山城國企画            

自民党総裁谷垣禎一に、河野談話撤回要請書を提出

自由民主党
総 裁 谷垣 禎一 殿

平成5年8月4日、政権与党にあった自民党は公明党と共に当時の河野洋平官房長官の「慰安婦関係調査結果発表に関する河野内閣官房長官談話」として発表した。河野談話は日本政府が「従軍慰安婦として数多の苦痛を経験され、心身にわたり癒しがたい傷を負われたすべての方々に対し心からお詫びと反省の気持ちを申し上げる」としている。この談話は、証拠も無く、立証も出来ない歴史捏造である。
日本の統治下にあった朝鮮では公娼制度があり、慰安婦たちは、商売として行っていたのである。その朝鮮人慰安婦らが日本人を相手に商売しただけで、何故に日本人が朝鮮人慰安婦らへ謝罪、賠償をしなければならないのか理解出来ない。
現在は嘘がバレバレで証拠資料も無く、朝鮮側も慰安婦の「強制連行説」は口には出さないが「河野談話」は日本の官憲による「慰安婦強制連行」が歴史的事実であるかの様なお墨付きを与えた。我々の祖先が無理やり強引に人攫いを行って売春宿へ強制連行したとする、根拠の無い歴史捏造が河野談話である。

自公政権による捏造談話は日本人の誇り、名誉を著しく傷付けている。その上、慰安婦強制連行が教科書にまで記述され、日本の将来を担う子供達の精神に日本に誇りを持てない「自虐」という精神テロ行為が行われてる。要は、日本が朝鮮に未来永劫、「謝罪、賠償」をするという談話が「河野談話」である。

「河野談話」が存在する限り、海外において米国、オランダ、カナダやEUなどで日本政府を批判する慰安婦決議が採択され、国民の良識派が、慰安婦強制連行を否定し、事実の証拠資料を提示しても、もう世界に定着しているのが現状である。

結果、日本に対する謝罪と賠償、土下座外交を強要する根拠を朝鮮人に提供している。今、朝鮮人はソウルの我が国大使館前に慰安婦像を建立し、日本を貶めている。

よって、自民党は保守政党と自認するならば「河野談話 」の白紙撤回以外に保守政党としての名誉回復はあり得ない。

万が一、谷垣総裁が、河野談話が正しいという認識ならば、慰安婦強制連行が事実だという歴史学で証拠価値のある第一次資料を提示して頂くよう要請し、又、河野談話撤回の意思が無いのならば、その理由を述べて頂くよう要請する。
上記の要請については、平成24年5月11日までに下記回答先宛てに必ず回答して頂くよう要請する。

平成24年4月20日
山城乃國企画
回答先 yamashironokuni-kikaku@mail.goo.ne.jp

[PR]
by 99jounokai | 2012-04-20 08:09 | 反日議員
<< パチンコ店告発の件で大阪地方検... 【正式決定】一円たりともウトロ... >>