山城國企画            

多数のお問い合わせについて、簡単に説明します。

●11月23日の動画の件で多数の苦情がありました。あくまでも持論を述べたまでのことなのですが、生放送だったので言葉足らずな面もあり、伝わっていないようなので、特に多かった苦情の項目について具体的に回答します。
尚、私は今まで活動方法に関する問題の成否や他団体の批判等は一度も公に述べた事もありません。
今回は批判ではなく景気付けのあくまでも持論です。

苦情1 西村斉は「朝鮮学校、日教組問題で逮捕された」際に皆さんに支援、支持された事を感謝せず人として問題がある。ということですが・・・

回答 支援、支持されたくて行動を起こしたわけでなく、あくまでも「問題提起」であり、期待したのは支援、支持ではなく、自営業や、資産家、ニート、無職、自殺願望者、執行猶予等を受けていない人間が「日本全国で行われている不逞鮮人等による理不尽な行為を正す行為等」を我々の様に日本全国で頻繁に当たり前の様に起す事を期待したのであります。
勿論、金銭による支援は、お金は血液と同じなので大変重要でありますので大変感謝しているのは言うまでもありません。

苦情2 西村斉は「駅前で街宣をやっても意味が無い」という暴言を吐いた!ということですが・・・

回答 全て意味が無い!と言っているのではなく、わざわざ、「在特会がやらなくてもいい」と。あくまでも持論を言ったまでであり「意味の無い活動なんてありません」尖閣、チベット、NHK,フジテレビ問題等で一般の人も起ちあがっているので在特会は在特会らしく直接抗議(街宣、行政訪問も含む)で賊の嫌がる事をすべきであると言っただけです。
例えば、私は新風で選挙演説風に駅前で街宣をやってましたが無名の人間が駅前でやっても、よっぽどの才覚がないと国民は聞いていません。現に、有名な国会議員の中でも好き嫌いは別にして小泉純一郎や田中真紀子位の特徴のある演説しか真剣に聞かないのが現実です。(選挙期間中演説や演説者の支援者やサクラは省く)
なので、駅前でやるなら、愚民の通行人が怒る程の煽りに煽る手法、落選運動を兼ねた選挙前等、又は「本名を晒し幟とタスキに本名を入れ立候補を決意し選挙活動として、かなり頻繁に行い、顔を覚えて貰う駅前街宣なら意味がある」というのが私の持論でそれを生放送で述べたまでです。あくまでも持論なんです。

苦情3 西村斉は参加者を戦力外だと発言した!もう、支援、支持しない!ということですが・・・

回答 ただ、イベントのように参加するだけでなく自分の得意分野を発揮し自分の存在価値を発見し役割分担を担い活動してくださいという持論を言ったまでです。
そして、「支援、支持しない!」と言いますが、それは自分の問題と捉えておらず他人事で自分は安全地帯に居るから危害は加えられないと思っているのか?アメリカ在住ですか?グリーンカード所持者ですか?と感じてしまいます。日本国の一構成員としての当事者意識が全く感じ取れません。無理に支援、支持は要りませんから自分、自分の家族の問題でもあると捉え自分が支援支持されるように行動してください。

★随時、苦情が来たら回答し、この欄で更新します。

[PR]
by 99jounokai | 2011-11-25 17:19 | 活動手法
<< 日韓親善京都府議会議員連盟会長... 門真市に質問状を提出 >>