山城國企画            

国交省、京都府、宇治市で構成される「ウトロ地区住環境改善検討協議会」も此方の質問要請から逃げました。

宇土口問題は二段構えの戦略で対応しております。山城乃國企画としての算段の種蒔きは、ほぼ完了しつつあります。後は、詰めたら種蒔きが全完了となります。

此方の要請書 http://iyakichi.exblog.jp/15363393/

●下記がウトロ地区住環境改善検討協議会が此方の質問要請に逃げた箇所

宇土口不法占拠朝鮮人らを支援している「ウトロを守る会事務局」、「京都韓国民潭」「朝鮮総連」らが歴史学で証拠価値の無い下級資料(第5次資料)及び捏造資料を基に主張している「従軍慰安婦問題」「強制連行問題」「朝鮮を近代化に導いた日本の功績を搾取に捏造し日本人の名誉を毀損した事実」その他、「年金の掛け金も払わず年金を要求する理不尽」「戦後、朝鮮進駐軍と名乗り日本人に行った非道極まりない悪行」等を日本国民、我々日本人の先祖に謝罪するならば、宇土口朝鮮人住民に対して生活保護と同等の最低限の住環境整備なら山城乃國企画としては認める方向である。
 此方は歴史学で証拠価値のある第一級、二級(第一次、二次)レベルの歴史資料を基にして主張しているだけであります。万が一、此方の歴史認識に意義があるならば、今回の件は莫大な血税が投入される重要問題ですから「ウトロを守る会事務局」「京都韓国民潭」「朝鮮総連」らも歴史学で証拠価値のある第一級、二級(第一次、二次)レベルの資料を提示して頂いてどちらが正論か?を、全世界配信出来る生放送で公開討論会を行う用意であります。
 此方としては一点の曇りもないので、「ウトロを守る会事務局」、「京都韓国民潭」「朝鮮総連」も快く日本人の道理、人としての筋道の通った主張、上記要請を受け入れて戴けると確信しております。そして此方のお願いする条件を含めた要請は日本人の血税で宇土口不法占拠住民に対して日本人は義務も無いのに日本人の血税を投入して生活環境を整備してあげるのですから決して宇土口住民にとっても損の無い要請だと確信しております。一方的にあれも駄目これも駄目では建設的な解決は出来ず真の日韓、日朝友好はありません。そろそろ日本人、日本に暮らす韓国、朝鮮人の子孫の為にも、せめて京都だけでも日韓、日朝の争い事に終止符を打ちましょう。
 尚、国土交通省、京都府、宇治市でつくられた「ウトロ地区住環境改善検討協議会」が、筋が通らなくても何が何でも日本国の血税を宇土口不法占拠朝鮮人に注ぎ込むのであれば「ウトロを守る会事務局」、「京都韓国民潭」「朝鮮総連」に要請した上記の条件と同じく「ウトロ地区住環境改善検討協議会」にも、莫大な血税投入の重要問題ですので歴史学で証拠価値のある第一級、二級(第一次、二次)レベルの歴史資料を此方に提示するよう要請する。


●ウトロ地区住環境改善検討協議会からの回答

山城乃國企画 副長 西村 斉様


宇治市総務部総務課

要請書に対する回答について

平成24年2月1日付け宇治市あての要請書において、以前に京都府にご提出いただいた要請書に対する「ウトロ地区住環境改善検討協議会」からの回答が未だにないとのご指摘でありますが、すでに平成23年10月4日付けで「ウトロ地区住環境改善検討協議会」として以下のとおり回答させていただいておりますので、よろしくご理解賜りますようお願いします。
ウトロ地区については、今日まで、他の地域と比べても上下水道や道路等の住環境整備が不十分であったため、地域の衛生面や防火・防災対策上もさまざまな問題があるものと考えています。こうした課題の改善に向けて、国土交通省、京都府、宇治市が「ウトロ地区住環境改善検討協議会」を設置し、三者が連携して行政としての可能な対策を検討していくことになっています。
当協議会は、あくまでもウトロ地区の住環境が劣悪な状態にあるという実態を踏まえ、住環境の改善を検討するために設置されたものであり、また、ウトロ地区内の住環境改善だけでなく、周辺の地域も含めたまちづくりの視点から住環境の改善のための取り組みを検討していくものと考えています。
なお、「ウトロを守る会事務局」につきましては全く面識がありませんので、ご了承ください。

[PR]
by 99jounokai | 2012-02-10 14:04 | 宇土口
<< 僕が年末告訴した神戸市役所職権... 大阪朝鮮学園に不法に用地を提供... >>