上記教育基本法に違反している。(はだしのゲンを学校に陳列する行為により、心身ともに健康な国民の育成、幅広い知識と教養を身に付け、真理を求める態度を養い、豊かな情操と道徳心を培うとともに、健やかな身体を養うことは不可能である)
「はだしのゲン」が教育基本法に沿っていると言うならば、歴史学で証拠価値があると認定されている第一次資料を提示すれば解決する問題である。

下記「学校図書館活用教育」の推進に照らしても「はだしのゲン」を、学校、学校図書館に陳列する行為は「健全な教養を育成する」とは言えず、「子どもの読書活動の推進に関する法律」に照らしても、「はだしのゲン」を学校図書館に陳列し、推進するという行為は、第一条の「子どもの健やかな成長に資することを目的とする」に反し、第七条「地方公共団体は学校、図書館その他の関係機関及び民間団体との連携の強化その他必要な体制の整備に努めるものとする」という責務を果たしていないと思われます。
どういう見解か?詳細に回答下さい。又、健全であると言うならば歴史学で証拠価値があると認定されている第一次資料を提示して下さい。

●「学校図書館活用教育」の推進
○「学校図書館法 第1条」において、学校図書館は「学校教育において欠くことのできない基礎的な設備である」と位置付けられています。また、「第2条」では、「学校の教育課程の展開に寄与するとともに、児童又は生徒の健全な教養を育成することを目的として設けられる学校の設備」と定義されています。
○児童生徒の想像力を培い、学習に対する興味・関心を呼び起こし、豊かな心を育む自由な読書活動や読書指導が、「読書センター」としての機能と考えられています。

●子どもの読書活動の推進に関する法律
(目的)
第一条 この法律は、子どもの読書活動の推進に関し、基本理念を定め、並びに国及び地方公共団体の責務等を明らかにするとともに、子どもの読書活動の推進に関する必要な事項を定めることにより、子どもの読書活動の推進に関する施策を総合的かつ計画的に推進し、もって子どもの健やかな成長に資することを目的とする。
(関係機関等との連携強化)
第七条 国及び地方公共団体は、子どもの読書活動の推進に関する施策が円滑に実施されるよう、学校、図書館その他の関係機関及び民間団体との連携の強化その他必要な体制の整備に努めるものとする。

回答は平成25年8月20日までにお願いします。公務員の責務として正々堂々と回答下さい。

平成25年8月6日

広島市教育委員長 井内康輝殿
広島市中区市立立基町小学校校長 二宮孝司殿

山城乃圀企画 西村斉



[PR]
by 99jounokai | 2013-08-07 15:28 | 真の人権侵犯

島根県教育委員会教育庁義務教育課から回答が来ましたがブサヨ丸出しの意固地の誠意無き回答でした

●島根県教育委員会は、島根県教育委員会教育庁義務教育課 槇川亨、課長代理 安達清心らが○教育基本法、○これからの時代に対応する松江市の学校教育、○島根県子ども読書活動推進計画、○地方公務員法、○島根県職員服務規程、○しまね教育ビジョン21、○北朝鮮当局によって拉致された被害者等の支援に関する法律、○子どもの読書活動の推進に関する法律に違反している事を事実上認めました。
島根県教育委員会は、自らが違反していない条文には張り切って違反していない根拠を示したが、上記の法律等の条文には違反しているので、確信犯的に根拠を示しての回答をせず、惚ける態度は反日団体と同じ手法である。

此方の再々質問 http://iyakichi.exblog.jp/17912497/

●山城乃國企画 西村斉 様

平成25年3月2日にいただいた質問についてお答えいたします。

1 島根県教育庁義務教育課の職員が子どもの読書活動の推進に関する法律等に反していないという根拠、条文等について

 学校図書館を整備し、充実を図ることは、学校の設置者の任務であり、小中学校の図書館にどの図書を整備するかについて県教育委員会が決定する立場にありません。したがって、県教育庁義務教育課の職員が子どもの読書活動の推進に関する法律等(ご指摘のありました法律、規程、基準、計画等)に違反するというご指摘にはあたりません。
 
2 「北朝鮮当局によって拉致された被害者等の支援に関する法律」に抵触していない根拠について

 前回回答させていただいたとおりです。

♪♪**********************************************
 島根県 教育庁総務課 課長代理 森本 敬史
 TEL 0852−22−6219
 FAX 0852−22−5400
 MAIL morimoto-takashi@pref.shimane.lg.jp

[PR]
by 99jounokai | 2013-03-19 17:46 | 教科書問題

【はだしのゲン】島根県教育庁から回答が来ましたが、都合が悪いのか?定例の歯抜け回答なので再々質問

山城乃圀企画 西村斉 様

平成25年2月7日にいただいた質問について回答します。

1 教育委員会の職員が島根県職員服務監察規程の対象外であるという根拠となる条文等について

 島根県職員服務監察規程第2条において、知事の執行機関の所属長が対象とされており、教育委員会の職員は含まれていません。

2 島根県教育庁義務教育課の職員が学校図書館法等に反していないという根拠、条文等について

 学校図書館を整備し、充実を図ることは、学校の設置者の任務であり、小中学校の図書館の整備については県教育委員会が決定する立場にありません。したがって、県教育庁義務教育課の職員が学校図書館法等に違反するというご指摘にはあたりません。
 
 日本人を拉致した国名、主犯について当該職員が答えなかったことが「北朝鮮当局によって拉致された被害者等の支援に関する法律」に違反するという根拠規定はありません。

3 服務上問題となる行為は認められなかったという具体的な根拠、条文について

 2の理由から、当該職員について地方公務員法及び職員服務規程の規定に照らし問題となる行為は認められません。

**********************************************
島根県 教育庁総務課 課長代理 森本 敬史

●此方の再々質問

教育委員会の職員が島根県職員服務監察規程の対象外である事と、学校図書館法については今回の案件は子供の精神教育に関する事なので教育委員会の役割事務として不満に感じますが法律として一応は理解しました。
しかし、下記の再質問に対して、法律、規程、基準、計画等に違反しているか?違反していないか?の回答が歯抜けのように抜けておりましたので前回の質問にある各要請事実を確認して頂き、再々度、真摯に誤魔化さず回答下さい。

各要請事実が記されている前回の再質問 http://iyakichi.exblog.jp/17785596/
●回答して頂けなかった再質問
島根県教育委員会教育庁義務教育課 槇川亨、課長代理 安達清心らが○教育基本法、○これからの時代に対応する松江市の学校教育、○島根県子ども読書活動推進計画、○地方公務員法、○島根県職員服務規程、○しまね教育ビジョン21に反していないという根拠、条文等を示して下さい。又、服務上問題となる行為は認められなかったという具体的な根拠、条文等を示して下さい。

そして今回、日本人を拉致した国名、主犯について島根県教育委員会職員が答えなかったことが「北朝鮮当局によって拉致された被害者等の支援に関する法律」に違反するという根拠規定はありませんという回答ですが、下記の北朝鮮当局によって拉致された被害者等の支援に関する法律には地方公共団体の職員の責務として支援、有機的連携、必要な施策を講じると記されている事からも、島根県教育委員会職員が拉致を実行した国、主犯さえも答えられないという回答は道義的にも考えられず、地方公務員としての適格性を欠き、責務さえも放棄し、全体の奉仕者としても失格で、信用の失墜行為でもある。この回答は、本来なら拉致問題解決の啓発を行うのが職員の責務ですが、このような回答は島根県教育委員会職員が拉致問題解決のスタートラインに立つ事をも拒否したという事です。

上記の行為は、少なくとも下記北朝鮮当局によって拉致された被害者等の支援に関する法律、地方公務員法に抵触している。万が一、抵触していないという判断なら根拠を詳細に述べて下さい。

そして、日本人を拉致した国名、主犯について当該職員が答えなかったことが「北朝鮮当局によって拉致された被害者等の支援に関する法律」に違反するという根拠規定はありませんという私に回答した回答を拉致被害者、家族の面前でも言えるのでしょうか?是非とも回答下さい。

●北朝鮮当局によって拉致された被害者等の支援に関する法律
(国等の責務)
第三条 2 国及び地方公共団体は、帰国した被害者及び帰国し、又は入国した被害者の配偶者等(以下「帰国被害者等」という。)を支援するため、有機的連携の下に必要な施策を講ずるものとする。

●地方公務員法
(降任、免職、休職等)
第二十八条 職員が、左の各号の一に該当する場合においては、その意に反して、これを降任し、又は免職することができる。
一  勤務実績が良くない場合
三  その職に必要な適格性を欠く場合
(懲戒)
第二十九条  職員が次の各号の一に該当する場合においては、これに対し懲戒処分として戒告、減給、停職又は免職の処分をすることができる。
一  この法律若しくは第五十七条に規定する特例を定めた法律又はこれに基く条例、地方公共団体の規則若しくは地方公共団体の機関の定める規程に違反した場合
二  職務上の義務に違反し、又は職務を怠つた場合
三  全体の奉仕者たるにふさわしくない非行のあつた場合
(信用失墜行為の禁止)
第三十三条  職員は、その職の信用を傷つけ、又は職員の職全体の不名誉となるような行為をしてはならない。

又、今回は上記質問に付け加え、下記「子どもの読書活動の推進に関する法律」に照らしても、「はだしのゲン」を学校図書館に陳列し、島根県教育委員会も推進するという行為は、第一条の「子どもの健やかな成長に資することを目的とする」に抵触し、上記回答にある、「学校図書館を整備し、充実を図ることは、学校の設置者の任務であり、小中学校の図書館の整備については県教育委員会が決定する立場にありません」という言い分は学校への責任転嫁で、第七条「地方公共団体は学校、図書館その他の関係機関及び民間団体との連携の強化その他必要な体制の整備に努めるものとする」という項目に完全に抵触すると思われるが、抵触するのか?しないのか?どういう見解か?詳細に回答下さい。

●子どもの読書活動の推進に関する法律
(目的)
第一条 この法律は、子どもの読書活動の推進に関し、基本理念を定め、並びに国及び地方公共団体の責務等を明らかにするとともに、子どもの読書活動の推進に関する必要な事項を定めることにより、子どもの読書活動の推進に関する施策を総合的かつ計画的に推進し、もって子どもの健やかな成長に資することを目的とする。
(関係機関等との連携強化)
第七条 国及び地方公共団体は、子どもの読書活動の推進に関する施策が円滑に実施されるよう、学校、図書館その他の関係機関及び民間団体との連携の強化その他必要な体制の整備に努めるものとする。

回答は平成25年3月11日までにお願いします。これ以上、互いに手間隙を浪費するのは建設的ではありませんので、公務員の責務として正々堂々と回答下さい。

[PR]
by 99jounokai | 2013-03-01 23:25 | 教科書問題